kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

旅編15 石垣島旅行 1  

仲良しコーラス仲間との夫婦連れ旅行

ンタカー付石垣島格安旅行二泊三日に行ってきました。沖縄には二回行った事がありますが、今回はそのもっと南の台湾に近い八重山諸島石垣島に行きました。晴れ女の私でしたが、今回はそれもかなわず、三日間曇りやポツポツ雨や、長くは降りませんが、灰色の雲の多い日々でした。

 

(この飛行機に乗って)

f:id:kameKiKu:20200130215014j:plain

 

日は昼頃石垣空港に到着。小さい島なのに、空港は賑わっていました。レンタカー会社のお出迎えを受けて、店まで運ばれ、友達三組の夫婦連れ6人がワゴン車に乗り込みました。運転はその中で一番若いIさん。三日間頑張ってくれました。

 

f:id:kameKiKu:20200130220355j:plain

f:id:kameKiKu:20200130220952j:plain

 

ンタカー会社の向かいに沖縄独特のお墓がありました。車を走らせている道沿いにも時々お墓がみえます。こちらの本州のお墓とは違う、珍しいお墓。パチリパチリと写しました。地元の方に聞くと、最近ではこのような墓は作られなくなったと・・・やっぱり費用もかかるからでしようか、場所の問題でしょうか、・・・本土のような墓になっているとか。お墓の前で親族たちが飲食をして集うとか聞きますね。

 

 

f:id:kameKiKu:20200130215142j:plain

f:id:kameKiKu:20200130215337j:plain

f:id:kameKiKu:20200130215413j:plain

 

石垣島で何故か北海道ラーメン

昼は「とうふの比嘉」という食堂で、出来立ての「ゆし豆腐」を食べようと予定していました。3メートルくらいある芭蕉の木の防風林の側の、辺りに何もないガタガタ道をしばらく行くとその豆腐やさんはありました。2時前くらいだったんですが、行くと店の人からもう売り切れ、とアッサリ言われてしまいました。その日作る分が売切れたら終わりなんですね。勇んで一番期待していたK子はガッカリしていましたが、最終日に来ようと気持ちを切り替えました。

 

(芭蕉の木  防風林だという  芭蕉布を作る芭蕉とは違うらしい)

f:id:kameKiKu:20200130220330j:plain

 

でも、まだお昼を食べていないので、どこかないかと店の人に聞くと「時計台」という食堂がある、と教えてくれました。さとうきび畑芭蕉の木など広がっている一本道を走り、やっと見つけた店は、確かに屋根に小さな時計台があり、レトロな昭和時代の雰囲気の店構えでした。

f:id:kameKiKu:20200130220601j:plain

 

かし、店は営業中とあるのに、戸は閉まっていて開きません。あきらめようにも、周りに食べる所など見当たりませんから、Y子が店に電話をしてみました。店の人はいて、戸を開けてくれてどうにかようやく昼食にありつけましたが、そこで食べたものは北海道ラーメンでした。

 

f:id:kameKiKu:20200130220641j:plain

 

の店のオーナーは北海道から十年前くらいに移住してきて、ラーメン店をやっているようで、麺も北海道から取り寄せているということでした。「時計台」の名前が納得できました。随分前ですけど、北海道に行った時もラーメン食べなかったのに、南の島の石垣島に来て、北海道ラーメンを食べることになるというのが、可笑しくてたまりませんでした。お味はアッサリしていましたが、美味しかったです。

 

それにしても、石垣島のサトウキビや芭蕉の木の林や、咲き乱れる南国の花ブーゲンビリアなど車窓から見える景色は、タイの田舎でも見たような景色と似ていました。南国の風景なんでしょうね・・・。

f:id:kameKiKu:20200130220751j:plain

 

 

