kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

日常始動

○○とか、様々な初、今年も始動しています。コーラスの新年会も終わりました。60名くらいの集団になると、披露宴会場かホテルくらいしか新年会をやるところがなくなるのです。今年はリバーサイドイースト京都鴨川迎賓館という、大層な名前の場所でありました。まぁこうして新年会に集えるのも、健康であればこそなので、それは喜びですね。

 

(セロジネ  強い香りがしたはずですが、最近は咲いても香りがないみたいな・・・)

f:id:kameKiKu:20190111200447j:plain

 

は冬枯れで、ついこの間まではチェリーセージが頑張っていましたが、それもちょっと元気がなくなっています。ビオラと野菜の鉢植えの庭です(笑)。

 

(ビオラ)

f:id:kameKiKu:20190111200557j:plain

 

が家のブロッコリーはまだまだのようですが、よく買って食べています。いつも花の部分しか食べていなくて、軸の部分は捨てていのですが、友達が軸が美味しいのよ、とか、もったいないとか、言うのです。長年捨てていた軸の部分を、そのせいで最近は軸も食べるように私もなったのでした。

 

 

f:id:kameKiKu:20190111200610j:plain

 

 

は細く切って、人参などと一緒にキンピラのようにしたり、炒めたりするくらいしか私には浮かばなくて、そうしています。なんの癖もないので、どう調理しても大丈夫そうです。普通に食べれるもの、特に美味しいということもありませんけど(笑)。ブロッコリーを使うと、軸料理も次の日あたりにしたりして、でも食べる頻度が高いと、何だか飽きてきたりして・・・(笑)。しかし、食材を無駄にしないのはいいことではありますね。料理上手な人からみたら、私はいっぱいもったいないことをしてるかもしれないです。

 

(日本水仙)

f:id:kameKiKu:20190111200719j:plain

 

 

働きの若い人達の話を聞くと、男とか女で仕事分け、もちろん家事についても男女で仕事分けするのは、どうやら禁句のようです。男女同等、それが本当にハッキリしています。男でも土日はご飯作りをしたりしているようです。時代も変わりますね。古い専業主婦の私も考えを改めさせられます。料理は女の仕事という時代ではなくなります。けれども、我が家では旧態依然の私が料理専従ですけれどね(笑)。。。

 

(ブロッコリー)

f:id:kameKiKu:20190111200626j:plain

 

分の給料だけで家を支えていた大黒柱一本の時代ではなく、共働きとなると、二本大黒柱。そうなると、男の方も仕事の他に家事に育児に頑張らねばならず、大忙しになりますね(笑)。そういう時代ですね。そういえば、家事に割く時間が極端に少ないのが、日本の男性という統計が以前あったような記憶があります。

 

(芽キャベツ   少し大きくなりました)

f:id:kameKiKu:20190111200642j:plain

 

ロッコリーの軸から話が広がりました。早く出来ないかなぁ・・・ブロッコリー芽キャベツ。自家製となると一段と美味しいかも(笑)。

 

賑やかに新年が始まる

人の息子家族が帰省し、孫達で大賑やかな新年でした。お天気も穏やかで暖かいお正月。それぞれの孫達は成長していますが、性格がなるほどお互いの家のDNAを引き継いでいるのが、まるわかりです。本当にDNAというのは凄いもので、本来持っている気質が如実です(笑)。

 

(室内で咲いているシンピジューム)

f:id:kameKiKu:20190104223013j:plain

 

年中学受験をする孫娘と、高校受験をする孫娘がいるので、今年は北野神社に是非ともお参りに行かなくては、というので北野天神さんに初詣に行きました。

 

天満宮は以前お正月にも行った事がありましたが、今年のような行列をするようなお参りにはビックリしました。入り口から誘導のスピーカーをもった警備員のような人が、マイクで「左側にお進みください」とか神社に相応しくない大音響で叫んでいるのです。そして並ぶと、少しずつしか前に進みません。参拝の本殿の前にたどり着くまでに三十分くらいはかかりました。月に一度25日に開かれる天神市も有名な北野天満宮。その時も賑やかだけれど、やはり新年は特別に大混雑でした。

