kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

イチジク

イチジクの季節。イチジクと言えばアダムとイブ、楽園を追い出されたときに、裸体をイチジクの葉一枚で局所を隠し、顔を手で覆いながら歩いている絵画に描かれたシーンがパッと浮かぶ。大昔からイチジクはあったのですね。原産地はアラビアだとか。日本にイチジクが入ってきたのは、江戸時代のことという。

 

f:id:kameKiKu:20170904213328j:plain

 

イチジクは生を食べるより、コンポートにしたり、ジャムにしたりして食べるのが私は好き。ジャムと言っても私が作るのはジャムソースのようなもので、ゆるいとろりとしたイチジクジャムソース。ヨーグルトにかけて食べるのです。この時期になると、一度は作るイチジクジャム、スーパーで1パック390円くらいで売っていたので、2パック買って今年もジャム作りをした。

 

 

f:id:kameKiKu:20170904214308j:plain

 

 

私がイチジクを買うようになったのは、20年くらい前からかもしれない。何かの料理本に、イチジクのコンポートが載っていて、作ったのが始まり。私はイチジクを子供の頃食べた記憶がない。今のようにお店でイチジクが売られているようなことが、あまりなかったのだろうか。

 

(イレーヌ ワッツ)

f:id:kameKiKu:20170904213204j:plain

 

夫に聞いてみると、小さい頃沢山食べたと言う。そこら中田んぼや畑の脇に植えてあるイチジクの木を見つけると、遊び仲間の子供達と木からむしって食べたんだとか。他所の持ち物のイチジクの木でも、その頃は大らかな時代、誰も、何も問題にもならない時代だったようだ(笑)。

 

(毎回登場 フランシス ブレーズ)

f:id:kameKiKu:20170904213528j:plain

 

 

イチジクなんて買うものじゃない、くらいの分類になっているのかも、夫は(笑)。3人姉妹の私は、そんなことは一度もしたことがないのは、もちろんのこと(笑)。今はしっかり大きなイチジクは、そこそこの値段で売られているし、他所の木から勝手に取るのも大問題になると思うし、まぁ、そう考えてみると、時代の変遷を感じますね。

 

(ツダンホンシン)

f:id:kameKiKu:20170904214130j:plain

 

イチジクの主な成分は、糖分、ビタミンB1 、 ビタミン B2、 ビタミン C、カルシウム、鉄分、灰分などがあり、薬効成分としてはペクチンが腸の働きを活発にし、便通を整える作用があるという。

 

 

f:id:kameKiKu:20170904213707j:plain

 

ジャムにしたイチジクは、何とも言えない上品な香りがして、もちろん味わいもいい。毎朝しばらく楽しめそう。