kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

クリスマスローズ

うやく我が家のクリスマスローズも咲き出しました。調べてみると、昨年とあまり変わらない時期に咲いています。植物の植物時間というのか、体内時計というのか、そういうセンサーみたいなものって凄いですね(笑)。私など今日が何日かということなど、つい念頭になくなってしまいがちで、こういう認知症検査されたら✖が付きそうですが(笑)、辛うじて曜日はなんとか認識しているというこの頃です(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20200217154008j:plain

 

リスマスローズが何十年か前、出始めた頃は、地味な黄緑色ような花色が多かったと思いますが、いつの間にかクリスローズは人気者となり、その花色や形も豊富になっていますね。クリスマスローズの愛好者も多いみたいです。

 

が家にあるのは、シンプルな白花でした。近所で大株になって咲いている所があり、私もそうしたいと地植えしていますが、場所はイマイチ悪く少しずつしか増えていきません。それでも、今年は沢山の蕾をつけています。

 

f:id:kameKiKu:20200217154046j:plain

 

花だけだったところ、ご近所からこぼれ種の苗をもらって植えたら、それは濃いピンク色でした。我が家のクリスマスローズも二色になりました。そして、今年初めてそのピンクが咲きました。下を向いて咲く花、可愛いですね。

 

f:id:kameKiKu:20200217154029j:plain


菜の直販所に行ったら、そこで花も売っていたのですが、値下げと書いてあり、とってもお安く鉢花が売られていました。一鉢150円、お安いのには目のない私、二鉢ポリアンサスを買って帰りました。これといった花のない今、色鮮やかな花を見て、春を感じます。

 

 

f:id:kameKiKu:20200217154147j:plain

 

に帰ってから、まだ安売りの花鉢が二つ残っていたのが、気になり始めました。どうして全部買わなかったのかしら、と後悔(笑)。思い切りがいいようで悪い私(笑)。ちょうど夫がその辺りに用事で行くというので、まだあれば買って来てと頼みました。ありました。二鉢ゲット出来ました(笑)。これでスッキリ、あとの二鉢はベコニアでした。

 

 

f:id:kameKiKu:20200217154213j:plain

 

ポリアンサスも花壇に植えたりしますが、夏越しが出来ず、いつも消えてしまいます。まぁそれでもワンシーズンでも目を楽しませてくれたらいいですよね。

 

そおそお、種から発芽させたフェイジョアは、初めは四つあったんですけれど、石垣島旅行で家を留守にしていた間に、何故か三つがダメになり、残り一つとなっています。お部屋が寒かったんでしょうねぇ・・・。残りの一つに頑張ってもらいたいです。家を留守にすると、植物達に何らかの被害は出るものです。

f:id:kameKiKu:20200217154813j:plain

 

思い出キルト

垣島旅行のキルトがやっと出来ました。ここのところシェルの型にはまっていたので、またまたそれを使ってみました。タイトルは「石垣島の思い出」。

                                             (85×72センチ)

f:id:kameKiKu:20200214144707j:plain

 

外旅行に行くと思い出キルトを作っていました。もうすでに出来上がった時アップしていますが、遡って並べてみましょう。

 

2018年の「イタリア旅行の思い出」

                                (120  ×120センチ)

f:id:kameKiKu:20200214145004j:plain

 

2016年から2018年まで毎年行ったタイ、「タイの思い出」

                                (100 × 100センチ)

f:id:kameKiKu:20200214145119j:plain

 

2014年の「トルコの思い出」。この旅行から思い出キルトを作り始めました。トルコはチューリップの原産国。

                                (92  ×115センチ)

f:id:kameKiKu:20200214145228j:plain

 

トルコ旅行は面白かったです。行った旅行の中では一番かも。残念ながらその頃はまだブログをしていなくて・・・記録がここにはありません。

 

沢山ストックしている布を、使いきれるでしょうか。最近はほとんど買うことも無く家にある布で作っています。

 

石垣土産、ローゼルジャム

垣旅行では、果物のほかにはローゼルジャムを買いました。食べ物にはあまり執着のない私ですが、連れの友達達は沖縄のゴーヤや野菜なども買っていました。ローゼルジャムを買ったとは、実は帰ってよく見るまで分かっていなかったいつもながらのそそっかしい私でした。友達にこれどお?と誘われてローズジャムを買ったつもりでいました(笑)。ドラゴンフルーツと同じです。パッションフルーツと思ってたら、家で良く見たらドラゴンだったと・・・・(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20200208125627j:plain