 

(デンドロビューム)

f:id:kameKiKu:20190104223153j:plain

 

北野天満宮は、昨年の台風21号で大変な被害を受けました。あの台風は異常に強い風でしたが、多くの神社の古木も倒れるような有様でしたが、この北野天満宮でも、本殿からの回廊の檜皮葺きの屋根が吹き飛ばされ、まだ補修にも至らず、つぎ当てのように、応急手当が回廊の屋根に何か所も貼りつけてありました。台風21号の影響は、アチコチで、未だに立木が倒れたままになっていたりするのが見受けられます。

 

(ピンクのデンドロビューム)

f:id:kameKiKu:20190104223216j:plain

 

内にある牛さんの頭をなでて、ご利益を得るよう、孫娘たちは何回もさすっていました。しかし、おみくじを引いたら、何ということでしょう、引いた10人のうち4人が凶を引いてしまいました。私は吉でしたが、新年のおみくじにこんなことってあるのでしょうか・・・新年なのでもう少し凶を少なくしておいてくれたらいいのに・・・と思ったり。

 

(梅が咲いている 凶を結びつける)

f:id:kameKiKu:20190104223107j:plain

 

かしまぁ、そこまで信心深い私でもなく、頭にもさほど残りませんが、他の人達はどんな気持ちでしたでしょうか・・・。受験の孫娘も凶が1人出ていました。凶は身を引き締めよということらしいですから、今年1年慎重にと思えばいいですね。そのおみくじは結びつけて神社を後にしました。

 

(牛をなでる)

f:id:kameKiKu:20190104223244j:plain

 

いでに新年の二条城にも足を運びました。世界遺産の二条城は、日本の歴史を習っている孫娘のいい勉強(笑)。けれども二の丸御殿は閉鎖されていて、本丸庭園などだけしか見れなかったのですが、それでも沢山の人が来ていました。こちらもやはり桜や新緑、モミジの季節は大混雑する所ですね。冬はさすがに松が茂っているだけで、華やかさのない冬の庭という具合です。

 

(修復され創建当時の豪華絢爛な唐門)

f:id:kameKiKu:20190104223316j:plain

 

年の我が家は満杯状態で、バタバタしているので、こんな日なのに、私はカメラを忘れて行ってしまいました。他に色々気を回すところが多いんですよね、とまぁ言い訳になりますが、せっかくなのにスマホでちょっとしか写せませんでした。

 

(唐門の天井部分下から見上げて)

f:id:kameKiKu:20190104223502j:plain

 

ぁそんなこんなの新年でしたが、賑やかな孫達が来ると、笑うことも多くなりいつもの静かな我が家は様変わりします。やはり若い者からはパワーがもらえますね。。幼児や低学年ではなくなってきたので、少し私の疲れも減りました。孫はともかく、息子やお嫁さんの顔も半年に一度くらいしか見ないので、見て安心というわけです。

 

(二の丸御殿  この中に入ると、徳川慶喜大政奉還をした大広間などを見ることが出来る)

f:id:kameKiKu:20190104223344j:plain

 

 

達の中でも孫持ちは今の所私だけ。3姉妹のうちでも私だけという、今の時代を表している状況。うーん少子化は相当深刻なところにきているのは確かみたいです。それはともかく、今年も穏やかな良き年であってほしいものです。今年も何だか忙しそうな気配・・・。健康をキープしたいです。

 

最強寒波

強寒波の到来。ニュースでは北国は大変な量の雪が降っています。老人家庭だと雪かきはどうするのでしょうと、よそ事ながら心配になりますね。若い人でも大変な力仕事なのに・・・。今朝は朝起きると薄っすら白い世界。一センチくらいなので、すぐ溶けますけれど寒いので、こうなると暖かいタイが懐かしい(笑)。人間勝手な生き物です。私は暑い方がいいかなぁ・・・。

