kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

アゲハの幼虫 

っぱり来ましたね、アゲハ蝶が。レモンの苗木を昨年末購入して育てていますけれど、ヒラヒラアゲハが飛んできます。柑橘類に卵を産み付けるようですので、レモンの木を品定めしているようです。

 

 

f:id:kameKiKu:20190912201752j:plain

 

ると十日くらい前に葉っぱの上に黒っぽいもの発見。よく見ると、アゲハの幼虫のようでした。五つくらい散らばってありましたが、「ウーン、どうしよう、この苗木はまだ葉っぱもそう多くはないし・・・これだけの幼虫を育てることは出来ないのでは」と思いました。聞くところによりますと、青虫になった幼虫の食欲は凄いんだそうです。すぐにレモンの木が丸坊主になりそう・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20190912202025j:plain

 

もアゲハになって飛ぶところも見たい、という思いもあり一つだけにして、あとは悪いけどゴメンということにしました。飼育箱に入れて見ていますけれど、うまく育ってくれたらいいんですけれど。子供の時はこんなことしたことなかったです。

 

 

f:id:kameKiKu:20190912201838j:plain

 

植えのレモンの木に、たわわに実がなるのを夢みていますが、冬の寒さに耐えるでしょうか・・・。でも、実のなるものを育てるのは難しいと、メロンで分かったはずなのに・・・またやっちゃってます。。。(笑)

 

 

の他にも我が家の庭のお客さん、トンボさんも遊びにきます。にらめっこ。トンボさんの顔、正面から見ると何だか怖い顔ですね〜。何とかレンジャーという仮面のヒーローみたい(笑)。昆虫の顔ってよくよく見ると怖い顔。

 

f:id:kameKiKu:20190912202113j:plain

 

のバッタがおナスの葉っぱを食べているんでしょうか。穴だらけになっています。

 

f:id:kameKiKu:20190912202246j:plain

 

暑厳しいですけれど、少しずつ植物達にも生気が出てきています。冬に挿し木をしていたランタナ。花も盛りをそろそろ過ぎる百日紅

 

f:id:kameKiKu:20190912202717j:plain

f:id:kameKiKu:20190912202741j:plain

 

百均ウロウロ

々百均に行きます。スーパーの中にある百均の売り場は、大きなスペースを持っています。そして今更ですが、その商品の品ぞろえも凄く多岐に渡ってあります。この間は換気扇のフィルターを買おうと思って行きました。

 

(秋海棠)

f:id:kameKiKu:20190907105701j:plain

f:id:kameKiKu:20190907105456j:plain

 

 

ィルターは見つけて籠に入れました。それから棚を巡ってキョロキョロして歩いていると、トイレの便座に敷くカバーの貼り付けタイプのものがありました。そお、いつも貼り付けタイプの物をかなり前から使っているのですが、もっと何倍かの値段だったと思い出し、二つ籠に入れました。

 

(マリアカラス)

f:id:kameKiKu:20190907105537j:plain

 

際に使ってみたら、いつも使っていたのは、便座の曲線に沿わすため、切れ込みが入っていたのですが、この百均のにはそれはないので、ちょっと沿いにくいので、私がハサミを入れました(笑)。まぁ自分で切ればいいことなので、全然問題ないくらいのものです。消耗品として常にキレイな物を使う方がいいですね。

 

 

(クラウンプリンセスマルガリータ)

f:id:kameKiKu:20190907105952j:plain

 

ラスの保存容器も買う予定のものでした。これも見つけ三点籠にいれました。残ったおかずや、食品を保存するのに、私はプラスチックは余り好まないのです。臭いとかが容器に着くような・・・ガラスだとそんなことはないので、ガラスの蓋つき容器が好きです。

 

(いつになく粉粧楼が沢山咲きました)

f:id:kameKiKu:20190907110015j:plain

 

 

ーそうそう、スリッパも傷んだし使い捨てにいいとこれは250円でしたが籠に入れました。ついでに赤玉土1,5L二袋、油粕の粉の袋450g入り、野菜の土は2,5L一袋などを籠にいれました。いつもコーナンなどで買っているのですが、大袋は重いし運ぶのが・・(笑)。

 

(千日紅)

f:id:kameKiKu:20190907110103j:plain

 

