kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

二番目はメアリーローズ

庭のバラが何種類あるのか数えてみたら、30種類くらいもある。自分でもびっくり(笑)。もう置き場所がないのに、バラ欲だけは何故かあったりする(笑)。挿し木苗をもらったものなどで増えているのだ。

 

(メアリーローズ)

f:id:kameKiKu:20180423193406j:plain

 

けれどもこれまでには、これと同じくらいの数のバラをダメにしている。我が家に合わなかったと思ったりして納得させているけれど(笑)。デリケートな色のバラはダメになる率が高い、ということだけは分かった。例えばジュリア、グラミスキヤッスル、エスプレッソ、などなど沢山。。。。

 

(エビネが花盛り)

f:id:kameKiKu:20180423193446j:plain

 

 

モッコウバラの次はメアリーローズが咲いてくれた。イギリスのデビット オースチン氏が作出したメアリーローズ。ヘンリー8世の時代(1491~1547年)、イギリス軍の旗艦メアリーローズは、フランス軍と戦闘中に突然沈没したという。それが400年以上経ってから海底から引き揚げられたのを記念して、バラの名前として命名されたという(1983年)。少し濃いピンクの中輪の花が、これから次々開いて来る。十年以上になっているからか、カイガラムシが付いたりしてきている。これもマメに取ってあげないと。

 

 

(アーチを覆うフランソワジュランビルが凄い勢い  沢山咲いてくれたらいいのだけれど  先の方チリチリになってます。ゾウムシにやられています。) 

f:id:kameKiKu:20180423193541j:plain

 

メアリーローズの足元に下草としてキャットミントを植えているけれど、キャットミントにはこれからの季節、ハナアブがやってくるようだ。ハナアブの幼虫はアブラムシを食べてくれるらしいので、キャットミントの花と香りで引き寄せて、害虫退治をしてもらいたいと小さな期待・・・。

 

(今年は一つしか咲かなかった君子蘭) 

f:id:kameKiKu:20180423193727j:plain

 

バラゾウムシは、毎日2匹くらいは捕殺している。目を皿のようにして朝一つ一つのバラを点検。まぁでも、そうは言っても番をしていることも出来ないので、蕾の膨らみからゾウムシの食べ跡か、透明な汁を出しているのを見ることもある。これからは食べ放題に手が回らなくなってくる、憎っくきバラゾウムシですね。。

 

(スズランの葉っぱが食べられている)

f:id:kameKiKu:20180423193618j:plain

 

スズランも咲いてきた。けれどこのスズランにも害虫がついて葉っぱを食害している。これも毎朝、夕、見回り、虫を捕殺。知り合いが、スズランははびこり過ぎるのでドンドン抜いている、と言っていたのだけれど、確かにそうだ。プランター植えの所はまだいいけれど、地植えだとドンドン増えて、他の植物を追いやっていく。可憐な姿だけれど強い花だ。

 

(食べているのはこの虫  これも捕殺)

f:id:kameKiKu:20180423193638j:plain

 

今年はミニトマトの他に、ナスとオクラをほんの一株ばかり植えてみた。出来るだろうか、楽しみ。

 

f:id:kameKiKu:20180423193754j:plain

f:id:kameKiKu:20180423193818j:plain