 

めて聞いた名前のローゼルローゼルはオクラやハイビスカスと同じアオイ科の野菜の仲間とあります。熱帯地方に分布しているもののようです。深紅のキレイな色です。お味は酸味があるようですが、特には感じなかったです。まぁこれからもう少し味わってみましょう。

 

 

f:id:kameKiKu:20200208125651j:plain

 

では、急に寒くなったので、今まで季節違いに咲いていたオルレアも、さすがに蕾や花が萎れ、やっぱり冬だったのかと思い知ったことでしょう。今年は枯れずにすむのかと思っていたランタナも、やっぱりダメになるのでしょうか・・・。寒さも長続きはしないとは予報でありますけれど。

 

 

f:id:kameKiKu:20200208125825j:plain

 

餌台にリンゴの皮を刻んで置いていたら、ヒヨドリがやって来た食べていました。

今日は寒い

かかったのですが、ぴりっと冬の寒さが今日、明日は続くみたい。忘れていた冬の寒さ、体が寒さに慣れない・・・ですね(笑)。そんな中、土手では水仙が咲いています。

 

 

f:id:kameKiKu:20200206192620j:plain

 

 

垣島から買って来たフルーツ、スターフルーツとパパイア。スターフルーツは前回書きました。パパイアはその後、ちょうど熟れ頃になったのを見計らい、食べてみました。ひょっとしたらタイでも食べてるのかもしれないのですが、覚えていません。食べてみると、あっさりした甘みのある果物でした。スターフルーツはもっと買ってきたら良かったと思いました。南国の果物、味わいました。

 

f:id:kameKiKu:20200206192648j:plain

 

稲荷大社に行く電車は、いつもは観光客で満員ですが、中国からの観光客が、今のコロナウィルスで国外に出れない?ことからか、いつになく空いていました。クルーズ船の方々はしんどいと思いますけれど、しばらくの辛抱が要りますね。やっとツアーも終わりと思ったら、缶詰ですし、乗務員の方々も色々な仕事が増えたでしょうし、これまた大変。ウィルスの脅威もオドロキますが、中国が十日間で建ててしまう病院とかもオドロキでした。

 

f:id:kameKiKu:20200206192747j:plain



いたと言えば、アメリカのトランプ大統領が年頭教書を読んだ原稿を、ペロシ下院議長が議長席で、それを破り捨てたのがオドロキでした。そこには礼儀とか、そのようなものは無いのでしょうか・・・、たとえ嫌いだとしても、日本人にはそのような場所でのそういう行為は出来ない、しないことだと思いますね。もちろんその前に、トランプさんが握手を拒否したという失礼なことが、あるにはありますけれど・・・。


国柄というのが、その国その国で違いますね。

 

丹波ワイナリー

垣島でのお天気が、こんな晴れなら良かったという今日の天気。丹波ワイナリーに行ってきました。

f:id:kameKiKu:20200202164732j:plain

 

波ワイナリーは京都の食文化の和食に合うワインを作る、ということをコンセプトに1979年に出来た京都で初めてのワイナリーでした。スーパーの売り場やデパートにも置いてありますが、今日はワイナリーへ。

 

 

f:id:kameKiKu:20200202164832j:plain

 

い時間に着いたので、あまり人はいませんでしたが、ワイナリーの工場を見学することも出来ます。今日はしません。ワインショップで買うだけです。ワイナリー限定とか色々あります。普段飲むのにちょうどいいお値段です。

 

f:id:kameKiKu:20200202164856j:plain

 

酒のボジョレ-ヌーボーは渋みが少なくフルーティーな味で、もてはやされていますが、何年物とか、寝かしたヴィンテージワインがお値段も張り、一口にワインと言っても奥が深いですね。しかし、古い物だから美味しいとは限らないようで、なかなかに難しいようですね。まぁ、そういうお高いものは縁がありませんけれど(笑)。予約をすると、店内のレストランでお食事もできます。

 

 

f:id:kameKiKu:20200202164918j:plain

 

 

酒はあまり飲めない私ですが、ビール一杯とか、ワインをグラスに少しとかは飲めます。夕食に毎回ワインかビールかが、ほんの少しあると食事が美味しくなりますね。

最近私はノンアルコールに近いビールを飲むことがあります。茶色いジュースのようで、胃にも優しいので私は気に入っていますが(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20200202164949j:plain

