kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

慣れ・・・

道の水漏れ、昨年末は外の漏れとキッチンのカランの付け根からの漏れ。それから今年になって洗面所の下の家の中の配管からの漏れ、今度は洗面所のカランから水漏れと、ほとほと水漏れには疲れてしまった。

 

(土手の彼岸花)

f:id:kameKiKu:20180921202900j:plain

 

かに家も古くなりました。洗面所は一度やり替えているけれど、それでも二十数年経っています。カランのパッキンの交換で済みそうなことなんですが、古い型のパッキンは無いと・・・。カランごと取り替える羽目になりましたが、水道屋さんは見に来た後、「しばらく出しといて」と漏れたままにしておいてと言って、他所の仕事をたくさん抱えているのか、それからなかなか修理ができませんでした。

 

(雨のイレーヌ ワッツ)

f:id:kameKiKu:20180921203117j:plain

 

のチョロチョロという音ってホント嫌ですよ。もしこんな音を終日聞かされる拷問にあったら、頭がすぐにノイローゼになってしまいそう(笑)。元を止めてもチョロチョロは変わらなかったので、また元を開けたりしてましたけど・・・。。十日ばかりそのチョロチョロの音を聞かされ、ようやく昨日新しいカランが付きました。今度のカランは上げると水がでます。

 

(レモンタイム)

f:id:kameKiKu:20180921203641j:plain

 

 

いうのは、今までのは下げると水が出ていたので、頭がまだ慣れていなくて混乱(笑)。下げたら水が出るというのは、阪神大震災で、物がカランに落ちてきてカランが下がり、部屋が水浸しになったことから、下に下げても出ないやり方に変わったのでした。我が家のはそれ以前のだったので、下げたら水が出るものでした。人間の習慣というのは、ちょっとでは直らないものですね。しばらく頭の混乱が続きます(笑)。しかし、もう水漏れはナシで願いたいものです(笑)。

 

(アンジェラにいたカマキリ)

f:id:kameKiKu:20180921203035j:plain

 

転ずしにも久々で行ってみたら、どうやって注文するのだろうと、お店の人に手伝ってもらう有様。画面をタッチして食べたいものを注文するんですけれど、老眼鏡を持ってなかったので、見にくい見にくい・・・(笑)。慣れないのでマゴマゴしながらの食事でした。

涼しい・・・替えてみました

しくなりました。エアコンのお世話になることも減りました。夜など薄い布団では寒い感じ、私だけ冬の羽毛布団を引っ張り出してきたりしました。こうなってくると夏の暑さが懐かしい、人間て勝手なものですね(笑)。

 

(ケイトウ 赤いのがいいですね、)

f:id:kameKiKu:20180914162147j:plain

 

い最近、電力会社を替えました。みなさんの所ではどうしてらっしゃいますか?こちらの地域ですと今までは関西電力でしたが、電気会社も電力競争時代に入ったようです、関西電力圏内では38社も電力会社があるようなんですね。

 

(台風で転げたクレマチス、こんな時期に咲くのは初めてです。どうしたんでしょう(笑))

f:id:kameKiKu:20180914155722j:plain

 

 

が家の電気代、二人暮らしなのに電気代は多いのです。いつも来ている生協のチラシにcoop電気に替えませんかというものがあり、シュミレーションしてもらうと、年間一万円くらい安くなったんですね。申し込むだけで、何の手数もかからないということで、申し込みました。今日はスマートメーターというものに変えにきましたけれども、これも五分で済みました。

 

(千日紅 生き生きして花盛りです  切ってドライフラワーにもします。)

f:id:kameKiKu:20180914155736j:plain

f:id:kameKiKu:20180914155852j:plain

 

ういうことになっているのかというと、電線は関電さんの電線を使い、中を流れている電気はcoopさんに払うということらしいんです。停電、故障も関西電気がするという契約になっているというのです。関電さんより必ず安い設定にしているという説明でした。もちろんまた関電に戻したかったらいつでも出来ると。

 

(次々咲くパローレ)

f:id:kameKiKu:20180914160131j:plain

 