川平湾のグラスボード

の後、川平湾にグラスボードを乗りに行きました。このツアーは、二日目の竹富島行きしか予定されているものは無く、あとは全部自由なのです。初日に来た川平湾。せっかくの海なのに、雲はどんより垂れこめ、ポツポツ雨もきています。風はあるのでカッパや風よけの上着を着たりして防備しました。

 

んな天気なので、グラスボードで海の中を見ても、あまりクリアには見えない感じでしたが、サンゴ礁やそこに動き回る魚たちをしばらくの間見て楽しみました。写真はいいのが全く写せませんでした。晴れだったらね~とみんなが口々に言うのでした。

 

 

f:id:kameKiKu:20200130221130j:plain

f:id:kameKiKu:20200130221158j:plain

川平湾からの帰り道、海の見えるきれいな景色。

f:id:kameKiKu:20200130222518j:plain

(これはなんという植物でしょうね、)

f:id:kameKiKu:20200130222546j:plain

f:id:kameKiKu:20200130222611j:plain

 

(これはグンバイハマヒルガオ  島から持ち出し禁止とか・・・)

f:id:kameKiKu:20200130222833j:plain

 

夜は「うりずん民謡居酒屋」

縄の民謡居酒屋には行こうと予定していました。ホテルから歩いて行ける「うりずん」という店に入りました。舞台近くのテーブルが、ちょうど6人座れるように空いていました。かぶりつきに陣取って、一日の疲れを吹き飛ばします(笑)。生ビールで皆で乾杯。一日目ですから、まだまだ元気一杯。とはいうものの、関空から出発ですから、朝早起きしました。

 

f:id:kameKiKu:20200130221935j:plain

 

会の人が出て、いつの間にかいっぱいになった店内の客を注目させ、その後三線を持った歌い手の人がマイクの前に立ち、歌を歌いはじめ、歌の合間には巧みな話術で客を楽しませていました。テンションも上がり、民謡の合いの手を客が歌うのですが、コーラスで鍛えた喉をいっぱいに使って、うるさいくらいの弾け方をしてしまいました(笑)。歌い手さんからはそこのコーラス隊と言われてイジられていました(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20200130223047j:plain

 

 

謡に合わせて客がみな立ち上がり踊るようになったのですが、手つきがどうなのかよく分からないながらも、クネクネとさせながらしばし手踊りをしたのでした。その次のステージでは、夏川リミ風の女声シンガーでしたが、そのシメにもみんなで店内を踊りながら回るようになったんですが、ずっと手を上げて踊ると、腕の付け根がなんか疲れて翌日も痛い感じ(笑)。スイミングで鍛えていますが、そことは違う筋肉を使う見たいです(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20200130223250j:plain

 

日目予定無事終了。居酒屋に行くなんて、日頃の生活には全くない私なのですが、気ごころ知れた仲間との、楽しいほろ酔い、そぞろ歩いてホテルに帰りました。

小春日和り・・・植物の赤ちゃん達

ロジネが咲きました。筍のような蕾をバルブの縁から出して伸びてきます。沢山花芽がつくと枝垂れてとてもきれいですが、これも二年前植え替え、株分けをしたので、花芽の付きがまだ少し悪いです。強い香りがあったのですが、最近は香りが薄くなった感じです。

 

 

f:id:kameKiKu:20200124161305j:plain

f:id:kameKiKu:20200124161334j:plain

 

ではスノーグースが何故かまだ咲いています。スノーグースは柔らかい葉っぱや茎なので、我が家では無農薬なので、初夏にはゾウムシの一番の餌食になってしまうバラです。今はゾウムシがいないので、安心して花開いているんでしょうか(笑)。我が家のスノーグースはなかなか伸びない感じですけれど・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20200124161427j:plain

 

物の赤ちゃん達が育ってきています。ミセバヤも根元に可愛い赤ちゃんミセバヤ。七福神も小さな花のような赤ちゃん多肉。オルレアも咲いているのもありますけれど、赤ちゃん苗のオルレアたちがいっぱい。五月頃が楽しみです。カレンジュラの赤ちゃん苗も一つこぼれ種から。そしてチューリップの赤ちゃん。