何だかんだと籠に入れ、結局二千円を超えてしまいました(笑)。いけない、いけない、安いと思うとつい手が・・・(笑)。でも、百均という手軽さは捨てがたい・・・まぁ安物買いの銭失い・・・と昔の人は言いましたけれどねぇ・・・。その口かもしれませんけれど(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20190907110819j:plain

 

では夏の草花、ミニトマトなど全部引き抜きました。ミニトマトは蕾も沢山あり実も一時期ほどではありませんが付けていましたが、何故か赤く完全になる前に割れてしまうようになってきました。割れたのは嫌なので・・・。八月の終わり頃長く雨模様だったからでしょうか・・・日照時間が。

 

スはまだ穫れそうです。それとオクラは元気がいいです。四株のオクラから毎日少しずつですが穫れます。私はオクラが好きです。お浸しにしたり、お豆腐に掛けたり、オクラ入りスープにしたり、モチロンお味噌汁などにも、美味しいです。

 

 

f:id:kameKiKu:20190907105344j:plain

 

じそも繁茂しています。青じそはちょっとした薬味などに庭に走り取りに行く、というのが便利ですね。毎年こぼれ種であちこちに生えてきます。青じその穂が出来てきたら、穂を収穫して塩でまぶしてふりかけを作りましょう。

 

 

f:id:kameKiKu:20190907105404j:plain

 

日は豊水梨でジャムを作りました。ついでに久しぶりに二十世紀梨を買って食べてみたら、とても美味しくなっていたのでびっくりしました。私の子供の頃は梨と言えば二十世紀を食べていました。二十世紀は甘みはあまり無かった気がしますが、何十年振りで食べたら、ジューシィーで甘みも上品にあり美味しかったです。

 

 

f:id:kameKiKu:20190907105420j:plain

記憶力・・・アップしたい

、暗譜と戦っています。十月にある私の女声合唱団のコンサートが近いからです。これがなかなかなんです。20曲以上を全て暗譜、ドイツ語の曲、ラテン語の宗教曲、日本人作曲の組曲、ポピュラーー曲などですが、以前はそんなに苦労しなくてもすっと頭に入ったものが、年を追うごとになかなか覚えるのに時間がかかるようになりました。メロディーではないメゾパートなので、より覚えにくいんです(苦しい言い訳(+_+))。

 

(ウィリアムモリス)

f:id:kameKiKu:20190830192959j:plain

 

でもドイツ語はなかなか頭に入りません。楽譜を持てばスラスラ出てくるんですが、暗譜となると、えーとなんだったっけと・・・。しかし、もう本番まであと二ヶ月を切りましたから、スパートかけないといけません。およそは覚えているんですが、覚えにくい箇所は、何週間経っても定着しません(笑)。

 

(パレード)

f:id:kameKiKu:20190830193111j:plain

 

は寝ている間に情報を記憶していくんですって。私も寝ている時に、ドイツ語の歌詞を頭の中で無意識になぞっていくことがありますが、その時途中で躓くと、自分で勝手にdasだったかdirだったかとか適当に当てはめようとすると間違って覚えるので、慌ててドイツ語を頭から振り払い、止めにします。あと少しこの覚え作業は続きます。だんだん完璧に覚えるのが難しくなっています(笑)。

 

(シャルル ド ゴール) 

f:id:kameKiKu:20190831094145j:plain

 

習、地道な反復練習しかありませんね。こうして脳を鍛えていくのも、刺激になっていいかもしれないですけれどね。認知症なども、歌を歌っていると、楽譜など見るわけですから、脳が働いて進みにくいんだそうです。長年歌っている私、いつまでも元気な脳でいたいものです。

 

(グラスアンデプリッツ)

f:id:kameKiKu:20190830194254j:plain

 

うして四苦八苦しながら覚えてステージで歌うと、皆さんに暗譜して歌うのが凄いと喜んでいただけるんですが・・・。やっぱり暗譜で歌わないと、聴いている方の胸に届きませんしね。あと少し頑張りましょう。

 

(粉粧楼)

f:id:kameKiKu:20190830193201j:plain

 

は好きなので、夫の所属する混声にも助っ人として、臨時で春から練習に入っていますが、こちらは楽譜を持つので、そこは安心ですが、コンサートがこちらも十月で、時期的に近いので、こちらは体的にちょっと大変になります。ちょっと私的にはオーバーワーク気味です。楽譜は見ても、曲は覚えて歌わねばなりませんし・・・。

