読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

旅編 3 タイランド その2

タイに行ったら是が非でもマッサージをしようと楽しみにしていた。タイ式マッサージはストレッチのようなことをさせるようだが、マッサージの種類も色々ある。マッサージ店も数多く、ガイドブックにもオススメの店など出ているが、すぐ近くにあるマッサージ店は評判のいい所と言うことでそこに行った。

(チコの店の猫 シャム猫だろうか?猫が何匹もいる雑貨屋) 

f:id:kameKiKu:20160126215819j:plain

マッサージやら指圧は大好きだが、ハーブオイルマッサージは初めての体験だった。全て着ているものを脱ぎ、マットレスの上に黒い紙パンツをはくだけで横たわり、うつぶせになりバスタオルをかけられ、私はカシスのハーブを選んだので、その香りに包まれてマッサージされていく。

 

2時間なので身体の隅々まで丁寧にほぐされていくのが実感される。マッサージ師の手のひらの暖かさが心地好く、気持ち良さにウトウトしながも血流が巡っているのを感じる。人の手で癒されるのは本当に気持ち良い。ここは店もきれいでタイでも料金も高い所だった。

 (犬は繋がれてなくそこら辺リに良く見かける)

f:id:kameKiKu:20160126220251j:plain

旅程の前半に高いマッサージに行ったのだが、帰るまでにはもう一度今度は安いマッサージに行こうと思った。と言うのも毎日アチコチに出掛けたり、車がないので最寄駅まで10分足らずだろうけれどどこに行くにも足を使って歩くので、私の膝が悲鳴をあげはじめたからだ。普段の三ヶ月分くらい歩いてる気がする。

 

大都市バンコクではあるけれど、日本では人に優しい街造りが目標にされている昨今、JRの駅で今ではどこでもエレベーターがあるけれど、タイではまだまだそこら辺は整備されてなく、駅では階段がありエスカレーターもなかなかなくエレベーターもないので膝には苦しい状態だった。まぁ日本が老人大国であるということなのかも知れないが(笑)。

 (タイのお札 1バーツは3.3円)

f:id:kameKiKu:20160126220830j:plain

で、帰国三日前に、特に予定を作らない日にして午前中マッサージに行くことにした。薦めてくれた日本人に評判のいい店は、駅の階段を上がったり下がったリの少し遠いので、駅近くの店の一軒に私一人で入った。

 

その日の一番の客なのか他に客はいなかった。一階はフットマッサージのようで、何台もの椅子が並んでいた。少し汚い古そうな建物の三階まで上がり、布をめぐらした薄暗い一室に入れられて、服を脱ぐように言い置いてマッサージ師は一旦出て行った。

 

ベッドの上の布も何やら汚らしかったが、帰る勇気も無く脱ぎかけたが、万一こんな一人になっている所に変な人が入って来たらどうしようと、一つしかないドアを見ながら頭ではそんな考えが交錯して、すっかり脱ぐと逃げられないと思い、マッサージ師が来るまで用心したリした。ちょっとドキドキなマッサージ店に入ってしまった思いにかられた。

 

マッサージ師は凝りを一つずつ砕いていくように、オイルマッサージを全身にしてくれたが、少し強い力のマッサージで、痛い時もあり、ソフトにとか伝えたが強さは変わらず、痛気持ち良いのを超えていて、だんだん早く終わりたい気分にさせられて行った。やっと終わり店を出て二の腕を見ると、指で押された跡の紫のアザが出来ていた。この店はすっかり裸にさせられ、紙パンツはなかったが2時間の料金は安かった。まぁ色々な店があるという良い体験をしたのかもしれない(笑)。二回のマッサージ体験で私の願望も満足した。