 

 

f:id:kameKiKu:20200124161456j:plain

f:id:kameKiKu:20200124161818j:plain

f:id:kameKiKu:20200124161909j:plain

f:id:kameKiKu:20200124161849j:plain

f:id:kameKiKu:20200124161957j:plain

 

杷のこぼれ種からの赤ちゃん苗の枇杷の木。そおそお、作りましたよ、枇杷の葉エキス。昔からの万病に効く?枇杷の葉とホワイトリカーで作るエキスです。枇杷の木が裏にあるので、作ってみました。まだ半年くらいは寝かせておかなくては・・・。三か月くらいして葉が茶色くなったら葉っぱを取り出すようです。

 

 

f:id:kameKiKu:20200124162017j:plain

f:id:kameKiKu:20200124162119j:plain

f:id:kameKiKu:20200124162059j:plain

 

ちごも実ができそうになっていますが、みのり君という年中出来るこのいちご、美味しくなかったなぁ・・・(笑)。でも肥料次第なんでしょうかね・・・肥料をやり過ぎたせいか、ちょっとコケっぽく土がなっています。やり過ぎてもダメなんでしようねぇ・・・。ほどほどが難しい(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20200124162711j:plain

 

 

イベント

年この時期に友達の書展が開かれるので、見に行ってきました。相変わらず友達の書は、雄渾で力強さに溢れ、素晴らしいものでした。長い間書を続けていて、お弟子さんも沢山教えながら、書の世界で賞に何回も入っているのです。見ると毎回いいなぁと羨ましく思う私ですが、落ち着きのない私には書はなかなか遠い世界です。

 

 

f:id:kameKiKu:20200118135450j:plain

 

前習字サークルのようなのに、何を血迷ったのか入ったことがありますが、一年で中断してしまいました。と言うのも、すぐに半紙に五文字の漢字を書く練習だったんですが、半分に二文字、あとの半分の余白に三文字入れるんですが、どうしても三文字目が半紙に全部入らなかったんですよね・・・(笑)。元々大きな文字を書く私ですが、筆を持ってもデカイ文字を書いていたんでしようね(笑)。そんなことで続かなかった私でした。。。。美しい書を見て清々しい気分になりました。

 

 

f:id:kameKiKu:20200118135805j:plain

 

じ会場での一角で、野菜の生け花?風な催しをしていました。この中でどれが一番いいと思いますか、選んでください、と係の方に用紙を渡されました。選んだら何かもらえるのかと思ったら、それは何ももらえませんでしたが、面白過ぎて、(笑)が止まりませんでした。

 

 

f:id:kameKiKu:20200118135830j:plain

f:id:kameKiKu:20200118135854j:plain

f:id:kameKiKu:20200118135927j:plain

f:id:kameKiKu:20200118135952j:plain

f:id:kameKiKu:20200118140331j:plain

f:id:kameKiKu:20200118140355j:plain

 

うホントに野菜の盛花風あり、頑張ってやったな風ありで、係の人と一緒に笑ってばかりいた私でした。一番上の人参が挿してあるのがおかしくておかしくて・・・。

 

局私はラディッシュのを選びましたが、理由も書かねばなりません。整然と赤いのが並んでるのがオモシロイと、書きましたが・・・。このようなイベントを考えた人がオモシロイ と思いましたね。

春を待つ庭

ごしやすい今年の冬です。季節外れに咲いているオルレアの他には、ビオラ以外花という花の色がない庭です。冬枯れの寂しい庭です。春が待たれます。そんな中、枇杷の花が咲いています。枇杷は色々な薬効があるようですが、葉っぱには抗がん成分も発見されているとか・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20200117200250j:plain

 

日コーラス仲間の話にも、枇杷の葉っぱを焼酎に漬けておくと、それがガンに効いたとか言っていましたけれど・・・どうなんでしょう。我が家にも枇杷の木があるので、枇杷酒作ってみましょうか・・・。今の時期に濃い緑の葉っぱで作るのがいいようです。

