kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

本を読んで

ころころ変わるお天気に振り回されますが、今朝も雨が三十分くらい降っていて、それがミゾレ交じりだったりして驚きましたけれど、すぐに止みました。行きつ戻りつしながら春本番に向かっていくのですね。 (地植えのクリスマスローズが花盛り クリスマスロー…

今年は歌う日々・・・

昨年は海外旅行の年、プライベート旅行と演奏旅行もあり、二回海を渡った年でした。今年も三月になりましたが、今年は歌う年になりそうです。すでに終わったレディースコーラスフェスティバル、五月には合唱祭、十月には我が女声合唱団の定期演奏会、40周年…

バラの講習会

今年もバラの講習会、行ってきました。講習会に行ったからと言って、バラの育て方が急に上手くなるわけではありませんが・・・(笑)。でも、バラという植物についての理解が深まります。バラは丈夫な植物なんですって。要は土が大事、肥料じゃないと。 (始ま…

週末にコーラスフェスティバル

関西合唱連盟が主催する、レディースコーラスフェスティバルが、この土日に兵庫県立芸術文化センターで開かれています。私達の女声コーラスも土曜日に出演してきたところです。午前十時から、午後七時過ぎまで、一団体6分の持ち時間で、2日間に渡り約150もの…

気になること

日曜日に、顎と唇を打撲して内出血の青痣が大きく広がった私です。顎と唇の痛さに気を取られていましたが、翌日になると首筋や腕やらアチコチが痛くなったのでした。とっさの対応が出来ず、体が変になったのでしょう。軽い鞭打ちのような感じでしょうか・・…

やっと模様替え終了

例の下の部屋にベッドを移動させる模様替え、昨日終了しました。大阪から長男を助っ人に頼み、手伝ってもらいました。西日本はマシなんですが、寒波の時期になり雪でも降ったら車が心配と思いましたが、日曜日は大丈夫でした。今日の祝日はチラチラ朝降り始…

言葉・・・残る言葉

いよいよ卒業式シーズンにも入ります。様々な状況の中、様々な言葉が飛び交い、そしていくつかかが心に残る、頭に残る言葉となるのではないでしょうか・・・。 (最後の花茎 シンピジューム) 時々私は孫の言った言葉が頭に浮かんできます。今年のお正月も、関…

そろそろ・・・模様替え

そろそろ、一階で寝起きした方がいいかもと、数日前から模様替え。きっかけと言えば、友達のところでも、急に病気になられたご主人のため、下に寝室を移されたと聞いたことですが、十歳位上の先輩の友達が、十年くらい前にお医者から、まだ二階で寝ているの…

書展とコンサート

週末は書展とコンサートに出向きました。 書展は毎年行われている友達の書展です。賞を何度ももらっている友達の書は、力強く、きりっとしながら風格のある文字です。お弟子さん達の書も、それぞれ素晴らしく、ひととき書の世界に浸りました。 次の日は寝屋…

日常始動

初○○とか、様々な初、今年も始動しています。コーラスの新年会も終わりました。60名くらいの集団になると、披露宴会場かホテルくらいしか新年会をやるところがなくなるのです。今年はリバーサイドイースト京都鴨川迎賓館という、大層な名前の場所でありまし…

賑やかに新年が始まる

二人の息子家族が帰省し、孫達で大賑やかな新年でした。お天気も穏やかで暖かいお正月。それぞれの孫達は成長していますが、性格がなるほどお互いの家のDNAを引き継いでいるのが、まるわかりです。本当にDNAというのは凄いもので、本来持っている気質が如実…

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。今年が穏やかな年でありますように。

最強寒波

最強寒波の到来。ニュースでは北国は大変な量の雪が降っています。老人家庭だと雪かきはどうするのでしょうと、よそ事ながら心配になりますね。若い人でも大変な力仕事なのに・・・。今朝は朝起きると薄っすら白い世界。一センチくらいなので、すぐ溶けます…

歌い納め・・・そして膝痛

先日歌い納めをしました。新年まで練習はありません。今年も歌では演奏旅行、春には横浜に行ったり、また秋にはイタリアに行ったり、充実した活動ができました。お腹から声を出すということで、歌うということは、私の健康にも大いに貢献していると思います…

今年もあと半月

今年もあと半月ばかりとなりました。今年はバタバタした年でした。いくつになったら落ち着いて暮らせるんでしょうか(笑)・・・。今年の漢字は「災」となりましたね。うんうん、台風で大変だった㋈。日本全国で豪雨の被害があったりしたし・・・。「災い転じ…

慣れ

いやいや、昨日はソフトバンクの電波障害で、私のスマホもやられました。やられましたと言うのも変な言い方ですが、格安スマホ、ワイモバイルに替えてほぼ一年、不都合なことは何もなかったのに・・・とそんなことが頭をよぎりました。 (ランタナ まだ咲いて…