 

(赤胆紅心)

f:id:kameKiKu:20190830193554j:plain

 

んなわけで、今私の頭は暗譜のことでいっぱい(笑)。いっぱいながらもスイミングをしたり、チクチクパッチをしたり、植物の世話をしたりしていますけれど・・・。

 

(プロスペリティ)

f:id:kameKiKu:20190830193614j:plain

 

ラは九月を前にして急に咲き始めました。暑さもましになったからでしょうか。あの猛暑が過ぎたら、雨のシーズンに入ったのかと思うような雨の毎日。九州では大変な被害も出ていますね。局所的な豪雨には本当に防ぎようがありませんねぇ。来週もどうやら、お天気はぱっとしないようです。バラの鉢を、雨になると庇下に取り入れたり、忙しいお天気です。

 

(フレグランス オールド パープル)

f:id:kameKiKu:20190830195702j:plain

 

物と植物の間に蜘蛛の巣をはっていたので写してみましたが、本当に精巧な蜘蛛の糸の張り方に驚かされますね。物差しで測ったみたい、計算したレース編みみたい。

 

 

f:id:kameKiKu:20190830193650j:plain

 

れはオクラの所にいた虫さん。何でしょう。蝶になるのかしら?カメラを持てば虫さんも怖くなく写せます(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20190830193715j:plain

 

夏の終わり・・・挿し木など

日は久々にぐっすり眠れました。寝るまで冷やしておいた寝室ですが、寝る時はエアコンを切って寝たんです。そのおかげでか、久しぶりにぐっすり寝ることが出来ました。目覚めも気持ちがいいというわけです。

 

 

 (ケイトウ)

f:id:kameKiKu:20190825142416j:plain

 

が好きと言いながら、エアコンに浸っている私ですが、夏こそレッグウォーマーが要ります(笑)。冷気が足元に来るので、冷えは膝痛の大敵、ひざ掛けとレッグウォーマーで防備しています。

 

(アキアカネ

f:id:kameKiKu:20190825150630j:plain

 

前中庭仕事をしました。汗だくになりました。暑さに耐えて、葉っぱも落とさず照葉をつけているニュードーンの枝、あちこちに突き出していたのをまとめたり、花壇がすっきりしました。

 

(ニュードーン)

f:id:kameKiKu:20190825145724j:plain

 

ュードーンを春に挿し木をしていたら、三本がついたみたいです。やはりニュードーンは強い、強健種とありますが、あらゆる面において強いです。病気にもなりにくいし、我が家の庭にはピッタリな性質です(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20190825145742j:plain

f:id:kameKiKu:20190825145828j:plain

 

時のすさまじい暑さからは落ち着いたせいでしょうか、バラの花もポツポツ咲き始めています。グラスアン デ プリッツは優れもの、可愛い花を途切れ目なく見せてくれています。

 

(グラスアン デ プリッツ)

f:id:kameKiKu:20190825145607j:plain

 

ロスペリティーも清楚な白い花を咲かせています。このバラは大きくなるツルバラらしいのですが、なんとか鉢で育てたいものです、植え場所がもうなくて・・・(笑)。

 

(プロスペリティー)

f:id:kameKiKu:20190825145858j:plain

f:id:kameKiKu:20190825145921j:plain

 

し木といえばベゴニアも盛り上がって咲いていたので、ちょっとカットして挿し木をしてみました。11月頃まで花は楽しめますから、活着すればベゴニアの花盛りになるでしょうか・・・。楽しみにしましょう。

 

 

f:id:kameKiKu:20190825145951j:plain

f:id:kameKiKu:20190825150009j:plain

 

 

立ベゴニアも春先に挿し木をしていました。活着したようで、花を咲かせています。木立ベゴニアは冬場は室内に取り入れて、冬越しさしています。ですからこの親株木立ベゴニアは、もうかなりの年数になっています。春先には土替えをしたりしていますけれど・・・。ハート型の花のごく普通の木立ベゴニアですけれど。

 

 

f:id:kameKiKu:20190825150208j:plain

f:id:kameKiKu:20190825150147j:plain

 

モンの木も随分枝が出てしっかりしてきました。これにも棘、鋭い棘があります。棘が危ないので、いずれ怪我をしそうなので、棘はカットしたらいいとレモン育ての経験者から教えていただいた通り、出て来た棘は切り落としています。二センチ位の鋭い棘なんですよ・・・これは痛いでしょう刺されたら。