 

陽当たりの悪い裏のほうの水仙が先に咲きました。表の水仙はまだです。

 

f:id:kameKiKu:20200117201622j:plain

 

ューリップが今年はいつになく沢山咲くはずです。というのは、私がいつも通り何十球かの球根を買って植えたり、掘り上げた球根も何十か植えたのに、近所の知り合いの方から何十球かのチューリップの球根を頂き、またついこの間には、芽が出てしまっているけれど植えてくれない?と、 これまた何十球ものチューリップの球根を頂いたのでした。

 

 

f:id:kameKiKu:20200117201140j:plain

 

んなわけで、小さな私の庭ですから、プランターや鉢に植えまくり、球根と球根の間も詰め詰めになりました。この春はチューリップ豊作?になりそうです(笑)。今、球根が少しだけ芽を出して来て、土の中からのぞいています。最近はフリルのあるようなチューリップや、種類も色々で目移りしそうですが、私はシンプルな昔からの赤いチューリップが一番好きです。赤だけを選んで買っていたこともありますが、この春は様々な色のチューリップが咲くでしょう。それも楽しみですね。

 

f:id:kameKiKu:20200117201202j:plain

 

 

上の写真は原種チューリップだったと思っていたら、まつこの庭のまつこさんに教えて頂きました、キルタンサスと。名札が取れてしまい名前が分からなかったんですが、判明してスッキリ(笑)。何年も同じ鉢の中で咲いてくれます。

 

 

f:id:kameKiKu:20200117201336j:plain

 

昨日、私は膝の裏が腫れているので、久しぶりに、十年ぶりくらいで市民病院に行きました。膝の専門の先生の診察を受けようと。もちろん十年前とは先生も変わっています。でも、待たされました・・・。初診になるので、予約の方が先ですので、九時半頃に行ったのに、診察は一時前でした。

 

(春を待つアセビ)

f:id:kameKiKu:20200117201447j:plain

 

 

ち時間が長いと看護婦さんが言うので、中抜けをして用事もしてきましたが、戻ってもまだまだ順番は来ませんでした(笑)。整形はいつもこんな具合なのは私も予測はしていましたが、一日仕事になりました。整形の先生も大変ですね、お昼も食べれないですね。

 

(西洋サクラソウも蕾をふくらませています)

f:id:kameKiKu:20200117201509j:plain

 

ントゲンを撮ることになり、撮り終わったらまた診察室へ。以前に撮った写真と比べて多少は悪くなつているようでしたが、私が心配していた、膝裏の腫れについては関節液というのが溜まっているけど、心配いらないということで、湿布をもらっただけで、私も一安心。それにしても疲れました。病院というのは、ホント疲れますね。その日は病院に行っただけで、一日が終わりました。帰宅したら三時前でした。

 

(バラが蕾をもっています。ツダンホンシン)

f:id:kameKiKu:20200117201549j:plain

 

暖冬・・・今咲いている花

年は暖冬、動きやすい毎日で、私的には嬉しいです。寒いのは超苦手、暑い方がまだマシです。今年の我が家の蘭達はミニ胡蝶蘭を除いては不調です。まぁ、シンピジュームは植え替え、株分けを昨年したので、咲かないのは仕方ないかも。デンドロビュームはまだ育て初めて2,3年なので、育てるコツがまだ分かりません。ピンクのデンドロビュームは二年目ですが、買った時は花盛りだったのに、今年は貧弱な花しか付けていません。

 

f:id:kameKiKu:20200112151437j:plain

f:id:kameKiKu:20200112151418j:plain

 

ので昨年はあんなに花を付けていたのに、今年は茎のところから根を出していたのが多かったせいか、花を付けません。シンピジュームより育て方が難しい気がします。親株は花が無いのですが、春先に分けた子株は少しですが花をつけました。白花です。

