kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

朝顔とミニトマト

が家の庭は、今夏枯れです。頑張っているのは朝顔ミニトマト朝顔は前回書いたように、いつ見れるのだろうと思っていたのだけれど、一つだけ咲いているところを見ることが出来ましたよ。良かった(笑)。けれど、早起きをして見ようと思わない私は横着ですね(笑)。早起きはなかなかね・・・。

 

(朝顔)

f:id:kameKiKu:20180713205001j:plain

(しぼんだ朝顔)

f:id:kameKiKu:20180713205058j:plain

 

ニトマトもそろそろ収穫出来始めた。品種を選んで買ってないので、まぁまぁのミニトマト。フルーツっぽい甘いトマトもあるようだけれど、私はトマトには甘さは求めてない・・気がする。好みでしょうけれど(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20180713205154j:plain

(細長いタイプと丸いのと2種類)

f:id:kameKiKu:20180713205232j:plain

 

年以上くらい前になるけれど、JICAの仕事で中国に行っていた人の話では、中国のトマトはトマト臭いし、人参は人参臭いのだという。そういえば子供の頃のトマトは、葉っぱを触っただけでトマトの何とも言えない臭いがしたものだった。人参も子供がキライな野菜の代表のようだったのも、ヤッパリ人参臭かったからだと思う。

 

(フェンネルフラワー  シルバーリーフが優しい)

f:id:kameKiKu:20180713205337j:plain

 

の日本のトマも人参も全く臭さがない。トマトに関しては、トマト臭さが私は懐かしいし、それがトマトつていう感じに思えるのだけど・・・。ひょっとしたらピーマンとかもみんな臭さがなくなっているのかもしれない。食べやすくなったのかもしれないけれど・・・。。。。

 

 

f:id:kameKiKu:20180713205400j:plain

 

流だった裏の川も、すぐにいつもの穏やかな川に変貌して、安心させてくれた。何にしろ、気候が変貌しているのは事実だ。過去の事例は当てはまらなくなっている。今日も朝、小さい震度1地震があった。地震速報など見ていると、毎日小さいものは日本のどこかで起きている感じだ。お互いに災害から身を守ろう。

いつ見れるんだろう・・・朝顔

朝顔、六代目宇宙朝顔を今年は沢山プランターに植えてみた。去年は小さな素焼き鉢に四つくらい苗を植えたのだったけれど、種取りをして沢山苗が出来た。裏庭にプランター二つ、表側玄関の所に二つ置いてみた。

 

(朝顔 しぼみかけ)

f:id:kameKiKu:20180711135529j:plain

 

裏庭の方は、朝日が早くから当たるせいか、もう咲いている。今の所朝毎に二つか三つずつ咲いているようだ。「ようだ」と言うのは、咲いているところをまだ私は見ていないから(笑)。何故って私はそんなに早起きではないんです。七時ごろ雨戸を開けて見に行くと、カンカン照っているお日様の下で、もう半分しぼんでいる花を目にするだけなのです(>_<)。いつかは見れるかなぁ・・・。早起きは苦手なので・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20180711142054j:plain

(裏庭の朝顔)

f:id:kameKiKu:20180711135754j:plain

 

表側は庇の下になったので、午後の光しか当たらないせいか、まだ蕾もちっちゃくしか見えない。置き場所で成長の違いが分かりますね。なにしろお日様は一番大事。ところで、朝顔と言えば夏の季語かと思いきや、秋の季語。何だか季語にズレがあるような・・・(笑)。

 

(表側の朝顔)

f:id:kameKiKu:20180711143716j:plain

 

庇と言えば裏のテラスの下に引き込んだマダムアルフレッド キャリェールは、ほとんど黒点病にならないのです。なので葉っぱが沢山ついている。雨に当たらないせいだろうか・・・。表に置いている大事にしていたグラス アン デプリッツモナリザ、地植えのノスタルジア、メアリーローズなども哀れなほど葉っぱをなくしてしまったのだけれど。。。雨が空気中から菌を運んでくるのだろうか。

