kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

猛暑…眠れない

こ2、3日の猛暑は、暑いほうがいいなんて言っていた私も、夜中の気温が30度くらいで下がらないので、ホントに眠れない暑さです。元気なのはクマゼミだけですね。庭のハナミズキに止まり、シャッーシャッーシャッーと物凄い声で鳴いています。あんな小さな体のどこからあの大きな声が出るのでしょうね。激しく細かく体を震わせて鳴いているのが、下から見ていても分かりました。

 

f:id:kameKiKu:20200811141419j:plain

 

子供の頃は油蝉が多く、ジージーと鳴いているのばかりでしたが、今はクマゼミの鳴き声ばかりを耳にするようになりました。これも温暖化のせいでしょうか、南方系の蝉のようですが・・・。クマゼミは午前中鳴くらしいです。確かに午前中に表や裏の庭木に来ています。鳴き声で暑さも倍増です(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20200811141447j:plain

 

シジミ蝶もランタナに止まりました。

 

f:id:kameKiKu:20200811141649j:plain

 

れは何トンボなのかな・・、庭にきていたトンボです。散歩をしていると、シオカラトンボも飛び交っていました。カメラを持たず散歩しているので写真はありませんけれども・・・。

 

f:id:kameKiKu:20200811142114j:plain

 

f:id:kameKiKu:20200811142812j:plain



い中、虫に食われたり暑さでヘロヘロになっているバラ達。わずかに粉粧楼が咲きました、頑張ってますね。暑いので、水やりが忙しいです。鉢のものが多く・・・。

 

f:id:kameKiKu:20200811142852j:plain



夏の色どりの朝顔

f:id:kameKiKu:20200811142946j:plain

 

ボタンから種取りをしたのを3日前に蒔きました。もうこんなに発芽しています。こんなに発芽してもそんなに沢山は要らないんですけれど・・・(笑)。ビオラの種も蒔いてみました。ビオラは難しそう、なかなか発芽しないかも。。。

 

f:id:kameKiKu:20200811143157j:plain

f:id:kameKiKu:20200811143212j:plain

 

アコン漬けになっている毎日ですけれど、室内に飽きたらちょっと庭に出てみます。どっと暖気に襲われます。それでもこうして虫や植物が私の目を楽しませてくれています。まだまだ猛暑は続きそうですね。今日は36度。

種から植えたもの・・・

ブランがいつもの所で咲いています。春先にあまり大きく育って邪魔になるので、根元からバッサリ切ってしまっていたのですが、見事に復活して花を咲かせたのにはびっくりです。植えた覚えもないのに生えてきているヤブランです。薄紫の花の色が上品ですね。

 

f:id:kameKiKu:20200808111155j:plain

 

から私が植えた物たちは、苗を買って育てたものよりは可愛いですね(笑)。千日紅もとっても種が小さく、その種を守っている周りの産毛のようなものを取り除くのに苦労したんですけれど、十粒くらいしか蒔けませんでした。育ったのは二つ、白花と赤花一つずつでした。それも白花は今日気が付きました(笑)。ウッカリさんですね、こんなに咲いていたのに。

 

 

f:id:kameKiKu:20200808104113j:plain

 

の赤花の千日紅は買ったものです。千日紅はドライフラワーにして利用しているので、楽しみにしている花です。ダイニングや洗面所などにも飾っています。ドライは自然乾燥ですが、色もそのまま残ります。そんなわけででしょうね、花言葉も「色褪せぬ愛」とか「不朽」というのです。納得ですね。

 

f:id:kameKiKu:20200808110728j:plain



リーゴールドも種取りをしたものを蒔きました。これは発芽はまぁまぁでした。まぁまぁというのは、蒔いた種が多かったのに、そんなに蒔いた数だけ発芽はしていないからです。特別な種蒔きの土とか使ってないからでしょうか。それでも買わずに楽しめてますから、まぁいいとしましょう。

f:id:kameKiKu:20200808110925j:plain



f:id:kameKiKu:20200808110841j:plain

 

からの物、使った後のレモンの種を蒔いて発芽したのには驚きました。発芽するんだ・・・と。一年数か月経ったものですけれど、育っています、二鉢。気の長い道のりですね、実が出来るまでには。生きているうちに出来るんでしょうか。苗で買ったレモンの木は、二年半くらいになりますけれど、これにすらまだ実がついたことがありません。

 

f:id:kameKiKu:20200808111840j:plain

 

してスダチも、使った後種を土に埋めてみたら発芽しましたね・・・。成長はゆっくりですけれど・・・。ちなみに置いている作業台は、ベランダのスノコ作りの余った材料で、夫が新しく作り直してくれた台です。立ったまま作業出来るので重宝しています。

f:id:kameKiKu:20200808111942j:plain

 

