読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

元気をもらう

何もしなくても、しても月日はどんどん過ぎていく。もう6月だ。ホタルも飛び交っている。私などは子孫を残し、生物としてはもう仕事を終えた、役割を果たしたご用済みということになるのかもしれない(笑)。

 (植物園で買ったマリアカラス 目を惹く鮮やかな色 存在感がある 強健種)

f:id:kameKiKu:20160601154128j:plain

f:id:kameKiKu:20160601154300j:plain

f:id:kameKiKu:20160601154820j:plain

それでも今朝のモーニングショーで、北海道の紫竹ガーデンを63歳から造った方の事が取り上げられていた。現在89歳のそのお婆さんはお元気で、ご主人が60歳で亡くなられてからガーデン造りを思い立たれ、広大な土地を買い、一人で花壇を造り始められたという。

 

 ( 花びらが虫に食べられている ロイヤルサンセットのはずなんだけど・・・ナチュラルにしていると綺麗な時は短い )

f:id:kameKiKu:20160601154551j:plain

テレビの画面でも、ガーデンのお世話をしたり、見学者の相手をしたり、生き生きとしている姿が見えた。そのお婆さんの装いも、明るい色の洋服にオシャレなお帽子、素敵な89歳だった。

 

(モナ リザ 花は開きかけが一番キレイ) 

f:id:kameKiKu:20160601154648j:plain

植物を育てる、植物の成長の気を貰う、体を使って土を耕す、花を愛でる、太陽に当たる、それらの全てが私達の体と精神に良い影響を与えるのだと思う。そのテレビの画面のお婆さんから、私は元気を貰った気がした。

 

 (グロワード ムシューの葉っぱに止まるホタル 夜は光の乱舞)

f:id:kameKiKu:20160601155059j:plain

63歳でそんなことを思い立つ!何という勇気。89歳でまだまだお元気な頑張りに拍手。月に何回か聴講している講座の先生も90歳、コーラスの先生も80歳。お年を召された方がお元気で活躍されている姿を見ると、本当に力強いものを感じる。それに比べたらまだまだ若い私が、膝が痛いとか言っているのが情けない。う…本当に…情けない(>3<)。どこか痛いところがあると、それだけで気持ちがダウンしてしまう。

 

 (四月末に植えたミニトマト 実を付けている 収穫が楽しみ)

f:id:kameKiKu:20160601155138j:plain

人生の後半の時間の使い方も、またその人の生き方ということになる。張りを持って生きていく、という事がやっぱり1番大事なようだ。

私も小さな庭の植物の世話をして、英気を貰いながら、もうちょっと頑張ろう。

 

(去年の11月ごろ挿し木をしたパキラ 無事活着。親パキラも1月の旅行中に葉っぱを全部落としてしまい、心配したのだけれど、また葉を出して蘇ってくれたので、ホットとた。)

f:id:kameKiKu:20160601155237j:plain

(多肉の名前はなかなか覚えない私 増えてきた。)

f:id:kameKiKu:20160601155453j:plain