 

(庇の下のマダムアルフレッドキャリェール)

f:id:kameKiKu:20180711141700j:plain

 

湿気の多い雨続きの日々から、今度は暑い高温続きにと、バラにとっては過酷な日々。毎日ゾウムシやダンゴムシを捕獲しているこの頃。新しい蕾が出ると、そこに取りついて蕾をダメにしている。ダンゴムシは落ち葉を食べたりして、土壌を改良してくれる虫で、害虫ではないというけれど、花も食べたりすることもあるようで、やっぱり庭にはお邪魔虫だ。

 

(フランネルフラワー  シルバーリーフが綺麗)

f:id:kameKiKu:20180711143430j:plain

 

小さい頃は、ダンゴムシはちょっとつついたりすると丸まったりするので、そんな遊びもしていたような気がするけれど・・・。庭では色々な虫が出没しているようです。

 

(今日も開いたパローレ  色は一番花より薄い)

f:id:kameKiKu:20180711143917j:plain

(木立ベゴニア )

f:id:kameKiKu:20180711144057j:plain

 

やはり容易くなかったナス育て

っと上がった長雨・・・。当地ではいつもの日常が気持ちの上で戻って来た。平凡な面白くもなんともない毎日が、実は一番安心の日常ということなんだと思う。朝、ようやく庭を一回りした(いやいや小さい庭ですけどね(笑))。額紫陽花も沢山きれいに咲いてくれたけれど、そろそろ剪定をせねば。今日は剪定をしよう!紫陽花は切った枝を、何故か挿し木にしたくなり土に挿しておいた。

 

(なでしこ)

f:id:kameKiKu:20180708161239j:plain

(今年沢山咲いてくれた額紫陽花)

f:id:kameKiKu:20180708161202j:plain

 

 

庭では、鉢に植えて作っていたたった一株のおナスに異変が・・・。数日前までは葉っぱをピーンと張って、何一つ問題なく花を付け実をぶら下げていたのに、今朝見たら葉っぱが力なくダラーンと萎れるように下がっている。

 

 

f:id:kameKiKu:20180708130427j:plain

 

これは大変、事件だとばかり、何でも解決してくれるスマホで調べてみると、どうやら青枯れ病みたいだ。これは治しようがないらしい。スクスク育って実も穫れていい調子と、ちょっぴり浮かれていたのに、やはり野菜作りの道は遠い・・・・ウームゥ腕組みをして考える私(笑)。簡単には出来ないものだと、おナスの元気のないダラーリ葉っぱを見て思った。。。。

 

f:id:kameKiKu:20180708130459j:plain

 

水気がないとダメなので、乾かないように気を付けていたのだけれど、長雨が病気を運んだんだろうか、そうとしか思えないけれど・・・・。収量は13個くらいで終わりになるのかなぁ・・・。まだ夏本番もきていないうちに終了とは、何て早終いなの! ちょっとガッカリ。トマトにも移っては大変と、鉢の場所を移動した。しばらく様子を見て見よう。

 

 

ニトマトは今のところ元気に育っている。三株とも大きくなり、青い実を沢山実らせている。もうすぐ赤くなった実が沢山収穫出来そう。楽しみにしよう。

  

f:id:kameKiKu:20180708130814j:plain

 

 

ノウゼンカズラは元気。

 

f:id:kameKiKu:20180708130625j:plain

f:id:kameKiKu:20180708130544j:plain

 

大雨続く・・・青空が見たい

雨で、ここ2、3日家に缶詰の毎日。京都ばかりではなく、西日本の広範囲に渡っている長雨、局地的な線状降雨。予報図からなかなか動かない雨雲。地震の後は大雨と自然災害に襲われる日本列島。警報が出ていた日、さすがにコーラスの練習も中止となった。初めてのことだ。各地の被害も出来るだけ少ないことを祈ります。

 

(パローレ二番花) 

f:id:kameKiKu:20180707130357j:plain

 

