読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

旅編7  羽州街道 楢下宿(ならげしゅく)

法事などがあり先週末から出かけ、昨日帰宅した。宮城県まで行ったついでに山形県にも立ち寄ってきた。羽州街道とは、福島県の北方桑折奥州街道と分かれ、宮城県の七ヶ宿を経て上山、山形、新庄、久保田、弘前などの城下町までつながっており、参勤交代の道として、13の藩の大名や旅人が歩いた道という。東北地方の知識の全くない私は、初めて聞く地名ばかりだったし、山形県に足を踏み入れたのも、初だったので、少しワクワクした。

 

(武田家)

f:id:kameKiKu:20170524142536j:plain

 

 

楢下宿・・・「ならげ」の「げ」は鼻濁音で言う。私などは鼻濁音は意識して初めて出来るのだけれど、東北出身の方々は、日常会話でもキチンと鼻濁音と濁音を使い分けて話していて、いつも感心させられる。西日本では大概どの濁音も同じで喋っている(笑)。その楢下宿を見て回った。

 

f:id:kameKiKu:20170524141941j:plain

 

大黒屋、武田屋、庄内屋、山田屋、滝沢屋など昔の宿がそのまま残されていて、建築年代は17世紀中ごろから18世紀のもので、大変貴重な建物であるようだ。いずれも萱葺きの屋根で覆われている。中に厩などもあったりする。

 

 

f:id:kameKiKu:20170524142807j:plain

 

中でも、滝沢屋は江戸時代に庄屋を務めた家柄で、脇本陣として大名や上級武士が宿泊した宿といい、ここだけは入場料が210円の有料だったけれど、ユニークでエネルギッシュな案内人が30分コースの説明をしてくれて、よく分かったのだった。途中で質問をすると、答えられないものだと「こまいとこついてくんなぁ」などと言われ、笑った。

 

(滝沢屋 脇本陣   ちょっとピンボケに )

f:id:kameKiKu:20170524153251j:plain

 

 

f:id:kameKiKu:20170524142833j:plain

f:id:kameKiKu:20170524142924j:plain

 

上山温泉に泊まることになっていたので、上山市斉藤茂吉記念館も訪れた。昭和43年に開館したというこの記念館は、とても素敵なたたずまいの中にあった。あの有名歌人がこの辺りのま生まれとは、知らなかった。まぁ、私も知らないことが多い(笑)。茂吉の息子が斉藤茂太や北杜夫だというのは、知っていたけれど(笑)。1人500円。

 

f:id:kameKiKu:20170524162106j:plain

 

f:id:kameKiKu:20170524162152j:plain

 

 

国語の授業などで、茂吉の「赤光」など習って多少は頭にあるけれど、さて代表作を知っているかというと、これも覚えていなかった私。今は蔵王に下に記した歌碑が建てられているとか。

  みちのくの蔵王やまなみにいる雲のひねもす雲のはるたつらしも

 

その他にも、館内で紹介されていた歌は次のもの。

  愁いつつ去にし子ゆえにふじの花揺る光さへ悲しきものを

  曼珠沙華咲くべくなりて石原へおり来む道のほとりに咲きぬ

  いくたびか時雨のあめのかかりたる石蕗の花もつひに終わりぬ

 

 

そのほか蟹仙洞(かいせんどう)という私立美術館では、刀剣類や堆朱の作品などを見学し、沢庵和尚のゆかりの春雨庵にも足を延ばした。京都の大徳寺の住職であった沢庵和尚が何故山形のこの地に?と。沢庵和尚とは、子供の頃にもマンガなどで薄っすら聞いたことがある程度の名前だったのだが、キーワードは紫衣事件というものだということが分かった。

 

(蟹仙洞 蔵も展示室にしてある)

f:id:kameKiKu:20170524143050j:plain

f:id:kameKiKu:20170524143117j:plain

f:id:kameKiKu:20170524143141j:plain

 