 

(レモンの木)

f:id:kameKiKu:20190825150235j:plain

 

べたレモンの種を蒔いて出て来たレモンの木も、五センチくらいですが、育っています。種から芽を出すというそのこと自体が、何かしら希望そのもののような感じがしますね。成長する無限の力を秘めている生命力というものでしょうか・・・。

 

f:id:kameKiKu:20190825152128j:plain

 

間にも同じことを感じています。以前は我が子を育て上げた頃には、他所の子供には全く関心など持たなかったし、むしろ子供達が大騒ぎして、バタバタギャーギャー騒ぐのは煩わしくさえ感じたりしたものですが、今は全く違います。

 

(シャルル ド ゴールの蕾)

f:id:kameKiKu:20190825150407j:plain

 

の存在がそうさせたのでしょうか、見る度に成長していく孫達。下降の一途の私達に比べると、まぶしいくらいの生命の力、生きていくパワーをもらえます。今では、他所の子供達が公園で遊んでいる声が聞こえると、元気に遊んでいて可愛いなあ、と感じるようになりましたから(笑)。自分の孫達と重ね合わせるのでしょうか。

 

(パレードの蕾)

f:id:kameKiKu:20190825150450j:plain

 

供の声の聞こえる街っていいですよね、やっぱり。子供はやはり社会の宝ですね。子供達が社会に活気を与えてくれるのだし、社会生活そのものが人間の歴史の強い繋がりとしてあるわけですから・・・。

 

(ウィリアム モリス)

f:id:kameKiKu:20190825150727j:plain

 

、種の発芽にも子供にもそういう思いを抱くというのは、私の生命力が次第に下降してきているからかもしれませんね(笑)。人間にも生命力の挿し木が出来たらいいですよね(笑)。そうだ、IPS細胞で色々な臓器を作り出し、新しく入れ替えることが出来る日が、そのうちやってくるかも、っていうのはどうでしょう。IPS細胞で膝の軟骨が出来るだけでも私はすごく若返りますが・・・。結局自分に話を引き寄せて現実的になっちゃいましたけど(笑)。

 

(夏の土手から)

f:id:kameKiKu:20190825150119j:plain

 

性格診断・・・お盆休みも終わった

風直撃のお盆休み、あまりさしたる被害も出ず日本海に抜けたのでほっとしましたが・・・、ちょうど近畿に来るという頃に、長男家族が来る予定でしたから、私は心配が募りました。大雨になったら車の運転が心配・・・など、いくつになっても諸々心配性の私は到着するまで気が休まりません(笑)。幸い雨も降らない前の夕方に到着したのでホッとしましたが。のんびりした性格になりたいものです。

 

(ケイトウ)

f:id:kameKiKu:20190818151509j:plain

 

格は変わるものなのでしょうか。三つ子の魂百までと言いますから、幼い時に染みついた性格は変わらないのかもしれませんが、でも、やっぱり社会生活をしていく中で、変わっていくのかも・・・とは思います。いい方向に変わっていきたいですね。

 

(サルスベリ今盛り)

f:id:kameKiKu:20190818151551j:plain

 

、お盆も終わり、やっとホッコリしてパソコンに向かい、木原誠太郎の性格診断「ディグラム診断」というのをやってみました。するとどうでしょう、私の性格結果はACボトム型「親分肌のオラオラ系ストレスフリーの自信家人間」と出ました。ウーンオラオラ系?どうなんだか分かりませんが、ストレスフリーという所が面白く思いました。確かにね、ある意味ではそうかも・・・うんうん。まぁまぁ自分とはどうであるのかを時々客観視してみるのもオモシロイですね。

 

 

(千日紅)

f:id:kameKiKu:20190818151717j:plain

 

人の孫が来たのですが、当然ですが性格はそれぞれ違います。同じように育てているだろうに違うので、やはり持ってるDNAでしょうかね。それより少し驚いたのは、孫の男の子のうちの1人の顔が、私の姉の子供の長男の顔にそっくりになっていたことでした。血筋から言うと、うちの長男を通してでしょうが、うちの長男は姉のとこの長男とさほど似ているわけではないのに。これこそDNAでしょうか・・・。性格を形作るのは、DNAと後天的環境によるのかもしれませんが、人間の不思議はまだまだありますねぇ。