の裏は川なので、大雨は視界の状況から感じることが出来る。普段は静かに川底が見えるような小さい川で、川幅の1/3くらいの水が流れているだけの、眺めも良く借景として楽しめる川なのだけれど、大雨になると濁流が凄い勢いで流れて来る川に変貌する。あちこちで川に落ちたりして命を落とす人がいるけれど、あの勢いの中に落ちたら、助からないような川の様相になる。今朝は水量もかなり減って水の色の濁りも減って来た。

 

 

(雨に打たれ続けていたパローレ)

f:id:kameKiKu:20180707130428j:plain

 

月橋の所はいつも大変になる。2013年にも大雨になり橋桁の上までその時は水が溢れた。景観のこともあり、橋桁を上げることは出来ず、川底を掘り下げたとかきいたど・・・。今回の大雨でも上までは来ていなかったので、その効果はあったのだろうと思ってテレビを見ていた。いやぁー早く止んで欲しい雨。そろそろ青空が見たい・・・誰もがそう思っているはず。

 

(粉粧楼)

f:id:kameKiKu:20180707130453j:plain

 

んな大雨の中なのに、パローレが蕾を5つ位つけていたのが開いていて、ちょっと驚いた朝だった。二番花を咲かせてくれたのだけれど、大雨に打たれながらよくぞ咲いたと・・・早速玄関の庇の下に移動させてやった。パローレは香りもとても良く、鬱陶しい警報続きの毎日に、ちょっと心を明るくしてくれる開花だった。

 

f:id:kameKiKu:20180707130527j:plain

 

パローレはバラ講習会に参加して配られたものだけれど、なかなかシッカリした苗木だったので、枝が太く5個くらい蕾をつけても全部きれいに咲いたものだった。苗木は3年以上は経っているガッチリ苗木、やはり我が家の他のバラ達も、シッカリした木に育てなきゃダメだなと思った。

 

(キンシバイの実)

f:id:kameKiKu:20180707130558j:plain

 

粧楼も二番花が咲いていた。これは可憐な小さい薄いピンクの花。粉粧楼は虫もあまり来なかったのか、葉っぱが何とか無事についている。他のグラスアンデプリッツなどハラハラ葉っぱが落ちてしまって枝だけになっていたりする悲惨な状態になっていた。今は復活しつつありますけど・・・。

 

ニュードーンは、照り葉を虫には食われているけれど、しっかり沢山の葉をつけたままだ。光合成をする葉っぱはとても大事。そういう意味ではニュードーンは優れもの、強健、耐病性有りの育てやすい品種だ。トゲは沢山あるけれど・・・。

 

 

(ノウゼンカズラのトンネル?)

f:id:kameKiKu:20180707130730j:plain

 

の長雨続きの朝に見つけたもう一つは、マンゴーの芽が出ていたこと。読者になっているブロガーさんの記事に、マンゴーの発芽のことが載っていたので、早速真似をして、鉢に食べ終わったマンゴーの種を埋めて置いた。

 

ちょうど埋めてから2週間目くらいに当たる。冬越しがどうなるか分からないけれど、発芽まではこぎつけた。実がなって食べるようになるなんて甘いことは、考えたりしていませんよ(笑)。熱帯地方の植物ですものね。でも葉っぱだけでもどんなのか楽しめたらいいな。

 

(アップルマンゴーの発芽)

f:id:kameKiKu:20180707130631j:plain

 

アボカドも2年目、スクスク育っている

 

f:id:kameKiKu:20180707141804j:plain

に籠っていたので、梅ジャムとか作ってみた。美味しい・・・。

 

f:id:kameKiKu:20180707130105j:plain

今週は雨続き・・・

サッカーワールドカップの日本チームの試合は終わった。お疲れ様。よく頑張ったと拍手、拍手。。。ワクワクハラハラさしてくれてありがとう! 厚い世界の壁をこじ開けるのも、あと少しじゃないかな。選手たちは、勝ったり負けたりの涙を流すのも、誰もが出来ることじゃない得難い幸福な人生だと思う。

 