スマートメーターになったので、今までは人手で使用メーターを測り、ポストに使用料を入れていっていたのが、それをしなくて済むだけでも、人件費が要らないので安くなるのでしょうか・・・。何しろ冬になるとホットカーペットが常時人が居る間はついていますし、700キロワット越えはしますから・・・。

 

(庭にアゲハ蝶がきました。ナミアゲハ  ポーズをとってくれたんでしょうかパチリ)

f:id:kameKiKu:20180914160152j:plain

 

にかく、電気がなければ成り立たない暮らし。こんな地震の多い国では、私は原発は反対ですけれど、電気は必要ですよね。なんとか、再生可能エネルギー、太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、バイオマスなどをもっと活用するようなエネルギー政策をしてほしいと思いますね。ちなみに、coop電気では再生可能エネルギーは全体の電力の35.8%あと、ガス火力、石炭火力を合わせると70%以上を占めているということです。

 

(土手からサギをパチリ)

f:id:kameKiKu:20180914160218j:plain

まぁ選べる時代なら試してみましょう、ということで替えてみました。

秋雨

雨、美しい響きの秋雨だけれど、雨が続くとうんざりします。またしても台風が来そうだとか・・・。今週は曇りや雨のパッとしない天気が続きそうです。雨が降る庭で、秋海棠がピンクの花を咲かせています。しっとりとしたそのたたずまいの秋海棠。この花には奥ゆかしさ、つつましさのようなものを感じます。花言葉は「恋の悩み」「片想い」。

 

(秋海棠)

f:id:kameKiKu:20180910141108j:plain

f:id:kameKiKu:20180910142011j:plain

 

の中で咲いている花はまだあります。つゆ草です。以前なら雑草として引き抜いていた私ですが、この頃はつゆ草はお目こぼし(笑)。可愛らしい青い花が見たいです。つゆ草の花言葉「懐かしい関係」「尊敬」。

 

 

f:id:kameKiKu:20180910141133j:plain

(ノカンゾウ)

f:id:kameKiKu:20180910141635j:plain

 

が小止みの時を見計らって、バラを鉢上げしたりしました。こんな時期なんですけれど、コーネリアをあまりにも日の当たらない所に地植えしてしまって、ヒョロヒョロになっていたので・・・。このバラはやっぱりお日様に当たらないと。鉢に上げてちょっと剪定したおきました。これも挿し木苗だったのですけれど、この後うまく育ってくれたらいいのですけれど(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20180910141416j:plain

 

モナリザやウィリアムモリスの鉢土も、ついでに替えてやりました。こんな時期やることではないんですけれど・・・秋花には影響が出るかもしれないですけれど、それは目をつむりましょう(笑)。。

 

(粉粧楼 咲いてくれています。)

f:id:kameKiKu:20180910141612j:plain

 

ころで先日もお見せしましたが、アボカドやアップルマンゴーの種から、木が育っています。昨日、山形の生プルーンをいただいたのです。また種から発芽させられる物が来ました(笑)。いつもドライプルーンしか見たことがないので、生プルーンは初でした。お味は酸っぱくもなく甘くもない感じでしたけれど。聞くところによると、追熟させると甘くなるんだそうです。

 

(プルーン  シワのあるのが熟しているのだとか)

f:id:kameKiKu:20180910141749j:plain

 

種から発芽させることが出来るようで、早速チャレンジ。種を濡らしてキッチンペーパーなどに包み、冷蔵庫に入れて発芽させるとのこと。発芽まではしばらくかかるでしょうが、どうなるでしょう。期待半分にしときましょうか(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20180910143231j:plain

 

 

 

台風の後

やいや風台風も怖いですねぇ。強風で家が揺れるような、飛ばされていかないか心配しました。幸い我が家では、バラの鉢が転がった、モッコウバラが倒れそうになったくらいで済みましたけれども。

 

(ラジオタイムズ よく次々咲いてくれます。台風の前に切りました)

f:id:kameKiKu:20180905160551j:plain

 

後に神戸に台風上陸とかで、昼過ぎから夕方まで強風に次ぐ強風。もちろん雨もザァーザァー降ってました。それにしても台風が来過ぎですよね。本当に。こんなに自然災害にしょっちゅう見舞われている日本、その度に国民の財産が失われていっていますね。