朝廷と江戸幕府の権力争いらしく、朝廷がお坊さんに紫色の衣を着る許可を与えていたことに、幕府が朝廷が勝手に与えるのは許さない、これからは幕府のいうことをきくよ うに・・・というようなことで、それに憤慨した沢庵和尚が、同じ考えの人達と幕府に反対する手紙を書いて訴えたところ、出羽の国の上山に流刑されてしまった、ということだった。

 

(春雨庵)

f:id:kameKiKu:20170524143216j:plain

 

沢庵和尚はこの上山に3年いたという。そのあと江戸へでるのを許された。沢庵は大根で漬物を漬けていたので、家光が名前を「沢庵漬け」とつけたといわれている。

 

f:id:kameKiKu:20170524143351j:plain

 

その後はホテル近くの上山城、郷土資料館として建てられた所を見て、天守閣まで上がり街並みを眺めることが出来た。

 

(上山城  横から  またの名を月岡城ともいうらしい)

f:id:kameKiKu:20170524143432j:plain

(天守から町の眺望  )

f:id:kameKiKu:20170524143457j:plain

(月岡神社)

f:id:kameKiKu:20170524143643j:plain

 

翌日は高畠ワイナリーや安久津八幡神社、米沢に出て上杉神社や、博物館を駆け足見学し、帰途についたのだった。上杉神社でもちろん御朱印をもらいました。博物館では信長が上杉謙信にプレゼントした洛中洛外図の本物が展示されていた。上杉神社は米沢という町にあるので、いかにも神社というよく整えられた神社で人も来ていた。

 

(上山の武家屋敷)

f:id:kameKiKu:20170524143550j:plain

 

(高畠ワイナリー 地元ワインを赤白買った)

f:id:kameKiKu:20170524143711j:plain

f:id:kameKiKu:20170524143742j:plain

 

安久津八幡神社の方は、860年頃に建てられたのがはじまりという、古いもので、下に18世紀末に再建された三重塔が、古く苔むしたように建っていて、なにやら雰囲気がある。本殿は18世紀半ばに再建されたものだといい、舞楽殿もあり、一子相伝の舞が45代にわたって伝えられているという。

 

(安久津八幡神社の三重塔)

f:id:kameKiKu:20170524143817j:plain

 

f:id:kameKiKu:20170524144154j:plain

(本殿)

f:id:kameKiKu:20170524144230j:plain

f:id:kameKiKu:20170524144335j:plain

 

この神社は鳥居から木立の中を、真っすぐに山の上の本殿に向かっていて、古寂びていて、とても好ましく、膝の痛むのを心配しながらも、本殿まで上がったのだった。両脇に置かれた狛犬の片方は、後ろ足を立てていた。大概神社の後ろには古墳があると聞いていたのだが、ここにもあり、途中まで登りかけたのだが、草木がぼうぼうの山道、引き返した。

(上杉神社)

f:id:kameKiKu:20170524144602j:plain

 

その土地にはその土地の歴史があるということを、改めて感じたことだった。初めて行った山形県。フルーツ王国だけれども、サクランボには早すぎたらしい。

 

(出かける当日咲いた ロココ)

f:id:kameKiKu:20170524144641j:plain

(帰ったら咲いていたラジオタイムズ)

f:id:kameKiKu:20170524144747j:plain

(夢乙女 アーチに絡めて)

f:id:kameKiKu:20170524144819j:plain

(フランソワジュランビルがアーチの反対側を)

f:id:kameKiKu:20170524152504j:plain

 

暑い日が続いたのでバラの鉢を心配した。

庭仕事にも要る膝力(笑)

年をとると、物欲はあまりなくなる。けれどもバラの花だけはもっともっと欲しくなる。狭い庭ということも考えながら、植え替えの労力も考えながら数を考えねばならないのに・・・・。つい自分で買い求めたり、挿し木苗などもバラ友からもらい受けたりして、どうしても増えて行く。

 