 

(初雪)

f:id:kameKiKu:20181229112508j:plain

 

都に雪が降ると、金閣寺の映像が必ずニュースに出ますね。金色と白のコントラストが綺麗なんでしょうね。天候だけは文明が進んでも、人工的に変えることはなかなか出来ないようですよね。自然に逆らうことは出来ません。今年は西日本は暖冬と言っていましたけれど・・・雪も降るんでしょうか。ノーマルタイヤの我が家、降って欲しくないです(笑)。

 

(ビオラにも雪) 

f:id:kameKiKu:20181229112527j:plain

 

AI時代の到来で、これからはますます人工知能が活躍利用される時代に突き進んでいくのでしょうね。家事にも活躍する時代がもう来ていますね、我が家ではルンバが2012年以来活躍しています。足や腰に持病があると、中腰で掃除機をかけまわるのは、けっこうしんどい作業になりますから。ルンバで週一度掃除をし、その他の日はフローリングの床やカーペット敷きのリビングやダイニングは、箒で掃き掃除している私です。

 

(枇杷の花が咲いた)

f:id:kameKiKu:20181229112556j:plain

 

ンバを活躍させるには、床に物を沢山置いてある所は不向きですね。食卓テーブルの椅子も2脚くらいは掃除体制、テーブルに椅子を上げて足元を通りやすくしておきます。数年前買い替えたソファーは、すでにルンバのことも勘案して造られていて、ちゃんとソファーの下にもルンバがもぐって掃除出来るようになっています。まぁこれには感心しましたけれど。

 

(日本水仙が咲きました、いい香りです)

f:id:kameKiKu:20181229112747j:plain

 

ンバ本体のゴミを溜めるスペースも小スペースなので、一回ごとに溜まったゴミを捨てたりフィルターを掃除したりしますけれど、我が家のように二人暮らしで、あまり散らからない場合には重宝します。掃除し終わると、自分で充電ベースに帰っていくのが凄いですよね。今やルンバがないと超不便になる我が家です。

 

(夏越しシクラメン、蕾は沢山ありますが、なかなか上がってきません)

f:id:kameKiKu:20181229112805j:plain

 

岐にわたる家事が、ロボットの導入で、もっと快適な暮らしになったら・・・。子供の頃の漫画で見た未来都市のようなものが、現実になってきていると思うとホントに凄いと思います。古くはペットのアイボロボットから、今ではオッケーグーグルの一声でテレビを点けて電気を消してとか様々の要求に応えてくれるものも宣伝されていますし、それらがあるのが当たり前の生活になるのかもしれませんね。

 

 

雪の雪国でも、何とか人力ではなく、ロボットの力で雪道が開けたり、家の玄関前の道に雪が無くなる、というふうになればいいのになぁと、そんなことまで考えたりする私でした(笑)。

 

(昼の月 寒いけれど晴れています)

f:id:kameKiKu:20181229112654j:plain

 

てさて平成最後の年末も過ぎようとしています。膝痛も、ようやく元のように復活してきましたし、今年も盛り沢山な出来事を無事何とかこなせました。拙いこのブログを訪問して下さる方々にもお礼申しあげます。どうぞ皆さま良いお年をお迎えください。

歌い納め・・・そして膝痛

日歌い納めをしました。新年まで練習はありません。今年も歌では演奏旅行、春には横浜に行ったり、また秋にはイタリアに行ったり、充実した活動ができました。お腹から声を出すということで、歌うということは、私の健康にも大いに貢献していると思います。

 

(黄色のシンピが咲きました)

f:id:kameKiKu:20181222200028j:plain

 

も楽しいことの後には苦が待っていました。イタリアで悪化した膝痛には、手こずりました。。。整骨院通いの日々、やっと昨日今日になってまぁまぁ良くなってきたと思えるようになってきたところです。老化は足からといいますけれど、本当です。もっと若い時に色々考えて鍛えたら良かったと、今更ながらの後悔・・・。