 

f:id:kameKiKu:20200112152830j:plain



 

f:id:kameKiKu:20200112151543j:plain

 

胡蝶蘭は、昨年は蕾の時にポキンと折ってしまい、残念なことをしてしまったのを思い出します。今年も花茎を二つも延ばしてくれました。楽しみです。でも、我が家では無事に咲くことはなかなかに難しい。今年は暖冬なので、そこはいいんですけれど、この先どうなるかはまるで自信が持てません。花を見たいものです。

 

 

f:id:kameKiKu:20200112151619j:plain

 

の季節のスターと言えばクリスマスローズ。今日見てみたら、蕾が根元で膨らんでいました。よしよし、これはちゃんと咲いてくれる(笑)。クリスマスローズやガーデンシクラメンを短縮して、クリロとかガデシクとか書いてあるものを読み、最初は何のことか分からなかったです。短縮文字では、全く別の植物に思える私です(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20200112153008j:plain

f:id:kameKiKu:20200112153426j:plain

にも書きましたが、オルレアがまだ咲いています。初夏の花なのに本当にこちらの感も狂います。㋈に沢山の種を、今年のために蒔いたので、まだまだちゃんとした時期に咲くように成長しているものもありますが、いくつかの苗がグングン成長してしまったんですね。

 

 

f:id:kameKiKu:20200112151705j:plain

 

オラも花盛り。河原ナデシコも咲いています。ローズマリーも花を付けています。バラのツダンホンシンも蕾をつけたりしています。それだけ暖かいんですね。このまま暖冬で冬越ししたいものです。

 

 

f:id:kameKiKu:20200112151730j:plain

f:id:kameKiKu:20200112151750j:plain

f:id:kameKiKu:20200112151815j:plain

f:id:kameKiKu:20200112151836j:plain

 

 

一日、生きることは、一歩進むことでありたい(湯川秀樹)」

トイレに掛けている名言カレンダーです。今週の名言ですけれど、シニアには進歩はかなわぬことですから、せめてキープを心がけ・・・(笑)。でも、人間死ぬまで内面の成長は遂げられますね、心がけ次第で。。。頑張ろう~っと(笑)。

 

(鴨がおよいでいる)

f:id:kameKiKu:20200112151940j:plain

(セキレイでしょうか・・・)

f:id:kameKiKu:20200112151957j:plain

f:id:kameKiKu:20200112152016j:plain

 

今年も始動

ーラスの新年会でした。昨年と同じ、リバースイート京都鴨川迎賓館という大層なネーミングの結婚式場にもなる場所です。なんせ60人もの女性ばかりの集団ですが、全員が入れるところを探すのが大変です。一年に一度新年会で上品に?弾けました。

 

(乾杯)

f:id:kameKiKu:20200109201749j:plain

 

f:id:kameKiKu:20200109201811j:plain

f:id:kameKiKu:20200109201835j:plain

 

川の側にあるこの場所、見晴らしのいい室内です。毎年毎年積み重ねてきて、この合唱団は40年経ちます。あと何年続けることが出来るでしょうか・・・。若い真っ盛りで加わったコーラスグループ。コーラスの成長と共に一緒に年をとりました。なにがしかの感慨を覚えます。ちなみに指揮者先生は御年84才です。シッカリされていて、毎回こちらが元気をもらっています。次のコンサートに向けて、また今年も歌います。

 

 

f:id:kameKiKu:20200109201854j:plain

f:id:kameKiKu:20200109201929j:plain

日は今年初めてのスイミングに行きました。いつも同じ時間くらいに来る顔見知りの人達を見ながら、ゆったり泳いでいると、そこには平和ないつもの日常があり、幸せのひとときを感じました。いつもと同じように日常が回っていくのが、平凡ではありますけれど、何よりのことだということですね。

 

 

f:id:kameKiKu:20200109201955j:plain

 

(鴨川)

f:id:kameKiKu:20200109202040j:plain

 

