kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

庭のハーブ達

一日中かなりの勢いで雨が降っていたが、翌日は晴れて爽やかな五月晴れ。フレンチラベンダーが勢いよく上に向かって咲いている。紫の色は遠くからみても目立っている。

(フレンチラベンダー)

f:id:kameKiKu:20180514154326j:plain

 

ラベンダーは、やはり太陽がサンサンと当たる所が好きなんだと思う。以前は裏の庭に植えていたのだけれど、しばらくしたらダメになった。表に植えたら、何年も元気よく咲いてくれている。耐寒性、耐暑性があるけれど、乾いている所がいいようだ。

 

 

f:id:kameKiKu:20180514155034j:plain

 

ラベンダーは、ハサミを入れて切っただけで香りをあたりに漂わせる。ラベンダーの香りは、私は好き。ラベンダーを4、5センチに切って、小さい入れ物にいれてトイレに置いている。また、リースにして、それもトイレに置いている。どんな市販の香りよりも、生のハーブの香りの方が柔らかでいい。我が家のラベンダーは、何よりも手近に香りを供給出来るので、役立っている(笑)。

 

香りの効用としては、自信と強さを与え、前向きにさせてくれる、という。ということは、私は始終嗅いでいるから前向きなのかしら・・・(笑)・・かもしれない・・確かにそお(^^)。

 

切っても切っても生えてくるチェリーセージ。このハーブは殺菌作用があるという。でも、この香りはあまり好きではないので、今のところ使い道は花瓶に挿す時くらい。小さな赤い花は可愛いけれど・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20180514160425j:plain

 

レモンバームはこれからバンバン庭のあちこちに生えてくる。葉っぱをドライにして、これは紅茶に入れて飲んだりするので、ドライ作業が夏中続く。友達がレモンバームのシロップを作って分けてくれた。さわやかな香りのシロップ。お湯で割って飲んでも美味しい。

 

f:id:kameKiKu:20180514191520j:plain

f:id:kameKiKu:20180514160746j:plain

 

他にはラムズイヤー、タイム、キャットミントもあるけれど、ラムズイヤーはドライフラワーなどにするだけ。シルバーリーフのきれいな葉っぱだが、どんどん広がって増えていく。キャットミントはいい香り。バラの下草にしている。ハーブは生命力旺盛、世話要らずで育ってくれる。

 

f:id:kameKiKu:20180514161727j:plain

 

f:id:kameKiKu:20180514192801j:plain

 

ハーブではないが、ユキノシタも沢山生えてくる。場所によっては私の引き抜きに遭うユキノシタ。食べれる野草らしいのだけれど、私は食べたことがない。テンプラにすると美味しいらしい。花は可愛らしい。

 

f:id:kameKiKu:20180514155334j:plain

 

それにしても、マクロ撮影をすると、写真になってみてから、こんな花の形だったのだと、改めていつも思うことが多い。自分の目では、物がよく見えていないみたいだ。虫が写っていたり・・・とか。

 

庭のバラ達は、まだ咲ききらない遅いものも多い。そのうち開くでしょうけれど・・・。フランソワジュランビルのアーチもまだポツポツ。

 

(バレリーナ、もうすぐ開く 花首にハナグモがいるみたい)f:id:kameKiKu:20180514162338j:plain

(シラン)

f:id:kameKiKu:20180514162536j:plain