 

このワイナリーでは、葡萄も周りで作っています。フランス、イタリア系のシャルドネ、カルベネとかの品種などとか。和食にも合うピノ ノワールという品種も作っているとか。友達にもあげようと三本買って帰りました。

 

f:id:kameKiKu:20200202165751j:plain

f:id:kameKiKu:20200202165017j:plain

 

は変わりますが、石垣島から買って帰った果物のスターフルーツ、食べてみました。スターフルーツは初めて食べたのですが、甘さのないパイナップルのようで、酸味があります。なので、それだけ単独で食べると、あまり美味しくないんですけど、いちごやバナナやリンゴなどと盛り合わせて食べたら美味しく食べれました。ちょっとお砂糖を振って。切り口がホントにスターの形、自然の造形って凄いですね、こんな果物が出来るなんて。

 

f:id:kameKiKu:20200202165159j:plain

f:id:kameKiKu:20200202165040j:plain

 

れから道沿いの小屋で売っていたグァバ茶、200円でしたが買いました。これはとっても香りも甘い感じで美味しいお茶でした。グァバはポリフェノールやビタミンC、E、セスキテルペンなどという成分が入っていて、血糖値の上昇を抑えたり、ダイエット効果やアレルギー対策にも反応を抑える働きがあるとかで、いいことだらけのお茶です。帰ってから毎日飲んでいます。その上アンチエイジィングの効果もあるらしいです、うっふふふ嬉しいお茶ですね。

 

 

f:id:kameKiKu:20200202165504j:plain

 

旅編15 石垣島旅行 2

てことでしょう、せっかく書き終わったと思った旅行記、2を何故か間違って削除したらしくまた書き直す羽目に・・・😭。。。。ではでは二日目を。

 

竹富島で水牛に乗る

日はまず竹富島へ渡ります。船で15分くらいです。竹富島の人口は360人余りですが、シーズンには50万人が訪れる人気の島です。この旅行では、このスケジュールだけが付いているものです。

 

 

f:id:kameKiKu:20200131195842j:plain

f:id:kameKiKu:20200131195922j:plain

 

牛に乗る前に、星の砂ビーチに寄りました。サンゴ礁が隆起して出来たこの島は、耕作には適していないらしいのですが、海辺の砂も家々の塀などもサンゴで出来ています。

 

 

f:id:kameKiKu:20200131122720j:plain

この手の平にも星砂があります。

f:id:kameKiKu:20200131122743j:plain

f:id:kameKiKu:20200131122815j:plain

 

んな砂を手に取って星砂を探しました。私は、すぐに手にくっついて見つかりました。砂浜にあった大木は、ハスノハギリという木でそこに貝殻の飾り物を吊るして売ったりしていたので、一つ買いました。ハスノハギリはハスのような葉っぱで材質が桐の木のようで軽く、桐の代用として使われるようで、亜熱帯、熱帯に分布しているようです。

 

f:id:kameKiKu:20200131122954j:plain

f:id:kameKiKu:20200131123238j:plain

 

ンパの木というのも側にありました。バス移動の途中にはクワズイモとか、ブーゲンビリアとかもちろん芭蕉も、南国の植物が沢山見られました。私は芭蕉の防風林、林のように生えている3メートルくらいの芭蕉群生が特に印象深く感じました。

 

f:id:kameKiKu:20200131122920j:plain

クワズイモ

f:id:kameKiKu:20200131123714j:plain


ブーゲンビリア

f:id:kameKiKu:20200131123734j:plain

芭蕉

f:id:kameKiKu:20200131124844j:plain

 

牛車には16人くらいが乗り込みました。牛はユックリユックリ歩いて、突如止まったと思うと、牛さんの尿タイムでした。ガイド氏が慌ててバケツを当てがっていました。その後ウンチも同じように止まってバケツの中にしたのですが、お尻はお客さんの方を向いていますので、みんなが目撃(笑)。でも、いつも同じ場所でするとガイド氏の話でした。牛さんも賢いんでしょうか。30分位町の中、サンゴを積んだ石塀に囲まれた赤い瓦の家々のまわりを牛に乗せてもらいながら見学しました。

 