(グロワード ムシュー モスローズ 虫がつかないバラ 丈が高くなっている。)

f:id:kameKiKu:20170519102344j:plain

 

f:id:kameKiKu:20170519102429j:plain

 

実際鉢植えの植え替えなどの作業はひと仕事だ。素焼き鉢などの10号や11号の鉢など、重くてなかなか大変なのだ。地植えならそういう手間はかからなくていいのだけれど。30鉢以上鉢植えがある友達もいるけれどお世話が大変だろうと思う。

 

(スノーグース  これは三年苗くらいでまだまだの木 アーチに絡むようにしたい) 

f:id:kameKiKu:20170519102608j:plain

 

膝痛持ちの私は、重いものも持てない。ついついやってしまうのだけれど、持ち上げて運ぶと膝に重みがかかり、夜には痛く成ったりする。こればかりは老年の悲哀となる。けれど、みんなどこかしら膝でなければ腰、または股関節とか、痛い所がどこかしらあるようになるようだ。早い遅いはあるにしろ(笑)。

 

(コーネリア  これもまだ小さい  どう育てようか思案中) 

f:id:kameKiKu:20170519102645j:plain

 

この間友達と一緒に出掛けて、出先の駅の改札をICOCAで終えて、エレベーターで降りようとしたのだけれど、すでに電車が到着していて階段を急いで降りる羽目になった。友達はスマートなので、膝痛など無縁。先に立ってささーっと降りるので、「電車止めて置いてーー」と私が後ろから言うと、大笑いしていた。電車は私のことなどお構いなしにすーっとドアを閉めて、走り出して行った。

 

 (ピエール ドゥ ロンサール  十年以上あるけれど、場所が悪いのか咲きが悪い

まだ蕾 )

f:id:kameKiKu:20170519102808j:plain

 

階段を下りるのは膝痛持ちにはしたくないことの一つ。降りる時にはこれまた膝に過重が何倍もかかるという。もっぱらエスカレーターやエレベーターのお世話になる。最近はエレベーターが大抵のホームにあるので、大いに助かる。斜めな坂と階段は避けたいもののひとつ。

 

(バフ ビューティー)

f:id:kameKiKu:20170519102727j:plain

 

そんな私なので、庭仕事もかがんだりすることが多いので、出来ることと出来にくいことがでてくる。。小さな鉢の植え替えは、立ったまま作業出来る台でやることにしていて、これはなかなか具合がいい。生活の知恵を出しながらも、どこかひとつでも具合の悪いところがあると、なにかしら暮らしに制限が小さくてもかかってくる。

 

(マダム アルフレッド キャリェール)

f:id:kameKiKu:20170519102857j:plain

 

(粉粧楼)

f:id:kameKiKu:20170519104354j:plain

 

新緑の美しいこの頃、なんだかんだ言いながらも、暮らしを彩る花に癒され、目を楽しませてくれる日々が嬉しい。

 

日帰り温泉・・・日吉温泉

昨日まで蕾だったのが、朝起きて見たらもう開いていて驚くことがある。今年はどう咲いてくれるのだろうかとか、驚きとともに、花びらを開くごとに目を楽しませてくれる。もうしばらくは至福の時を過ごせそう。

 

(ルィーズ オディエ  なんとも言えない花の色、形がいい  これはバラ友達から挿し木苗をもらったもの、地植えにしてようやく落ち着いた)

f:id:kameKiKu:20170515221658j:plain

f:id:kameKiKu:20170515221736j:plain

 

今日は北の方角、日吉温泉に友達と行ってきた。新緑の美しい中、車を走らせた。首も肩も温めて、温治療。首筋肩はようやく痛みも微かになってきた。長くかかった。捻ったから長くかかったようだ。

 

(バフ ビューティー 玄関側で咲いている  )

f:id:kameKiKu:20170515221833j:plain

 

f:id:kameKiKu:20170515224225j:plain

 

