kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

植物園

ゴールデンウィークの植物園は空いていた。昼近くなると人も多くなったけれど、それまでは少ない人の数で、バラ園に行ったのだけれど、花を独り占め出来るような感じだった。天気予報は午後から雨、早く見なきゃあと・・・。でも、まだ半分くらいは蕾状態だった。日本作出のバラ達は咲き始めでみずみずしい感じだった。

 

f:id:kameKiKu:20180502152134j:plain

f:id:kameKiKu:20180502152417j:plain

(万葉  京成バラ園が1988年に作出)

f:id:kameKiKu:20180502152512j:plain

f:id:kameKiKu:20180502152652j:plain

(桃山)

f:id:kameKiKu:20180502152725j:plain

(貴船)

f:id:kameKiKu:20180502152854j:plain

(大文字)

f:id:kameKiKu:20180502153016j:plain

 

多くはカタカナ名前が多いバラの名前なのに、日本の名前、しかも京都らしい名前には逆に新鮮さも感じる。

 

(マチルダ  これはフランス)

f:id:kameKiKu:20180502153112j:plain

 

室内ではエビネ展をやっていて、そこも見て回った。エビネにこんなに種類があるのにも驚かされた。種からも育てるらしい展示もしてあった。

 

 

f:id:kameKiKu:20180502154145j:plain

(これは京都市長賞)

f:id:kameKiKu:20180502154218j:plain

f:id:kameKiKu:20180502154320j:plain

 

エビネ展の前は売店。バラの新苗を沢山売っている。私の足はもちろんそこで止まる。新苗は秋に売られる大苗より安い。新苗を一人前の苗に育てるのは、もう何回も経験済みなので大丈夫と、私は自分に言いきかす(笑)。しげしげと一株ずつ見ながらも、出来るだけ強健なものを選びたい。結局新苗はお安いので、京成バラ園のプリンセス ドゥ モナコとフレンチ レースという2株を買った。こうして新しい花を見る楽しみを作ると、なお楽しくバラの世話が出来るというもの(笑)。。。

 

f:id:kameKiKu:20180502155213j:plain

 

 

朝、我が家の庭ではラジオタイムズが一つ目の蕾を開いてくれた。今年は4つくらい蕾をつけてくれている。まだ葉っぱも傷んでいないので、我が家のバラも今はキレイです(笑)。花のある暮らしはなんだか心が和みます、私は。

 

(ラジオタイムズ)

f:id:kameKiKu:20180502155442j:plain

 

帰宅したらTOKIOの記者会見。四人の会見はなんだか痛々しい感じもしたが、リーダーがあんなにシッカリした人だったとは、バラエティー番組などからは分からないことだった。さすがにリーダーなんだなと思った。最近のセクハラ問題の様々なことは、大人になり切れない大人が多くいるということなんだろうか・・・。いや、そういうことじゃない、単なる常識をわきまえないという問題だろうか・・・。

きれいなバラを見た後、いっぺんに人間世界に引き戻された感じになった。

 

(もうすぐ開く粉粧楼)

f:id:kameKiKu:20180502155551j:plain

(クラウン プリンセス マルガリータの蕾)

f:id:kameKiKu:20180502161040j:plain

(オルレアが花盛りに・・・バラが埋もれている)

f:id:kameKiKu:20180502160421j:plain

 

(多肉植物も花咲いて、賑やかな庭。)

f:id:kameKiKu:20180502160644j:plain

f:id:kameKiKu:20180502160754j:plain