kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

蕾ちゃんたち

フランス大統領選挙も終わった。韓国の大統領選挙も終わった。世界は動いている。それにしてもフランスとは何という国なんだろう。マクロンさん。子供が三人もいた24才も年上の妻、教師と教え子。略奪愛のような結婚。そして大統領。何というドラマティックな人生。仕事としても投資銀行の副社長まで登りつめ、大金持ちという。ドラマにしても出来過ぎている(笑)。

 

(グラスアンアーヘンの蕾)

f:id:kameKiKu:20170510203253j:plain

 

しかし、プライベートとはいえそういう結婚が、大統領の仕事とは関係なく選ばれ、国民がそれを当然なこととする、というのも懐が深い。というか私達の常識規範範疇にはないことだと思う。

 

(モナリザの蕾)

f:id:kameKiKu:20170510203317j:plain

 

それは人間に対する考え方の違いだろうか。やはり東洋では、人の上に立つ人間には、それなりの徳を持っているのが当然であり、持つべきだくらいの考えがあるのだと思う。長い間のそういう考えがDNAとしてもしみ込んでいるので、フランスに感心はしても、日本ではなかなかそうはならないと思う。愛にも徳が求められる気がする・・・。

 

(スパニッシュビューティーの蕾)

f:id:kameKiKu:20170510203350j:plain

 

それが行き過ぎると完璧な人間を求めて、ちょっとでもはずれると大バッシングされたりすることになる。そんな完璧な人間はいないのだから、今の時代トップに立つのも大変なことだと思うけれど。

 

(メアリーローズの蕾)

f:id:kameKiKu:20170510203636j:plain

 

それにしても一番の衝撃は24才年上妻、というところだ。ふた回りまでいくと、母親と息子の年の差のようで、自分で想像してもすんなりとは消化出来ない。まぁ大多数の人もそう思うと思う。フランスとは恋愛観はかなり違うということなのか。

 

(マダム アルフレッド キャリエール これは裏の庇の下に枝を誘導したもの いつもより蕾が多い  十年以上たっている木  幹がかなり太くなっている これは地植え)

f:id:kameKiKu:20170510203704j:plain

 

愛の格言を~

  恋をし同時に賢くあることは不可能なり

                         シルス

  人は恋愛を語ることによって恋愛するようになる

                         パスカル

  恋ははしかのようなもので、遅くかかると始末が悪い

                         ジェロルド

  結婚とは、まさしく相互の誤解にもとずくものである

                         ワイルド

  結婚前には目を開き、結婚してからは目をつむっていることだ

                         フラー

(ナニワノイバラ 一季咲きの花  木の勢いが悪くなったのか花が少ない)

f:id:kameKiKu:20170510203744j:plain

 

あらあら情熱的なマクロンさんの恋愛の話から、なんだか夢のない現実的な格言を書いてしまった。マクロンさんの生涯は、映画やドラマにきっとなるでしょう。これからどんな大統領としての働きをするのだろうか。動いている世界と日本も繋がっている。世界の動きを見つめていよう。

 

(スズラン  葉っぱを食害する虫取りが朝の日課に・・・)

 

f:id:kameKiKu:20170510204134j:plain

 

美しくて可愛いバラの蕾たちを写してみた。バラも人間も蕾の時がいいのかしら(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20170510204223j:plain