色々な友達と、時々日帰り温泉に行くことがある。女は暴露趣味?なのか、長く付き合っている友達とは、こまごまと日常の暮らしの事などを言い合い、言ったからどうなるものでもないことに、「ふーん」とか「へーえ」とか相槌を打ちながらただ言い散らして解散する(笑)。その点男の人達は、そこまであけすけに喋ったりしないのではないだろうか。

 

(グラス アン アーヘン 咲きました。根元をカミキリムシにやられたのに頑張っている木です。優しい色)

f:id:kameKiKu:20170515221933j:plain

f:id:kameKiKu:20170515221900j:plain

 

まぁ関西特有なんだろうか、関西のオバサン達は、多少の自虐ネタをちりばめながら、会話を面白くして話が進む(笑)。私もすっかりそれが身についてしまい、真面目過ぎる会話は苦手だ(笑)。

 

(モナリザ)

f:id:kameKiKu:20170515222044j:plain

 

ユーモアと本音トークがさく裂すると、怒涛の会話になります。女三人寄れば姦しいとか言いますよね。三人、四人寄って話していても、言う方に回りたい人ばかりで・・・(笑)。話し好きな私も、聞き役の相槌というのが重要で、相槌がよくないと話は失速する(笑)。まぁどちらかというと聞くより話す、見るより自分がやる方が好きな私のようです(笑)。

 

(モナリザが開き切ると花びらの輪郭がピンクに)

f:id:kameKiKu:20170515222107j:plain

 

今日は日吉温泉で、平日の人の少ない温泉にユッタリ浸かり、お喋りもして、「道の駅弁当」を食べてほっこりして帰った。

 

(オルレア)

f:id:kameKiKu:20170515222137j:plain

 

(美山の地酒を買った)

f:id:kameKiKu:20170515222158j:plain

水やり三年・・・

天気予報通り昨晩は雨が結構降ったようだ。まだ午前中は雨が降っているけれど、最近の天気予報は気象衛星のせいで当たる率が高い。

 

(モナリザ 開く前が綺麗な花)

f:id:kameKiKu:20170513103532j:plain

f:id:kameKiKu:20170513103556j:plain

 

鉢植えも多いので、水やりが大事だ。昔から水やり三年といい、植物に合わせた水やりをマスターするのにそれほどかかると言われる。私も今まではただジャージャーやっていたのだけど、それではいけないと。今年は水やり改革、乾いてからやっとやるようにしようかと。

 

(マダム アルフレッド キャリエール  日陰でも大丈夫な花 裏の庇の下で咲いている  上品な花色  これは全くのほったらかし。そのうち黒点病になるかも、でも庇の下なのでどうなるでしょうか。 )

f:id:kameKiKu:20170513103634j:plain

 

f:id:kameKiKu:20170513103703j:plain

 

 

素焼き鉢やプラスチック鉢、スリット鉢など、色々な鉢があるし、置き場所の方角や条件にもよるし、やはり一様にはいかないはず。表面の鉢土が乾いてから水やりをタップリすると言われているが、これがなかなか・・・つい機械的に水をやってしまう。鉢土に指を突っ込んでみて、土の湿り具合を調べて水やりするという人の話もきく。

 

(ツダンホンシン チャイナバラ  親株から挿し木苗で二鉢出来た これも切れ目なく良く咲いてくれる。)

 

f:id:kameKiKu:20170513111740j:plain

f:id:kameKiKu:20170513111858j:plain

 

フムフム、こうなると夫に任せることは出来なくなる(笑)。夫はときたら、チョロチョロと土が湿ったらもう水やり完了とする人だから(笑)。そこで、私も最近では、土の表面より下まで土の湿り具合をみるようになってきた。すると表面の土は乾いて見えても、下が湿っていることはよくある。

 

(もう一度お目見え グラス アン デプリッツ 一つの枝に三つくらい蕾がつく。開くと重そうに下を向く  折れそうで折れない枝  まだしばらく咲いてくれそう)

f:id:kameKiKu:20170513103822j:plain

 