 

かし、若い時は年とった時のことなんて、微塵も考えませんものねぇ。歌も足でしっかり体を支えないとダメですし、膝痛あるのは少しマイナスな感じになります。

 

(デンドロビューム 白い花が全部咲くときれい)

f:id:kameKiKu:20181222200151j:plain

 

痛が遺伝するのかどうかは知りませんが、母もやっぱり膝痛に悩まされていました。ホルモンバランスの変化により、女性の方が膝痛になる率は高いのでしょうか・・・。

治すには、人工関節手術をするしかないのですが、怖がりの私は踏み切れません。周りからは、手術をしたらと言われるのですけど・・・。

 

(室内に取り込み保温に気をつけてやったら、夏にはピンクの花だったのに白い花を咲かせている木立ベゴニア)

f:id:kameKiKu:20181222200234j:plain

 

ニアの暮らしに一番必要なものは、1に健康、2にお金、3に仲間や友人だそうです。確かにその通りですね。

 

(チューリップの芽)

f:id:kameKiKu:20181222200334j:plain

 

は変わりますが、フィギィアスケートの高橋大輔君がまた試合に戻って来たのは、凄いことですね。4年もブランクがあったのに・・・。彼がリンクに出てきて踊り出すと、表現力がすごくあるので、引き込まれますね。もう十分スケートはやったと引退してみたものの、他のことに携わっていた4年間には、試合で得られるような充実感が得られなかったのではと、私の勝手な推測。練習は大変でしょうが、何かに打ち込む姿は素敵ですよね。

 

れにしても、スケートのあのジャンプ、膝に衝撃凄いだろうなと、つい思ってしまいます。若いので、十分な軟骨があるとは思いますが・・・(笑)。何度も何度もの毎日の練習、大変そう。

 

(小菊)

f:id:kameKiKu:20181222201549j:plain

化は足から。足、膝はいずれにしても大切に、長く使えるようにしたいものです。私は手遅れですけれど・・・。もっと違う話が書けたらよかったんですけれど、今は頭の中が膝痛でいっぱいの私(笑)。年末年始も来るし、頑張らなくちゃ(笑)。。。。

今年もあと半月

年もあと半月ばかりとなりました。今年はバタバタした年でした。いくつになったら落ち着いて暮らせるんでしょうか(笑)・・・。今年の漢字は「災」となりましたね。うんうん、台風で大変だった㋈。日本全国で豪雨の被害があったりしたし・・・。「災い転じて福となす」ようになってほしいものです。

 

f:id:kameKiKu:20181215104304j:plain

 

の漢字は先日も書きましたが、「海」。海外、タイのバンコクとイタリアに、一年のうち二度も出かけたことからです。家族の漢字はそれぞれ違いますけれどね(笑)。新年に帰省する子供家族からも、今年の漢字を採取してみましょう(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20181215104359j:plain

 

の時期いつも「忠臣蔵」がどこかしらのチャンネルで放送されています。すると、私はつい見てしまいます。筋書も知っていて、何度も子供の頃から分かっている話なのに、いやむしろそれだからこそ安心して見れるのかもしれないのですけれど、何度でも見てしまいます。

 

(ミニ胡蝶蘭、咲くでしょうか なんとか咲くまでいってほしいです)

f:id:kameKiKu:20181215104939j:plain

 

れぞれの映画では、どう描いているのかと思ったり。。。どんな俳優が演じているのかとか、興味があります。重厚な時代劇が見られなくなった今だからよけいでしょうか。まぁしかしこれは封建時代の話ではありますけれど。若い人は全く知らないかもしれないですねぇ。だいぶ前ですが、赤穂市の大石神社に行った事もあります。大石内蔵助はじめ四十七士が祀られている神社です。封建時代の話ですが、自由な今の私達には縁遠い話になったかもですね。

 

 (芽キャベツ 軸にアカチャンが)

f:id:kameKiKu:20181215104504j:plain

 

