kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

初秋・・・垣根刈り

涼しいので、朝のうち垣根刈りをした。ウバメガシの垣根は良く伸びる。バリカンでガリガリやる大雑把なものだけれど、一年に2、3回は刈り込みをしなければならない。

 

 

f:id:kameKiKu:20170902125304j:plain

 

 

素人が刈ると、どうしても切り方が浅くなり、だんだん垣根の幅が広がって来る。一旦広がったものは固い枝になってしまっていて、深く刈り込むとボソッと穴があくようになってしまう。

 

(夏の花 サルスベリも今盛り)

f:id:kameKiKu:20170902132132j:plain

 

(ツダンホンシンの赤が花の少ない今目立っている) 

f:id:kameKiKu:20170902131952j:plain

 

時々シルバー人材センターに頼み、刈ってもらう。でも狭い庭、頼むほどでもないが、自分達でやるのにはだんだん大変になってくる。体力のなくなってきた老人家庭では、キツクなってくる。この頃は本当にいつまで出来るだろうかと思ったりする。そのうちブロック塀に替わるのだろうか・・・。

 

 (フランシス ブレーズは次々咲いてくれている)

f:id:kameKiKu:20170902125436j:plain

f:id:kameKiKu:20170902130319j:plain

 

貝塚イブキの木も厄介だ。ツンツン手の届かないてっぺんが、すぐ伸びてくるので困る。この木は綺麗に刈り込めばビロードのように綺麗な緑で覆われるのだけれど、葉の部分を少し深切りすると、トゲトゲの葉っぱに変身して生えてくる。我が家のイブキはガレージ横に植わっているので、車に合わせて下枝は切り取られ、トゲトゲ葉もありの、姿がおかしくなったままで4本並んでいる。

 

(庭に生えて来たつゆ草) 

f:id:kameKiKu:20170902125526j:plain

 

土の上に住むということは、垣根刈りや草取りなど家周りのメンテナンスを自分でやるか、人に頼むかしてやらなければならない。ちょっと垣根刈りを手伝っただけで、腰が・・・(笑)あぁーしんど。いつもポジティブな私もたまにはこんなことも思う。

 

(植えた記憶もないのに生えて年々大きくなるヤブラン  今盛り 涼やかな色の藤色)

f:id:kameKiKu:20170902125648j:plain

 

梨の季節、豊水が好きなのだけど、「秋栄」という名前の鳥取産を初めて買ってみたら、ジューシィーで甘さもあり美味しかった。また買ってこよう。

 

(朝 土手の枝垂桜に止まったサギ  慌ててカメラ ちょっとボケているけれど)

f:id:kameKiKu:20170902125600j:plain