kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

白黒映画

PM2.5も襲来していたりしながらも、五月晴れのいいお天気が続いている。空気も乾燥しているのか、爽やかで過ごしやすい。過ごしやすい時期が最近は少ない。暑いか寒いかと振幅が極端になりやすい。テレビを見たり庭仕事をちょこっとしたり、のんびり三昧?の毎日。

 

(クレマチス)

f:id:kameKiKu:20170502215931j:plain

 

テレビを付けながら、大概は手仕事の何かをしているので、ドラマとかあまり、というかほとんど見ない私。何年か前の韓流ブームでは「冬のソナタ」など見たりもしたが、今は見ない。じゃあ何を見ているのかというと、お笑いバラエティーとか、ニユース、ワイドショー、討論番組など、聞いているだけでいいものが多い。

 

(クレマチス  紫のも開いて来た)

f:id:kameKiKu:20170502221111j:plain

 

そんな中、昨日はBS12で「近松物語」という映画をやっていた。1954年に制作された、溝口健二監督の白黒映画。白黒映画というだけで、あまり見る気がしなくなる時もあるのだけれど、この映画には、何故か引き込まれるものがあった。

 

(黄モッコウバラ 西側の境にかなり伸びている)

f:id:kameKiKu:20170502221022j:plain

 

長谷川一夫香川京子の主演人。私は映画のことにひとつも詳しくもなく、ただ見て良かっただの、物足りなかっただのと言うだけのことだけれど、昔の時代劇の作りは今より丁寧な感じを受けた。白黒なのに画面が美しいと感じられたし、長谷川一夫香川京子の二人の演技も良かった。

 

 

f:id:kameKiKu:20170502221920j:plain

 

そしてここと言う時流れるバックミュージックというか、効果音のようなものが、浄瑠璃か何かのような和楽器の音で、それも画面を盛り上げていた。引き込まれて最後まで映画を見てしまった。もちろん私ごときが言うまでもなく名作だ。

 

(君子蘭  3鉢とも咲いた)

f:id:kameKiKu:20170502221212j:plain

 

映画と言えば、父は映画好きで、よく見に行っていた。まだ一年生くらいの私の口から、スラスラと「好きな女優さんはジーナ ロロブリッジーダ」などと言ったりしたのも、彼女が出ていた「ノートルダムのせむし男」という映画を連れられて見たせいだった。今でも、映画の筋は忘れたのに、せむし男が大聖堂の高いところから、綱にぶら下がって降りてくる様子など、覚えている(笑)。

 

(カラスノエンドウ  これは私の知っている野草 知らない名前のが沢山ある  野の草花も可愛い)

f:id:kameKiKu:20170502221247j:plain

 

最近は一年に一度くらいしか映画館に足を運ばない。見たいと思う映画があまりないからだろうか・・・ツタヤにもご無沙汰している。テレビ桟敷で・・・見ようか。おっとこんなノンビリしている毎日でいいのか、あー暗譜に追われているのに、それも勝手にホリデーにしてしまっている私。。。