 

(フレグラント オールド パープル )

f:id:kameKiKu:20190818151756j:plain

 

が家の庭の性格も2年前から、バラと球根植物のアッサリ系から、草花ムンムンの庭に変わりました。草花はやはり庭に季節の色どりを見せてくれて、なんか庭に表情が出ます。8月もそろそろ半ばを過ぎましたから、夏にさんざん楽しましてくれたクレオメやヒマワリを花壇や鉢から引き抜きました。これから秋蒔きの種などのために土を作らなきゃ・・・。

 

(引き抜いたプランター  後ろの花壇にも、別なプランターにも沢山植えていた)

f:id:kameKiKu:20190818151651j:plain

 

レオメって棘があるんですよ、知ってました?最初素手で触って、イタッて感じで良く見たら棘が。咲いている間中棘の存在を知らなかったです。どうしてトゲがあるんでしょう・・・。

 

(クレオメのトゲ)

f:id:kameKiKu:20190818151628j:plain

 

ワラナデシコがまた咲いてきました。千日紅の赤もちょっとですけれど、咲いています。千日紅は種から発芽させるのは難しかったものでした。種の周りをガードしている皮みたいなものが固いのでしようか・・・。

 

(カワラナデシコ)

f:id:kameKiKu:20190818151613j:plain

 

 ニトマトも毎日収穫。リコピンを摂取、いつまで収穫出来るんでしょう。その他ナスも今の所二株で22本穫れました。

 

(今朝穫れたミニトマト)

f:id:kameKiKu:20190818152632j:plain

 

ウゼンカズラも太く成り過ぎた幹を、ちょっと切りました。夏の花で好きな花ですけれど。

 

f:id:kameKiKu:20190818152831j:plain

 

の成る木も去年は大きなものだったのですが、腐らせてしまい、挿し木 をして小さくなりましたが元気になりました。

 

f:id:kameKiKu:20190818153343j:plain

 

猛暑の庭

からエアコンを点ける日々が続いています。数年前までは、昼頃から点けていたエアコンですが、今年は目覚めると点けて、寝るまでです。京都は暑い時にはものすごく暑い所、今年は38度とかになったりしていますので。寝室は少し冷やして切りタイマー1時間くらいにして寝るんです。エアコンをつけっぱなしでは、私は気になって眠れません(笑)

 

(ランタナ 花盛り)

f:id:kameKiKu:20190812143432j:plain

(マリーゴールド  種から育てたもの)

f:id:kameKiKu:20190812144610j:plain

ので、切れたらしばらくしたら窓を少し開けて、網戸にして部屋に外気が入るようにしに起き上がります。そしてようやくぐっすり眠れるという訳です。夜中もバタバタ忙しい私です(笑)。前にも書きましたが、今年寝室を一階にしたので、まるで暑さが違うのを感じています。

 

(千日紅)

f:id:kameKiKu:20190812143501j:plain

 

んな猛暑の庭では、トンボや蝶が訪れています。今日も千日紅の花にシジミ蝶がいました。千日紅はシジミ蝶の好きな花みたいです、去年もいました。でも、今年のシジミ蝶を調べてみると、もしかしたらシルビアシジミ蝶かな、と思いましたが、いやいやそんなのではなくヤマトシジミ蝶かもと・・・。蝶の種類を調べてみると、色々でていますけれど、その違いがイマイチ素人の私には見るポイントが分かりませんが・・・。今年の庭の草花は、ほとんど種取をしたものからです。

 

(ヤマトシジミ蝶?かな )

f:id:kameKiKu:20190812143537j:plain

f:id:kameKiKu:20190812143641j:plain

 

ンボも来ました。シオカラトンボをあまり見ないと思っていましたが、これはシオカラトンボのメスでしょうか。これもまた私には確信がもてませんが、シオカラトンボがメスとオスで色がちがうということを調べて初めて知りました(笑)。知識が増えました(笑)。ムギワラトンボと言われているらしいです。そう言えば子供のころにはよく聞いた名前でした。

 

(シオカラトンボのメス?)

f:id:kameKiKu:20190812143706j:plain

f:id:kameKiKu:20190812143738j:plain

 

