kameKiKu’s blog、小さな庭日記

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

気長に待てば〜 

朝、開けてみたら発芽していたのでビックリ。ミニトマトの食べた後の種を、ティシュを湿らせた上に置き、蓋を被せて発芽するのかやってみていました。 

 

 

 

何日経っても発芽しないので、そお、3週間は経っているかもですが、諦めずに乾いたら湿らせていました。 そしたら今日の発芽です。早速苗鉢に植えてやりました。 

 

 

花が咲くのも楽しいのですが、種が発芽するのを見るのが、私は楽しいです。「蒔かぬ種は生えぬ」といいますけど、正しくその通り。気長に待つのが大事かも(笑)。 

 

百日草も丁寧に何粒づつか蒔いた苗床にはあまり生えず、大雑把にプランターに、蒔き散らしたところには沢山発芽しました。気温の関係かもしれませんが〜。普通の昔の百日草です。 

 

 

 

マリーゴールドも。 

 

 

友だちからもらった紫センダイハギ 

 

 

ヒマワリも沢山蒔きましたが発芽率悪いです。2、3個顔を出しました。 

 

 

 

植物の発芽、草花の発芽はこちらにもパワーをもらえますね。自然の力は凄い。植物の持つ力。 

 

テレビで微細な植物の撮影をしていた、埴さんのドキュメンタリーを見ましたが、その映像も植物の子孫を残すパワーが、種を噴射したり、飛ばしたり目にはなかなか見えないものが、映像で撮影されていて感心しました。それは子孫を残すための植物の力ですね~。驚いて見ていました。

 

さぁ、この発芽した苗がうまく育つでしょうか〜楽しみです。 

 

芍薬が咲いています。