 

f:id:kameKiKu:20200131123337j:plain

f:id:kameKiKu:20200131123401j:plain

f:id:kameKiKu:20200131123501j:plain

f:id:kameKiKu:20200131123526j:plain

f:id:kameKiKu:20200131123617j:plain

f:id:kameKiKu:20200131123642j:plain



りの船が出る時刻まで二時間くらいあったので、お昼を「かにふ」と言う食堂で八重山ソバを食べました。

 

f:id:kameKiKu:20200131123813j:plain

f:id:kameKiKu:20200131123913j:plain

 


れから散策しながら「たけとみ民芸館」に行き、伝統工芸のミンサー織の機織り機などを見ました。ミンサー織は沖縄の伝統織で、昔の衣装の男性の帯の織り方のようです。ミンサーというのは綿のことと言っていました。そこに織り込まれる模様紋の形に色々意味があるようでした。お土産屋さんでミンサー織の花瓶敷を一枚買いました。

 

f:id:kameKiKu:20200131123939j:plain

f:id:kameKiKu:20200131124041j:plain

f:id:kameKiKu:20200131124146j:plain

f:id:kameKiKu:20200131124324j:plain



垣島の港に戻ると、具志堅用高の像が立っていました。行くときは全く気づかなかったんですけど。具志堅さんは石垣島出身のようです。具志堅用高記念館というのもあるようです。行かなかったんですけれど。

 

f:id:kameKiKu:20200131201000j:plain

 

公設市場

場を見てみようと、公設市場を目指しました。市場の手前のお土産屋さんに寄ると、そこはミンサー織から沖縄の焼き物、琉球ガラスなどを売っている素敵なお店でした。私も記念にお茶碗を買いました。市場そばのアーケードの道端に店を出して、果物を売っていたので、そこでパパイヤとスターフルーツを買いました。パパイヤはタイに行った時食べていると思うのですが、覚えていなくて・・・どんなお味でしょう。

 

f:id:kameKiKu:20200131125222j:plain

f:id:kameKiKu:20200131124951j:plain

f:id:kameKiKu:20200131125034j:plain

f:id:kameKiKu:20200131125103j:plain

f:id:kameKiKu:20200131125255j:plain



土産に何か蘭を買って帰りたいと思っていました。外国だと植物や果物は持ち帰れませんが、関空からこれだけ離れた海を越えてきたのですが、ここは国内、持ち帰れます(笑)。K子が植物あるよと教えてくれて、ドラゴンフルーツの苗とパキスタスという良く知らない植物を買ってかえりました。

 

f:id:kameKiKu:20200131125124j:plain

 

っとも、帰り着くまではねそれはパッションフルーツだとばかり思っていたのですが、見てみたらドラゴンでした(笑)。育てられるのか全く自信ないです。市場では「豆腐よう」を買いました。これは美味しいもので、以前沖縄に来た時も買いました。

 

夜は焼き肉「きたうち牧場」

垣牛を食べたいと夜は焼き肉にしようとなりました。竹富島に渡る船の中で、隣り合った石垣通の神戸の女性から、お薦めの所を聞いていました。高くて美味しいところなら「やまもと」と、ほどほどでいいと言うと「きたうち牧場」はどうですかと言ってくれました。ハンバーグがとても美味しいですと。

 

f:id:kameKiKu:20200131125352j:plain

 

ーズナブルなのも重要で、私達は四人前くらいしかなさそうなファミリーセットをまず頼みました。それと石垣牛のタンと300グラムのハンバーグを二つ。それをカツトしてみんなで食べたんです。ハンバーグは美味しくて、いくらでも食べられそうな感じでした。少しなのが余計美味しくかんじたのかも・・・(笑)。まぁ全員シニアですから、若者ほどは食べませんから(笑)。気ごころのしれた仲間なので出来ることですけれど(笑)。その夜はビールと瓶ワインを空けて石垣島の夜は更けていきました。

 

旅編15 石垣島旅行 3

終日、今日も曇りです。朝も明けるのが遅いです。日本の一番西の方だからでしょうね。石垣島島内のまだ見ていない所を見に行きます。

 