だあります、食べた後の種を蒔いたフェイジョア。これもオドロキました。種を蒔いて発芽しては驚いている私ですけれど、発芽が面白くて種まきが止まらなくなります(笑)。フェイジョアは耐寒性が強く、-7度くらいまでは大丈夫ということなので、ますますいいですね。。ニュージーランドではこれを防風林の垣根に使われていたといいます。実はならなくても、樹木としてもエキゾチックな花を付けるみたいです。けれども、これもそこまで育つのも気の長い話です。

 

f:id:kameKiKu:20200808113830j:plain

 

マトも、食後の皿洗いをしている時、お皿に残っていた小さなミニトマトの種を土に埋めてみたら、なんとこれも発芽しました。またまたオドロキましたが、グングン育って大きく成りました。ミニトマトのこんなタイプだったんでしょうか・・・もしかしたら友達に貰ったフルーツトマトだったのか・・・定かではありません。食べたら判明しますね。

 

 

f:id:kameKiKu:20200808122657j:plain

f:id:kameKiKu:20200808122750j:plain

 

だまだありますよ、種を取り出して植えた物。アボカドにアップルマンゴー。アボカドは四年目くらいになりました。夏は外に出していたんですが、もう大きく成って運ぶのが無理になりました。アップルマンゴーは三年目くらいですが、両方とも元気な観葉植物に・・・。

 

f:id:kameKiKu:20200808125140j:plain

f:id:kameKiKu:20200808125201j:plain

 

んな風に種を取り出して蒔いたりして、発芽を楽しんで植物と遊んでいます。そろそろ夏の花にも種が出来てきました。これから楽しい種取作業ができます。ホント種って凄い力を持っていますね。

 

から育てたり、植物を触ったりしていると、先日の球磨川などの洪水でハウスの作物が流されたり、畑作物や稲など全てがダメになったりするのを見るにつけ、その悔しさや残念さが少しなりとも想像できます。農作物を育てるのはただでさえ気候に左右されたり、しかもそのシーズンに何ヶ月もかけて作ったものなのにと思うと・・・。まだ台風が来ていませんが、大きな台風は来ないでほしいですね。

汗、汗・・・暑い

ょっと体を外で動かすと、汗、汗、汗です。散歩に行っても、帰ってくると全身ビッショリです。なんせ36度とかあると・・・。天気予報を見ると、この先ずーっと二十日過ぎるころまで晴れ続きの模様。雨も長く降りましたし、今度は晴れが・・・晴れの方が暑くてもいいかも(笑)。汗をかくのは体にはいいといいますし・・・。

 

f:id:kameKiKu:20200807124840j:plain

f:id:kameKiKu:20200807124905j:plain

 

になったばかりなのに、つゆ草や秋海棠が咲いていると、ほんの少し秋を感じますね。

 

f:id:kameKiKu:20200807124938j:plain

 

ノコログサも散歩で見ました。エノコログサは粟の原種で、食用に使えるとあり、ビックリしました。穂を使って人をくすぐったりして遊んだり、穂をしごいて実をママゴトに使ったりしていたような気もします、遠い昔の子供の頃(笑)。でも、食べれるものとは知らなかった・・・地球上の食物が困窮してきたら・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20200807125038j:plain

 

だまだ盛んに咲いているケイトウ。だんだん私の好きなトサカの形になってきました。

 

f:id:kameKiKu:20200807125813j:plain

f:id:kameKiKu:20200807125859j:plain

 

GO-TOトラベルもちょっと早すぎの感が・・・これだけ増えてきていますからね。ウィルスは人が運ぶというし。テレビでは武漢タイプでもなく欧米型でもなく、今はそれと違うタイプが広がっているんだとか・・・。感染者と非感染者を分けるのが先ず大事と思うんですけどね・・・。非感染者はバリバリ動いたり経済活動すればいいし。。。。

 

(木立ベゴニア)

f:id:kameKiKu:20200807135815j:plain

 

からマスク制作を頼まれて、また6枚くらい作りました。トータルで90枚近く作りました。私のミシンが役立って嬉しいです。

 

買った花は木だった・・・パキスタス

1月に石垣島で買った花は、草花ではなく木でした。パキスタスという聞いたこともない名前でした。そしてそれが、15センチ位の丈ですが、今咲いているんです。

 

f:id:kameKiKu:20200804132440j:plain

f:id:kameKiKu:20200804132934j:plain



分変わった花ですよね、白いのが花のようです。黄色いのは苞というものらしいです。熱帯アフリカに分布している低木とあります。草花と思って買っていましたから、調べて木と分かり、しかも耐寒性がありませんから「どーしよう」っていう感じです(笑)。小さいうちはいいんですけれども・・・。パキスタスの花言葉は「美しい娘」「飾らない心」。真上からみると下のようです。