正月のバタバタで少し疲れていましたが、ようやく私も気力が湧いてきて始動です。年齢は関係ありませんね、何事も気力が湧くか湧かないかですよね。気力を湧き立たせるには、十分な睡眠とストレスの無い生活でしょうか・・・。どちらもオッケーな生活をしている私です(笑)。足元のささやかな幸せを自覚しながら、今年も歌、スイミング、パッチワークを頑張りましょう。パッチワークは一月はお休みにしましたけれど、また二月から・・・。

 

早や五日・・・種は希望

かい良いお正月でした。お正月の賑やかな集まりも終わり、日常が戻ってきました。今年は中学受験と高校受験の二人がいて、長居はせずに二泊で帰っていきました。早いものですね、孫の成長も。少子化の時代に、五人の孫に恵まれている孫裕福?の私です。ついこの間までは、乳児や幼児が集まっていて、さながら汚い保育園状態になっていたんですけれど(笑)。一年で一番私が働く時期が過ぎて、ほっとしているところです。

 

f:id:kameKiKu:20200105140227j:plain

 

末に買ったヒヤシンスが咲きました。ヒヤシンスの花は随分久しぶりに見ました。何十年も、手元では育てていませんでした。香りを嗅いだり花を見たり、楽しんでいます。

 

f:id:kameKiKu:20200105140252j:plain

 

では、メアリーローズが寒いのに沢山花を付けていました。でも、今朝切って花瓶に挿しました。もうそろそろ花を休んでくれてもいいですし・・・(笑)。また春にいい花を見せてもらいたいです。

 

f:id:kameKiKu:20200105140333j:plain

 

12月の下旬に、フェイジョアの食べた後の種から根が出て来たので、ポットに植えました。弱弱しいながらも、緑の葉を出しています。使った後のスダチの種からも芽を出してきました。最近こうして「種蒔きばあさん」にはまっています(笑)。食べた後の種を湿らせたキッチンペーパーの上に置いて三週間くらい経つと、やっと根を出してくれます。上手くいく場合と行かない場合がありますけれど・・・。

 

f:id:kameKiKu:20200105140359j:plain

f:id:kameKiKu:20200105140427j:plain

 

年の五月頃友達から貰った自家製のレモン、それも使った後種を蒔いたら発芽しました。苗で買って一年経ったレモンの木は、不織布で巻いて外に置いていますが、この小さな苗は室内に取り入れています。

 

f:id:kameKiKu:20200105140445j:plain

 

を蒔いたら芽が出るなんて当たり前と言えば当たり前ですが、フェイジヨアの種なんてとっても小さいんですよ。まさか発芽してくれるとは思わなかったです(笑)。フェイジョアは果実が穫れなくても、花がとってもきれい、欲張らずそれでいいと思っておきましょう。何年くらいかかるでしようか・・・私が生きているうちに花を咲かしてくれるかしら(笑)。

 

べた種から2年半経つアップルマンゴーも観葉植物候補(笑)。今の所元気で冬を過ごせています。同様なアボカドも大きく成長しています。これはもうすぐ丸三年経ちます。水が切れそうになると、葉っぱを下向きに垂らすので、すごく分かりやすい植物です。地植えだとかなり大きな大木に育つようですが、当地では無理でしようね、冬の気温が。これも観葉植物です(笑)。お金を特別かけずにここまで育つと、嬉しさも増幅(笑)。

 (アップルマンゴー)

f:id:kameKiKu:20200105140609j:plain

(アボカド)

f:id:kameKiKu:20200105141229j:plain



は希望ですね。発芽すれば嬉しいし、育つ楽しみがありますから・・・。成長していくものを見るのは、何かしらの力を貰えます。孫の成長も同様ですが・・・。シニアの私達には上向きの希望というのからは遠い所にいるような気がしますし(笑)。今年も植物を育てたり鑑賞したりしながら、元気で過ごしたいです。