トンボも飛んでいます。ハグロトンボなども通るたびにフワフワ逃げていきます。レモンの木の鉢植えがあるのでか、アゲハ蝶がヒラヒラやってきますけれど、アゲハは落ち着きなくいつまでもヒラヒラしていてなかなか写せません(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20190812143942j:plain

 

 

クレオメは沢山苗が出来、友達にも分けたのですが、花が長く咲いてくれるので十分堪能できました。まだ咲いていますけれど、そろそろ種も出来てきました。来年用に種取しました。他にアサガオ、鳳仙花など、種取りします。

 

(クレオメの種)

f:id:kameKiKu:20190812144156j:plain

f:id:kameKiKu:20190812143758j:plain

(アサガオの種)

f:id:kameKiKu:20190812143822j:plain

 

番古いバラのピエール ド ロンサールは、我が家では、植え場所に難があるのか、気難しくなかなか花を付けなかったので、2メートル以上あったのですが、一部分の根を堀上て、鉢植えにし、あとは処分しました。そうしたら元気になり、鉢で息を吹き返しています。来年は咲いてくれるんでしょうか。

 

(植え替えたピエール)

f:id:kameKiKu:20190812144235j:plain

 

植えのアンジェラなどこの暑さなのに元気で、無農薬なのに葉っぱにもそんなに病気も出ずがんばっています。グラスアンデプリッツもポツポツと花を咲かせ続けていますし、アッパレです(笑)。スノーグースは虫にやられて葉っぱがなくなりました。虫が好きな葉っぱってあるのかもしれないですね。

 

(アンジェラ)

f:id:kameKiKu:20190812144322j:plain

(グラスアンデプリッツ)

f:id:kameKiKu:20190812144347j:plain

(粉粧楼の葉っぱも元気)

f:id:kameKiKu:20190812144417j:plain

 

ョウガも取れました。これは薬味にしたり、甘酢漬けにしておいたりします。ミョウガの卵とじも初めて作ってみましたが、ミョウガ独特の香りが炒めるので薄れ、まぁ普通に食べれるお惣菜になりました。

 

(ミョウガ)

f:id:kameKiKu:20190812144507j:plain

 

狛犬の講座

犬に関する講座があるというので、聴きに行ってきました。聴講を予約していたのに、すっかり忘れてミシンをしていたのですが、スマホの予定の30分前お知らせが鳴り、慌ててすっ飛んで行き間に合いました。

 

(まだ咲いているヒマワリ)

f:id:kameKiKu:20190804165108j:plain

 

犬が神社の参道に置かれるようになったのは、江戸時代、それも元禄時代あたりから盛んになったといいます。以前宮津北前船資料館の狛犬展を見に行った時に、小さい木造の狛犬が沢山並べてありました。これはどういう所に置いてあったのかと気になっていましたが、この講座で、それらは神社の縁の上とか、室内とかに置かれていたものと分かりました。

 

 

f:id:kameKiKu:20190804165224j:plain

 

して狛犬には出雲系と浪花系、岡崎系、その他に大体分類されるそう。京都府の真ん中あたりから南は浪花系の狛犬ばかりとか。そして北の方は出雲系が多くなっていると、府内でも狛犬の系統が分かれているということでした。なるほどね、北の方は北前船で出雲から青森まで、日本海側には出雲系が多いんだとか。

 

(サルスベリが咲き始めました)

f:id:kameKiKu:20190804165301j:plain

 

なみに出雲系は島根県の来待石を使って造っていて、台座に牡丹の花やなにか彫ってあると、浪花系の狛犬は尾っぽが扇型になっているとか。ちょとした知識も得てきました。

 

(挿し木から育ったランタナ)

f:id:kameKiKu:20190804165359j:plain

 

い時は神社など、ほとんど興味もなかったのに、ちょっと神社についての勉強したり、知識を得ると、それに伴ってまた他のことにも興味がひろがったり、全く生活に関係ないことなのに、時々自分でも可笑しく思います。でも、神社などに行った時、ちょっとした知識があると、今まで素通りしていた所も見れたり、分かったりするので、面白くなりますね。

 

(西洋ナデシコ)

f:id:kameKiKu:20190804165422j:plain

 

こ2、3日、エアコンの効いた部屋で、ミシンで縫物仕事をしていました。早業の型紙洋裁で3着くらい作りました。縫物も楽しいです。

 

暑いので庭の水やりに追われます。