宮良殿内

1819年に琉球王朝時代の士族屋敷を模して建てられた重要文化財。庭は琉球石灰岩やソテツを使い日本風の枯山水が作られていて、国の名勝にも指定されているとか。入り口が分からず、何故か裏から入っていて、あちこちガサゴソ歩き回っていたら、家の中から顔を出されて、「ドロボウになるよ」と沖縄風のアクセントで言われてしまいました。

f:id:kameKiKu:20200131141826j:plain

f:id:kameKiKu:20200131141858j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142000j:plain

f:id:kameKiKu:20200131141926j:plain

 

り口は反対側でした。入るとすぐに屏風のように塀がまた建っていて、いきなり家屋の中が見えないようになっています。開放的に建てられているので目隠しのような役目の塀を建てるのでしょう。さっきのおじさんが縁側で受け付けています。ここの名前は看板では「みやらどぬじぃ」と書いてありますが、そんな風に言える人はあまりいないらしく、今は「みやらどぅんち」と言うみたいでした。宮良家の子孫の方なんでしょうね、今もここに住んでおられるとか。

 

桃林寺 権現堂

桃林寺と権現堂にも行きました。桃林寺は400年くらい経つ八重山諸島最古の寺院といいます。津波地震で1771年に隣の権現堂と共に全壊したようですが、すぐに再建されて現在まで続いていると。権現堂は沖縄最古の木造建築です。拝殿はちょっと琉球風、中国風、の感じの装飾でした。庇のところにはゾウや兎の顔もあります。

f:id:kameKiKu:20200131142041j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142121j:plain

ピンボケ

f:id:kameKiKu:20200131142210j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142146j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142102j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142411j:plain

権現堂

f:id:kameKiKu:20200131142529j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142442j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142505j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142608j:plain

 

ゆし豆腐

日目にふられた「豆腐の比嘉」に、今日こそは早めに行こうと、車を走らせました。10時半頃なのに、駐車場には車が何台も止まっていました。小、大、特盛りの中で小を頼んだのですが、どんぶりいっぱいの豆腐でした。ゆし豆腐とはね豆乳にニガリを入れただけで、固めない豆腐のことで、沖縄の郷土料理です。食味通ではない私には、柔らかい豆腐、固まっていない豆腐というくらいしか、味の感じは分かりません。醤油やみそを付けて食べますが、確かに自然な味わいでした。

 

充電器を忘れて行ったので、ここからはスマホ撮影です。スマホは上手く撮れない私です。

f:id:kameKiKu:20200131142630j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142655j:plain

豆腐やさんの裏に広がるさとうきび畑

f:id:kameKiKu:20200131142814j:plain

 

鍾乳洞

石垣島鍾乳洞。ここは全長距離が3.2キロの全国7位の鍾乳洞でした。入り口は中国風、確かに石垣島は台湾にとても近いし文化的にはそちらが近いんでしょうね。サンゴ礁で出来た琉球石灰岩が作る造形。百万年前は琉球列島も陸続きだったのだとか、壮大な時間の芸術造物ですね。階段を下りたり登ったりで私の膝には応えます。

f:id:kameKiKu:20200131142845j:plain

f:id:kameKiKu:20200131142937j:plain

f:id:kameKiKu:20200131143013j:plain

f:id:kameKiKu:20200131143141j:plain

 

吹通川のマングローブ

ングローブが川沿いにびっしり植わっています。ここもなかなか本土にはない風景です。川べりまで降りて眺めました。

 

f:id:kameKiKu:20200131143215j:plain

f:id:kameKiKu:20200131143258j:plain

f:id:kameKiKu:20200131143338j:plain

f:id:kameKiKu:20200131143406j:plain

 

最北端 平久保埼灯台

の北に行ってみようと車を走らせます。雨がポツポツ、風もあります。本土にくらべたら17度くらいで寒くはないんですけれど、風があるとやはり海風ですから体感は涼しいです。平久保埼の灯台では、車から降りると強風で長くはいられませんでした。

f:id:kameKiKu:20200131143631j:plain

f:id:kameKiKu:20200131143706j:plain

 

ろそろ空港に戻る時間、石垣島はシーズンになれば、観光客であふれることでしょう。島の中にいたら、そこが関空からあんなに離れた島にいるとは思えなくなりますが、移住してくる人も多いと聞きます。ゆったりした時間の流れ、自然豊か、現代人の疲れた心には何か響くものがあるのは確かです。

 

マンゴーの木や花があちこちで咲いていました。

f:id:kameKiKu:20200131143803j:plain

f:id:kameKiKu:20200131143950j:plain