いよいよ師走

師走って聞くだけで、何だか忙しい気になりますね。平成の最後の年の師走。次の元号はまだ分からないけれど、三つの元号を生きることになります。まぁ、平成になってから、元号ではややこしくなり、年号は西暦で言うことが多くなりました。 室内に取り入れた…

綺麗な字を書く

綺麗な字を書く人が羨ましい。実は私は字が下手。字が上手になれたらなぁ、といつもどこかで思っていたのです。今の時代になり、パソコンなどがありますし、snsなどでコミニュケーションも取れるので、むしろ私にはありがたい時代といえます。しかし、葬儀の…

旅編13 ハプニング&仰天事件 コーラス演奏旅行

最終日フィレンツェのフリータイムを終えて、翌日は帰国の日。日本時間が体から取れない私は、朝四時に目が覚め、早起きです。七時過ぎに飛行場に出発です。フィレンツェの空港に到着して、10時過ぎの飛行機に乗る予定でしたが、霧の為飛行機が飛ばない、と…

旅編13 ピサ、サンジィミニャーノ、シエナ  コーラス演奏旅行

最後の一日はフリータイムです。オプションの見学をする人もあれば、シヨッピングに当てる人もいます。私は親しい仲間と七人で、日本人タクシー運転手さんの車でピサ、サンジィミニャーノ、シエナを回ると随分前からネットで連絡を取り予約していました。 ピ…

旅編13 フィレンツェ 3  コーラス演奏旅行

午後は自由時間。それぞれ好きな所にでかけます。しかし、正直私には非常にシンドイ旅行でした。それはオルビエートから、固い形もいびつになっている石畳を歩き回るのが、フィレンツェでも続いているので、回復して快調だった膝が、また痛い痛い歩きすぎの…

旅編13  フィレンツェ 2  コーラス演奏旅行

シニョーリア広場を抜けると、ウフィツィー美術館です。ウフィツィーとは英語ではofficeのことで、メジチ家の歴代の美術コレクションを収蔵する、イタリアルネッサンス絵画の宝庫となっています。展示品は2500点にものぼります。 ウフィツィ美術館の入口にあ…

旅編13 フィレンツェ  コーラス演奏旅行

前の晩にフィレンツェに着き、さぁフィレンツェの朝が始まりました。ホテルはサンタ マリア ノベッラ中央駅の真ん前で、便利のいいところでした。フィレンツェでは午前中はウフィツィ美術館の見学、そこに行く道すがらサンタマリア フィオーレ大聖堂を見たり…

旅編13  アッシジからフィレンツェへ  コーラス演奏旅行

オルビエートでの演奏会は、午後9時から始まり、11時頃に終わり、全てが終わったのは11時半頃、という私達にとっては深夜のようなコンサート時間でした。そんな時間にでもお客さんが入ってくれるというのは、やっぱりラテンなんでしょうか。 (アッシジ フラ…

旅編13  霧のオルビエート(イタリア)   コーラス演奏旅行

コーラスの演奏旅行でイタリアに行っていました。ローマは到着の翌日の半日しか時間がありません。なので今回はコロセウムやスペイン広場などを見ただけで、そそくさとローマを後にして演奏会を行う街、オルビエートに向かったのでした。今回四回目となるイ…

歌とピアノのコンサートを聴いて

近くであった、歌とピアノのコンサートに午後から行ってきました。小さなコンサートホールなので、キャパは百人くらいです。クラシックのコンサートですが、演奏者と客席が近いので、とてもいい感じで聴くことができました。 (ラジオタイムズ) 若い伸び盛り…

花よりベジタブル?

花より団子ならぬベジタブル(笑)・・・ラディッシュを植えてから、家庭菜園に目覚め?ホームセンターで売れ残っていたブロッコリーと芽キャベツを買ってきました。ラディッシュは種を蒔いてから発芽までが四日位ですぐに双葉が見えるので、俄然テンション上が…

時代祭

今日は時代祭。朝、お天気もいいので、随分久しぶりに祭見物に行きたくなり、友達を誘って一緒に出掛けました。どこで見るのがいいか調べると、烏丸通りと御池通りの交差点が、行列が止まる所で穴場とあったので、そこに決定しました。 京都の三大祭は、春の…

藤田嗣治展

京都国立近代美術館で、没後50年藤田嗣治大回顧展が催されていて、今日が初日でした。平日だけれど初日なので、結構大勢の人が鑑賞していました。平安神宮のあるこの辺りは観光客の多いところ。遠足の子供達の行列もみえました。 (近代美術館前の平安神宮の…

ニュースから・・・

大阪の堺市、「百舌鳥、古市古墳群」の中にある、有名な仁徳天皇陵の内部を調査することになったとか・・・、宮内庁の管轄にある天皇陵などには、立ち入りが禁止されていて、これまでも調査されていなかった陵墓。 (赤胆紅心 チャイナバラ) この「仁徳天皇陵…