菜育ての初心者マークの私、先日もアップした芽キャベツに、赤ちゃんが出ているのを見つけました。毎日上からのぞき込んで、まだかなぁ・・・と見つめていたんですが、知り合いがのぞき込んでいる私を見て、芽キャベツは茎の軸の横に出来るんですよ、と教えてくれました。毎日のぞき込んでいたところではなかったんですね、芽キャベツの出来るところ。可笑しくなっちゃいました(笑)。

 

(芽キャベツ)

f:id:kameKiKu:20181215104620j:plain

 

を取り直して軸の横をみると、ありました、ありました、何と沢山付いています。収穫まで無事こぎつけられるのか心配ですが、楽しみです。シチューに入れようともうメニューは決めていますけれど(笑)。こんな鉢植えでも育ってくれて、嬉しいです。

 

ブロッコリーはまだのようです。上からのぞき込んでいますが、これは上から見ていいんでしょうね(笑)。。。

 

(ブロッコリー)

f:id:kameKiKu:20181215104636j:plain

 

麗な花を見せてくれていたランタナ、これは地植えでは厳寒期には枯れてしまいます。十月頃茎を切り、水挿ししていたところ、今日見たら白い根がモシャモシャと出ていました。嬉しくなった私は、さらに増やそうと庭からまたまた茎を切り取ってきました。今度は前回より少し長め。さぁ、根を出してくれたら、来年はランタナは買わずにすむでしょうか・・・(笑)。

 (ランタナの水挿し)

f:id:kameKiKu:20181215104654j:plain

 

 

慣れ

やいや、昨日はソフトバンクの電波障害で、私のスマホもやられました。やられましたと言うのも変な言い方ですが、格安スマホ、ワイモバイルに替えてほぼ一年、不都合なことは何もなかったのに・・・とそんなことが頭をよぎりました。

 

(ランタナ  まだ咲いている花達)

f:id:kameKiKu:20181207191734j:plain

 

掛けていて帰りの電車で、いつものごとく駅まで迎えに来てもらう連絡をしようとすると、この環境ではネットには接続されていません、とか、音声のサービスを停止しています、とか文字がでているのです。雨も降っているし、車に乗っても三分の距離ですけれど、いつも迎えに来てもらっているこの頃なので、何とか連絡しようとライン電話をしてみても、通じません。

 

 

f:id:kameKiKu:20181207191748j:plain

 

っぱり格安のスマホは問題ありかなぁ、と思ったり、私は自分のスマホが故障してしまったと思ってしまいました。何しろ今までにこんなことは経験したことがなかったですから。よく見ると、スマホの表示に3Gとあります。あれっおかしいな、4Gのはずだったのにと思いました。

 

(カワラナデシコ)

f:id:kameKiKu:20181207191809j:plain

 

寄り駅に着いたら、家には帰らずワイモバイルの店に行こうと頭の中で考えていました。とにかく家に電話をして迎えに来てもらいたいので、駅の窓口で百円玉を差し出し、スマホが繋がらないので公衆電話をかけたいので、十円玉に替えてもらえますか、とお願いすると、窓口の駅員さんは、ニュースで流れていますよ、電波障害・・・と。

 

f:id:kameKiKu:20181207191945j:plain

 

波障害、自分のスマホが壊れたのではなかったのが分かり、ほっとしました。そして久しぶり、何十年振りかで公衆電話をかけました。やはり公衆電話も必要ですね。イザと言う時、スマホや携帯が繋がらないときの命綱。

 

f:id:kameKiKu:20181207191913j:plain

 

ぐに連絡出来るスマホを持つ生活に慣れている日常では、こうしてスマホが繋がらない状態に遭遇すると、何だか世の中から断絶してしまったような感じになります。慣れというのはすごいものです。連絡先に連絡することがあまりなくても、連絡がすぐ出来るという安心感がありますね。

 

夕方まで3Gが続いていましたが、やがて元の4Gになったので、ほっとしました。