これから暑い夏に向かい、南西向きの表庭は西日がきつくなる。そのことを考えに入れても、今までは朝に晩に真夏には一日二回の水やりをしていたのだけれど、ちょっと考えなければ・・・。水やりで湿り過ぎていると雑菌が増えるらしい。地植えのものには水やりにそこまで神経使わなくていいので、楽ではある。

 

(バフビューティーの蕾  8年くらい経っているので幹も太くなった  鉢植えで枝を自然のままに枝垂れさせて、のびのび咲かせたいオールドローズだけれど、邪魔になりバチンと途中から切ってしまった。なかなか思うようにはいかない・・・( ノД`)(笑)。)

f:id:kameKiKu:20170513103856j:plain

 

(いつもと違う方向から ナニワノイバラ  これも鉢植え。 以前コンクリートの隙間にまで鉢底から根を伸ばして大手術したもの。それでも元気。丈夫  トゲが鋭い。虫も病気にもならない。一重の清楚な花)

f:id:kameKiKu:20170513103951j:plain

 

植物にとって必要な水、水やりによって植物の生育が大きく違ってくるらしい。

 

(雑然とした花壇   オルレア ラムズイアー タイムがひしめいている。バラの場所を占拠しそうだ。何とかしなければ・・・バラの肥料を取ってるから立派になり過ぎ!)

f:id:kameKiKu:20170513104027j:plain

f:id:kameKiKu:20170513104052j:plain

蕾ちゃんたち

フランス大統領選挙も終わった。韓国の大統領選挙も終わった。世界は動いている。それにしてもフランスとは何という国なんだろう。マクロンさん。子供が三人もいた24才も年上の妻、教師と教え子。略奪愛のような結婚。そして大統領。何というドラマティックな人生。仕事としても投資銀行の副社長まで登りつめ、大金持ちという。ドラマにしても出来過ぎている(笑)。

 

(グラスアンアーヘンの蕾)

f:id:kameKiKu:20170510203253j:plain

 

しかし、プライベートとはいえそういう結婚が、大統領の仕事とは関係なく選ばれ、国民がそれを当然なこととする、というのも懐が深い。というか私達の常識規範範疇にはないことだと思う。

 

(モナリザの蕾)

f:id:kameKiKu:20170510203317j:plain

 

それは人間に対する考え方の違いだろうか。やはり東洋では、人の上に立つ人間には、それなりの徳を持っているのが当然であり、持つべきだくらいの考えがあるのだと思う。長い間のそういう考えがDNAとしてもしみ込んでいるので、フランスに感心はしても、日本ではなかなかそうはならないと思う。愛にも徳が求められる気がする・・・。

 

(スパニッシュビューティーの蕾)

f:id:kameKiKu:20170510203350j:plain

 

それが行き過ぎると完璧な人間を求めて、ちょっとでもはずれると大バッシングされたりすることになる。そんな完璧な人間はいないのだから、今の時代トップに立つのも大変なことだと思うけれど。

 

(メアリーローズの蕾)

f:id:kameKiKu:20170510203636j:plain

 

それにしても一番の衝撃は24才年上妻、というところだ。ふた回りまでいくと、母親と息子の年の差のようで、自分で想像してもすんなりとは消化出来ない。まぁ大多数の人もそう思うと思う。フランスとは恋愛観はかなり違うということなのか。

 

(マダム アルフレッド キャリエール これは裏の庇の下に枝を誘導したもの いつもより蕾が多い  十年以上たっている木  幹がかなり太くなっている これは地植え)

f:id:kameKiKu:20170510203704j:plain

 

愛の格言を~

  恋をし同時に賢くあることは不可能なり

                         シルス

  人は恋愛を語ることによって恋愛するようになる

                         パスカル

  恋ははしかのようなもので、遅くかかると始末が悪い

                         ジェロルド

  結婚とは、まさしく相互の誤解にもとずくものである

                         ワイルド

  結婚前には目を開き、結婚してからは目をつむっていることだ

                         フラー

(ナニワノイバラ 一季咲きの花  木の勢いが悪くなったのか花が少ない)

f:id:kameKiKu:20170510203744j:plain

 