 

 

f:id:kameKiKu:20200804132917j:plain

 

とはいいながらも低木、1メートルくらいらしいのですが、寄せ植えなどにも使われています。私も寄せ植え、チャレンジしてみようかしら。。。寄せ植えは、私には難しいとこがありますけれど。

 

ラ達は今さんざんな姿です。アーチのスノーグースは葉っぱをみな虫に食べられていますし、他のバラ達も虫の餌食、黒点病などにもなっています。仕方がないですね。我が家のバラ達はなるべく自然に・・・。そんな中、ウィリアムモリスが少し小さめですが花を付けています。真夏の花は咲かせない方がいいのかしら・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20200804134201j:plain

 

朝は全開の朝顔を見ることができました。何ということのない普通の朝顔の色ですけれど。

 

 

f:id:kameKiKu:20200804134341j:plain

 

の夏のお盆休みには、毎年帰って来ていた大阪の長男家族も、コロナのために帰省しなさそうです。来たら来たで大忙しになるのですが、来ないと思うと、顔の見れない寂しさも感じます。でも慎重に考えているところに安心感を感じたり、親としては複雑過ぎる思いを持ちます。何年続いて行くことになるのでしょうか、コロナは。ずーっと会えない日が続くんでしょうか・・・困ったことです。

八月・・・プチドライブ

うやく梅雨明けしました。暑さは急激、短い夏になるんでしょうか。三月四月にお花見でよく出歩いていて以来、家に買い物以外引きこもっていましたが、太陽をやっと見た昨日、車を走らせてみました。どこという当てもなく、北の田舎の方に向かいました。

 

 

f:id:kameKiKu:20200801095724j:plain

 

れっ、前に来たことある所かも、と思ったらやはりそうでした。京丹波町の塩屋古墳公園の所でした。二年前に訪れていて、古墳の上まで登ったりしました。ここは人物埴輪が二体も発掘された所です。ここの古墳は、12基の古墳から成り立つ古墳群です。

 2018,4,2のブログにもこの古墳のことを書いていました。

kamekiku.hatenablog.com

 

都縦貫道の道の駅「味夢の里(あじむのさと)」という所がすぐ横にあります。味夢、あじむという名前が、なんとなく私の中ではしっくりきません。言いたいことは分かるんですけれど、もう少し他の名前はなかったんでしょうか(笑)、道の駅塩屋でも良かったのに・・・なんて勝手なことも考えてしまいます(笑)。2015年に出来たようです。その道の駅から古墳を見下ろしてみました。五世紀にここに葬られた人物は、どんな人だったんでしょうね。

 

 

f:id:kameKiKu:20200801102910j:plain

f:id:kameKiKu:20200801104254j:plain

 

回行った時には、その発掘された人物埴輪のレプリカが、古墳の上に立っていたのですが、今はなくなっていました。下の写真は前回2018年四月に訪れた時に置いてあった人物埴輪のレプリカです。とってもいい感じだつたのに、無くなっていて残念です。

 

f:id:kameKiKu:20200801103006j:plain

 

道の途中ではヒマワリ畑も。

f:id:kameKiKu:20200801104106j:plain

f:id:kameKiKu:20200801104152j:plain

 

しぶりにふらふらプチドライブ、幹線道路では車は混んでいました。コロナのせいでしょうか・・・車移動が増えていて。帰りに寄った丹波町の山形屋、11月末で閉店するとありました。いつも繁盛して観光バスも沢山寄る所、ドライブでもちょっと寄ったりの交差点角にある好立地の店なのに、どうしたんでしょうね。これもコロナのせいでしょうか・・・。

 

日も35度になるとか、暑い日なので洗濯デーです。四回洗濯機を回して、大物を洗っています。

今日の庭・・・朝顔が咲いた

い雨の季節も今週中には終わりそうですが、今日もはっきりしない天気です。お天気一つで気持ちが上がったり下がったりしますね。そんな中、遅めに蒔いた朝顔が咲きました。朝食が終わってから咲いたのを見つける私なので、全開に開いた花を見ることがなかなかありません(笑)。半しぼみの状態ばかり見ることになります。でも、まっいいか、曇り空の下で、夏らしさを感じさせてくれていますし・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20200730092651j:plain



朝顔は、もともとは宇宙飛行士の山崎直子さんが宇宙へ持って行った朝顔の種の五代目の末裔? なので、七代目か八代目くらいになっているかもの種です。もしそのように数えてもいいのなら(笑)。何十年も庭では朝顔を植えていませんでしたが、二年くらい前にその種をたまたまもらったので、それから植えてみています。

 

f:id:kameKiKu:20200730092227j:plain

f:id:kameKiKu:20200730093715j:plain

 