(ロココ ゾウムシにやられやっと咲いた一つ)

f:id:kameKiKu:20180704185104j:plain

f:id:kameKiKu:20180704185143j:plain

 

 

何しろ強豪国は体格が大人と子供のように違う。対戦はしていないが、フランスチームなど大きな黒人選手ばかりだったのには驚いた。それだけ移民が多いということなのかもしれない。ベルギー戦は、寝室のテレビをつけて、見た時には0ー0だったのに、次に見た時は、敗戦のインタビューだった私、あまり熱心なサポーターとは言えないけれど(笑)。

 

 (ノウゼンカズラ この花は洗面所やトイレの窓辺に這わせているので、家の中から花を見ると、私はなんだか癒される。)

f:id:kameKiKu:20180704190429j:plain

 

それでも昔に比べたら随分日本人も背が伸びた。遺伝子だけでなく、昔より栄養面が良くなったからだろうか。うちの息子たちも、親はそこそこだけれど180くらいはある。野球の大谷選手のように、あちらでも見劣りしない日本人も出てきているし、頼もしい。

 

(アガパンサス  雨に打たれている) 

f:id:kameKiKu:20180704185529j:plain

 

人種的な特徴も体格には表れるから、ワールドカップやオリンビックのような世界中のスポーツマンが集まると、そういうのはハッキリする。東洋人は骨格の作りが大きくないから、その分、技や技術を磨かねばならないことになる。まだ優勝戦までワールドカップは続くけれど・・・白熱する世界のトップの試合を見よう。

 

(土手の群れ咲くヤブカンゾウ

f:id:kameKiKu:20180704185459j:plain

 

試合の映像を見ながら、あんなにグラウンドの中を走り回れる選手達の足が羨ましい私。膝痛持ちで走ったり出来ない私には、走ったり飛んだりできる人たちが羨ましい。今してみたいこと、思いっきり走ってみたい・・・なぁんてね(笑)。サッカーをちょっと違う角度からも見ていたりして・・・(笑) 。

 

(3鉢あった木立ベゴニアが冬越しに失敗してこれ一つになった)

f:id:kameKiKu:20180704185718j:plain

 

次は2022年カタール大会。

かぼちゃのコリンキー  夏のキッチン

顔のかぼちゃです。私は初めて見た、新しい品種のかぼちゃのコリンキー。野菜売りに来るオバサンが持って来たのだ。食べ物についてはかなり保守的、食べたことのないもの、ゲテもの、新顔の物には手が伸びない私だけれど、皮ごとサラダにして食べるというお薦めの話に乗り、買ってみた。

 

(ノウゼンカズラが咲くと夏を感じる)

f:id:kameKiKu:20180702164310j:plain

 

なるほど包丁を入れると柔らかい果肉なので、サラダもうなずける。やれやれお薦め通りに買って良かった、これなら食べられると一安心(笑)。早速「カンタン酢」に野菜を漬け込むマリネを作った。手元にある野菜、キウリ、玉ねぎ、そしてこのコリンキーの1/4をスライスして。朝作り、お昼に食べたら美味しかった。

 

(土手の夏 )

f:id:kameKiKu:20180702164855j:plain

 

近は「カンタン酢」でマリネを常備菜に作り置きしておくことが多い。何かとサラダに重宝する。昨年までは自分で調合して甘酢を作っていたのだけれど、今では便利な「カンタン酢」。他のメーカーでは「べんり酢」と言って売っている物もあるから面白い。

 

 

f:id:kameKiKu:20180702164345j:plain

 

ついでにもう1/4で、ローズマリーを入れて酢と砂糖とニンニクのおろしたもの少々入れてピクルスを作った。何でもいけそうなコリンキーかぼちゃ。炒めたりもできそうだ。

 

f:id:kameKiKu:20180702165559j:plain

 

の季節の今、もう何十年も梅酒は作っていない。昨年末水漏れ修理の際、床下収納庫から、古酒の梅酒が出て来たのだけれど、またそのまま床下にしまってしまったのかもしれない。。。。梅酒はあまり飲まなくなった。

 

