kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

春を待つ庭

ごしやすい今年の冬です。季節外れに咲いているオルレアの他には、ビオラ以外花という花の色がない庭です。冬枯れの寂しい庭です。春が待たれます。そんな中、枇杷の花が咲いています。枇杷は色々な薬効があるようですが、葉っぱには抗がん成分も発見されているとか・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20200117200250j:plain

 

日コーラス仲間の話にも、枇杷の葉っぱを焼酎に漬けておくと、それがガンに効いたとか言っていましたけれど・・・どうなんでしょう。我が家にも枇杷の木があるので、枇杷酒作ってみましょうか・・・。今の時期に濃い緑の葉っぱで作るのがいいようです。

 

陽当たりの悪い裏のほうの水仙が先に咲きました。表の水仙はまだです。

 

f:id:kameKiKu:20200117201622j:plain

 

ューリップが今年はいつになく沢山咲くはずです。というのは、私がいつも通り何十球かの球根を買って植えたり、掘り上げた球根も何十か植えたのに、近所の知り合いの方から何十球かのチューリップの球根を頂き、またついこの間には、芽が出てしまっているけれど植えてくれない?と、 これまた何十球ものチューリップの球根を頂いたのでした。

 

 

f:id:kameKiKu:20200117201140j:plain

 

んなわけで、小さな私の庭ですから、プランターや鉢に植えまくり、球根と球根の間も詰め詰めになりました。この春はチューリップ豊作?になりそうです(笑)。今、球根が少しだけ芽を出して来て、土の中からのぞいています。最近はフリルのあるようなチューリップや、種類も色々で目移りしそうですが、私はシンプルな昔からの赤いチューリップが一番好きです。赤だけを選んで買っていたこともありますが、この春は様々な色のチューリップが咲くでしょう。それも楽しみですね。

 

f:id:kameKiKu:20200117201202j:plain

 

 

上の写真は原種チューリップだったと思っていたら、まつこの庭のまつこさんに教えて頂きました、キルタンサスと。名札が取れてしまい名前が分からなかったんですが、判明してスッキリ(笑)。何年も同じ鉢の中で咲いてくれます。

 

 

f:id:kameKiKu:20200117201336j:plain

 

昨日、私は膝の裏が腫れているので、久しぶりに、十年ぶりくらいで市民病院に行きました。膝の専門の先生の診察を受けようと。もちろん十年前とは先生も変わっています。でも、待たされました・・・。初診になるので、予約の方が先ですので、九時半頃に行ったのに、診察は一時前でした。

 

(春を待つアセビ)

f:id:kameKiKu:20200117201447j:plain

 

 

ち時間が長いと看護婦さんが言うので、中抜けをして用事もしてきましたが、戻ってもまだまだ順番は来ませんでした(笑)。整形はいつもこんな具合なのは私も予測はしていましたが、一日仕事になりました。整形の先生も大変ですね、お昼も食べれないですね。

 

(西洋サクラソウも蕾をふくらませています)

f:id:kameKiKu:20200117201509j:plain

 

ントゲンを撮ることになり、撮り終わったらまた診察室へ。以前に撮った写真と比べて多少は悪くなつているようでしたが、私が心配していた、膝裏の腫れについては関節液というのが溜まっているけど、心配いらないということで、湿布をもらっただけで、私も一安心。それにしても疲れました。病院というのは、ホント疲れますね。その日は病院に行っただけで、一日が終わりました。帰宅したら三時前でした。

 

(バラが蕾をもっています。ツダンホンシン)

f:id:kameKiKu:20200117201549j:plain