 

ッチンの窓辺で、サクラ蘭の葉っぱを一枚、小さいガラスコップに水を入れて、発根させようとしていたのですが、水がまったくなくなっていたので、手に取って見ると、なんと発根していました。発根までに随分時間かかりました。三月頃からやっていたんです、ほとんどほったらかしで、水がなくなったら足すという風で・・・。気持ち的にはほとんど諦めていましたが、腐ってもいないので、置いておいたんですね。なんか嬉しい気分です。ちなみに、我が家のサクラ蘭は一度咲いたきり、花を見たことありません。何とかも一度見たいものです。

 

(見えにくい所で写してしまいました。鉢に植えました。)

f:id:kameKiKu:20200730093754j:plain

 

ルスベリも咲きました。夏の花、あちこちのお家の入口の側や、庭にありますね、この木は。真夏の住宅街に、沢山のサルスベリの花が咲いているのを見るのは好きな光景です。

 

 

f:id:kameKiKu:20200730094447j:plain

 

ハーブのカラミンサも小さい可愛らしい白い小花を付けています。

 

f:id:kameKiKu:20200730094834j:plain

 

ロナでIT後進国と分かった日本ですが、私などもスマホは使っていますが、使いこなしているとは言えない状況。キャッシュレスの支払いなども、何か怖さや疑いの気持ちが抜けなくて出来ないし、新しいことを取り入れるのには躊躇が先に立ちます。地震国の日本では、災害に遭った時に電気が切れたりもするでしょうし、現金がやっぱり必要な時もあると思うし・・・。年をとると保守的によりなっていくんでしょうか(笑)。

 

(多肉植物 砂漠のバラ)

f:id:kameKiKu:20200730100246j:plain

 

マホで一番便利と思うのは、ラインと雨雲レーダーです。雨雲が接近してきたら教えてくれるこの情報は重宝してます。この先はどんな世の中になるのでしょうねぇ・・・。コロナで様変わりする町の様子ですね。

 

(今日の収穫)

f:id:kameKiKu:20200730100316j:plain

 

雨の週末

雨の最後の大雨とか、夜も降っていました。地面がジクジク、水分吸い過ぎ。裏へ行く通路のレンガが、土汚れと苔が付いたりして汚れているので、一つずつ洗って汚れをそぎ落としたりしています。家周りは、やろうと思うと、やることが次々沢山ありますね。雨には飽き飽きしているこの頃です。うっとうしい日々、爽やかな朝顔のパッチはどうでしょう。

 

 

f:id:kameKiKu:20200725110109j:plain

 

 

楽死のニュースから、死は誰のものかということが問われてきますね。安楽死を承認している国は何か国かあるようです。スイスが有名ですが、日本人が行って安楽死をするドキュメント番組を1年くらい前でしょうか、見たことがあります。見た方もきっといらっしゃるでしょう。本人自身が、点滴に入れられている致死薬の、体内に入れるスイッチを押す、というものでした。

 

(木立ベゴニア)

f:id:kameKiKu:20200725110141j:plain



屋に1人残されてベッドに寝ている、そしてスイツチを押す瞬間のことを思うと、揺らがない決意、長い間考えた末の結論で到達したということが分かります。この本人の判断をとやかく言うことは出来ないと思います。

 

 

f:id:kameKiKu:20200725110211j:plain

 

して今回のニュースによる1人の女性の死。法律に違反ということを除いて、やはり日本人も、もう少しこういうことを考えることは必要だと思いますね。そこまでいかなくても、私自身は延命治療はして欲しくないと、今は思っています。実際にそういう日が来た時には、その思いがどうなっているのかは分かりませんが。シニアの私達は、やはり夫婦の間で、常日頃から何気ない話の中に、どのようにしたいかということを話題にしておくのも必要かも。

 

f:id:kameKiKu:20200725112456j:plain

 

 

ういった様々なことを思うと、90才や100才の長寿の方々には敬意を持ちますね。紆余曲折もあったでしょうが、そこまで元気で過ごせてきた、または病にあっても生きられているということ、すごいことです。そういう思いは、年を取るに従ってより強く思いますね。毎日年を重ねるという未知の世界へ一歩ずつ踏み出している私達、ひとりひとり違う明日が来ます。

 

(ツダンホンシン)

f:id:kameKiKu:20200725112530j:plain

 

る病気が増えていけば、より生きやすくなりますね。私の膝痛も、早くIPS細胞を使って、軟骨組織を復活させる治療が普通になってくれたらなぁ・・・と思ったりします(笑)。今はただただ我慢している日々ですから・・・。難しい病気も、医学の進歩に期待するしかないですね。

 

(ミセバヤ)

f:id:kameKiKu:20200725113622j:plain