(梅  青梅じゃなくこの梅を買ってしまった ) 

f:id:kameKiKu:20180702165624j:plain

 

今年は梅シロップでも作ってみようと思い、久しぶりに梅を一袋買って来た。そしてハチミツに浸けてしばらくおくだけ、簡単簡単な梅シロップ作りをした。レモンバームのシロップといい、梅シロップといい、そんな甘いジュースばっかり飲んでどうすんねん、と言われそうだけれど、マァ暑い夏の手作り清涼飲料、一日一杯くらいはいいんじゃないかしら(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20180702164421j:plain

 

 

株植えたオクラが急にグーンと成長した。連休前に植えたので、二ヶ月ばかりは植えた時とあまり変わらず、毎日穴があくほど見つめてやっていたけれど、ちっとも変化がなかった。それが昨日あたり見たらググーンと大きく丈も伸び、花も咲かせ、実も小さいけれど成っていた。実が上を向いているけれど、オクラって収穫まで上を向いているのかな~初めてプランターに二株植えて、オクラを観察中(笑)。いったい二株で何本収穫できるんだろう( ^ω^)・・・楽しみ。ままごとのような野菜作り(笑)。

 

(オクラの花)

f:id:kameKiKu:20180702164736j:plain

f:id:kameKiKu:20180702164758j:plain

 

 我が家のキウイも実を付けている。今年はどれだけ穫れるだろう。

 

f:id:kameKiKu:20180702165703j:plain

 

もう七月

ーもう七月、何て早いんだろう、時間の経つのが・・・。まだ梅雨明けはしていない近畿地方。関東はもう明けたようだけれど。。。雨が降るにもスコールのように短時間バッと降る。本当に気候は変わってきているのだと感じる。

 

(夏の土手  ヤブカンゾウ)

f:id:kameKiKu:20180701133027j:plain

 

f:id:kameKiKu:20180701133103j:plain

f:id:kameKiKu:20180701135221j:plain

 

竜巻なんて日本で起こるものだとは思っていなかった。つい最近も米原であったように、日本でも時々起こるようになった。竜巻の凄い威力には、なすすべもない。竜巻、地震、土砂崩れ、洪水・・・いつどこで起こるか分からない災害は止むことがないのが現実だ・・・。さっきも小さい地震を感じた。。。

 

(アガパンサス  二鉢あったのだけれど、一鉢はこの間の地震で転げ落ちて蕾が折れた。アガパンサスのブルーはとてもいい色)

f:id:kameKiKu:20180701133148j:plain

 

 

が家の庭では、無農薬栽培のバラ達が悲惨な状態になっている。十日ばかりの五月末からの留守がたたり、葉を落としてしまったり、ゾウムシにやられたり、一番花の後が哀れな状態になってしまった。本当に植物は正直、世話が出来ないと如実に表れる。まぁ、そんな中でもパローレが二番花を咲かせようと蕾が出来ているけれど。我が家に来たからには、バラ達に言い聞かせよう、こんな環境に慣れて、強く丈夫になるようにと(笑)。

 

(ムラサキカタバミ)

f:id:kameKiKu:20180701133226j:plain

 

替えをしなければ・・・と思っていた、大きく育って来たポトスや君子蘭などの土替えがやっとできた。ポトスは、冬に茎を切り水に浸けて根を出さして、挿し木をして増やしたりしている。植物を自分の手で増やしたりするのも楽しみの一つ。

 

(ポトス  もっともっと大きくしたい)

f:id:kameKiKu:20180701133257j:plain

 

レモンバームがあちこちに生えて来る庭。葉っぱを取って、昨日はレモンバームのシロップを作ってみた。出来上がり、飲んでみたらなかなか美味しい。レモンバームにアップルミントも少し入れたのだけれど、レモンバームの香りに溶け込み爽やかだ。この夏は暑い夏をこのシロップで乗り切ろう(笑)。

 

(レモンバーム)

f:id:kameKiKu:20180701133322j:plain

(レモンバームのシロップ)

f:id:kameKiKu:20180701133554j:plain