あらあら情熱的なマクロンさんの恋愛の話から、なんだか夢のない現実的な格言を書いてしまった。マクロンさんの生涯は、映画やドラマにきっとなるでしょう。これからどんな大統領としての働きをするのだろうか。動いている世界と日本も繋がっている。世界の動きを見つめていよう。

 

(スズラン  葉っぱを食害する虫取りが朝の日課に・・・)

 

f:id:kameKiKu:20170510204134j:plain

 

美しくて可愛いバラの蕾たちを写してみた。バラも人間も蕾の時がいいのかしら(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20170510204223j:plain

次はグラスアンデプリッツ、ツダンホンシン

毎日次々開花してくるバラ。立派なこれというバラはないけれど、我が家に馴染んでくれて、長く楽しませてくれるバラもあれば、2.3年で消えていくバラもある。何かしら我が家の環境が合わなかったのだろう。と思うことにしている(笑)。バラの世話が間違ってたとかは思わずに(笑)・・・。

 

(グラスアンデプリッツ 和名「日光」 うつむいて咲く深紅の花)

f:id:kameKiKu:20170508224220j:plain

 

新顔のグラスアンデプリッツ深紅の花を咲かせてくれた。細い茎に重そうにうつむいて咲く花。宮沢賢治が栽培していた花で有名とか。耐病性は弱いとありながら悪条件にも耐えられるとある。矛盾するような・・・我が家の環境に合ってほしいものだ。

 

(ツダンホンシン)

f:id:kameKiKu:20170508224249j:plain

 

チャイナバラのツダンホンシンも咲き始めた。これは蕾の時がとっても愛らしい。いかにもバラという形をしているので、蕾が好き。この株は親株が十年くらい経ち、弱って来たので、挿し木苗で作った株。

 

(ツダンホンシン) 

f:id:kameKiKu:20170508224331j:plain

 

草花では、昨年九月に蒔いたオルレアが、発芽率が悪かったのだけれど、二株が育ち花を咲かせてくれた。オルレアという花を見るのも初めてだし、咲かせたのも初めて。白い小花が可愛い。狭い庭にも、毎日新しい花が目を楽しませてくれている。

 

(ツダンホンシン)

f:id:kameKiKu:20170508224400j:plain

 

ようやく花粉症による不快な症状も抜け、喉の状態も戻って来た。喉の具合がイマイチだと、爽やかなパチッとはまった声にならない。

 

(オルレア) 

f:id:kameKiKu:20170508224419j:plain

 

まぁ歌う声はともかく、声といえば、そんなに話を長くしたことはないスイミングジムのフロントの人に、名前を告げずに尋ねたいことがあり電話をしたら、すぐに名前を当てられたことがあった。

 

(スパニッシュビューティー 今年は勢いが悪い 色も形も綺麗) 

f:id:kameKiKu:20170508224528j:plain

 

また別な日には整骨院で、「どうですか」と状態を聞かれたので答えていたら、カーテンで仕切られていた向こうから、先に治療を受けている患者さんから、「○○さんじゃないですか?」と私の名前を呼び、声をかけられたりした。ずーっと以前にしか会ってなかった人なのに・・・。声でそんなに分かるのかな、と驚いたことが短い間に二回もあった。声にさほど特徴があるとも思えないけれど、話し方とかでも分かるのだろうか。

 

(ナニワノイバラ)

f:id:kameKiKu:20170508224821j:plain

 

声は高齢になると、一般的に低くなりしわがれてくる。女性は声が低くなるが、男性は声帯が痩せて細くなり、20代の頃より少し高めの声になるという。声帯も筋肉なので、使わなければ弱ってしわがれ声になっていくのだという。

 

(メアリーローズ)

f:id:kameKiKu:20170508225858j:plain

 

 

声の老化、声帯の老化を防ぐには、よく話す、歌うなどするのがいいとある。となると「話す」と「歌う」、両方私は合格みたいだ。今は若い時の涼やかな声ではないとは思うけれど、何とか今をキープしないと(笑)・・・。「話す」「歌う」これについては日々の鍛錬ができているかも(笑)。私が無口と言うと、「六つ口」と突っ込みが入りますので(笑)。

 

(メアリーローズ  十年以上たっているバラの木)

f:id:kameKiKu:20170508225002j:plain

 

女性は大体一人暮らしになっても大丈夫。話し相手には事欠かないといいますね。男性が一人になると話し相手がいなくなるようだ。声の老化を防ぐため、という大義名分をかかげて大いに喋らなくては・・・(笑)。

 

メアリーローズの開花&連休の手仕事

「脚立から落下」ハプニングの後遺症で、まだ右手真上に上げると耳の後ろから首筋、肩が内部でキュっと痛む。8割り方よくなつたのだけれど、残り2割りがなかなか取れない。整骨院にも通ってはいるけれど、昨晩は首にシコリがあるので、そこにインスタントお灸をしてみようと思い、市販されている貼り付けるお灸をしてみた。

 

(メアリーローズ)

f:id:kameKiKu:20170506110442j:plain

 

すると少し痛みが軽減している気がしたので、少し続けてやってみようと思う。痛みは血流の滞りからくるともいうから、いいかもしれない。期待してみよう。今このお灸がとても進化していて、昨晩したのは煙の出るタイプだけれど、火も使わない、煙も出ないというお灸もある。

 

 

f:id:kameKiKu:20170506110606j:plain

 

確かに火も使わない、煙も出ないお灸というのは凄いと思う。旅行などに持って行くのにピッタリ。しかし、何回か使ってみると、ちよっと熱くなり貼り場所を移動させたりする時、接着面が効きにくくなり、剥がれやすいという難点があるような気がする。

 

(エビネ)

f:id:kameKiKu:20170506110638j:plain

 

まぁそんな痛みにあがきつつも、手仕事で肩を凝らすのは良くないのに、何もしていないということが、何故か出来ない私は、この連休中も手仕事をあれこれしてしまった。ミシンを出してガタガタと服を二枚。慣れてきているので、ちょっと勝手にデザインを自己流に変えてみたりして、アラアラ私にもデザイナーの才能あるのかしら?なんて厚かましくも思ったりしながらミシンを動かす(笑)。小物ポーチなども作ってみたり。手仕事三昧の連休になった。

 

f:id:kameKiKu:20170506111555j:plain

 

 

この年になり、こんなにミシンを使うようになるとは、思いもしなかった。2年くらい前までは、ミシンは隅っこに置かれ静かに何十年も眠っていたのに・・・(笑)。私が進化したのか(笑)。

 

(クレマチス  後ろのアーチのバラはフランソワジュランビル これは成長が早い、ピンクの小花が咲く、鉢植え)

f:id:kameKiKu:20170506111051j:plain

 

庭では黄モッコウバラの次にはメアリーローズが開花した。本当に我が家の優れものの一つのこのバラは、鉢底穴から根を地中に深く伸ばしていて、今では最早動かすことなど到底出来ない。鉢の下の地面の土は決していい土ではなかったので、邪道かもしれないけれど10年くらい経つが、今のところ丈夫に上手く育っている。植え替え時には、鉢の土を上から半分くらいシャベルですくって取るやり方で、半替えみたいなことをしている。

 

(4月から連休にかけて制作した小物類  グレーのはタイから買ってきたシルクの残り布で。)

f:id:kameKiKu:20170506111702j:plain

 

この痛みはいつ治るのか、着替えで手を上げる以外日常生活にそう不便はないものの、気にはなる。家にいると手仕事をしてしまい肩を凝らすし、外に出ると膝痛になり痛みが出ることになるし、老年の暮らしは不自由だ(笑)。。。