 

(ヤブラン こんな大株に・・・)

f:id:kameKiKu:20180905160619j:plain

 

が家の屋根の上に、FMアンテナをこの家を建てた時から立てていて、けっこうアンテナの大きさが大きいんですね。それで屋根そのものはフラットなんですけれど、強風でそのアンテナが倒れないか、部品が折れないかとか、心配しました。折れたりして落ちて来たら、ベランダ経由で私の車の上に落下するかも、または跳ね上がって通行人に当たるかもしれないし、と想像は膨らみます。大阪ではアンテナがヤッパリ倒れたりしている所もあるようでしたし。

 

(クレオメ  クレオメの茎に棘があるのを知らなかったです。触って「痛い」っと・・。)

f:id:kameKiKu:20180905160712j:plain

 

年くらい前、一度電気屋さんに上がってもらって相談した時、撤去も費用がかかるので、まっいいかとそのままでビスなど留め直してもらったのですが、今回の台風で決心がつきました(笑)。もう撤去しようと。FMラジオも随分前から聴くことなどしていませんしね。決心の変わらないうち、さっき電気屋さんに行き、頼んできたところです。また台風はやって来ますしね。予定外支出ですけれど(笑)。。。

 

(千日紅)

f:id:kameKiKu:20180905160749j:plain

 

い頃専業主婦をしていた頃は、聴いていたんでしょうか、音楽とかを・・・。それが今、年をとってからは、主婦の仕事は半減しているのに、やたら忙しくしているのですから、おかしなものです。時間があればテレビがラジオのよう(笑)。ワイドショー渡り見したり・・・(笑)。

 

(夏越しをしたシクラメン  咲いてくれるでしょうか)

f:id:kameKiKu:20180905160820j:plain

 

空の橋、どうなるんでしょうね。心配です。予測のつかない台風被害、滑走路も冠水。海上の飛行場というデメリットの部分が現れました。

台風で屋根下に避難させたバラ鉢などを元に戻すのも一仕事。木の葉も舞い散り、あちらこちらに溜まっています。片付けたり掃除したり、やれやれ仕事が増えました(笑)。

女郎花

の七草のひとつ、女郎花の花があんなに臭い匂いがするものとは知りませんでした。先月、八月のことですけれど、女郎花の花を買ったので、花瓶に挿していました。二日くらいは何ともなかったのですが、その後外から帰って来て、部屋に入るとおかしな匂い。

 

f:id:kameKiKu:20180901115136j:plain

 

なのかな、エアコンから臭うのかなと、エアコンのフィルターを外し洗って掃除してみたりしましたが、それでもまだ臭い靴下のような匂いがしたんです。しばらく犯人捜しに部屋の中を見回し、エアコンの下の家具に置いていた花瓶に気づきました。鼻を近づけるとウッとくる汚れた靴下の匂い。これだ~!早速花瓶ごと外に出して、その臭い匂いから解放されたのでした。

 

 

からいい香りが来るものは沢山ありますけれど、あの靴下の匂いというのは、全く予想外の匂いでした。靴下以外で、花からあんな嫌な匂いが出て来るなんて全く知らなかったので驚きました。女郎花の切り花は、家の中では絶対ダメですね。私だけだったのでしょうか、こんなこと知らなかったの(笑)。。。花言葉は「美人」「はかない恋」「親切」とか・・・。

 

f:id:kameKiKu:20180901115809j:plain

 

内では、夏も過ぎて観葉植物達も、挿し木をしたものなど、元気に育っています。三年目のパキラもしっかりしてきましたし、今年挿し木をしたパキラも根がしっかりでているようです。幹を捻じってみようと思いますが、園芸店で売っているような大きなものにするには、一体何年くらいかかる物なのでしょう。

(パキラ) 

f:id:kameKiKu:20180901120430j:plain

f:id:kameKiKu:20180901120449j:plain

 

ボカドも二年目、大きくなりました。50センチ位になりました。食べたあとの種を土に埋めていたら芽が出たものです。アボカドは発芽しやすいですね。もちろん実までなるとは思っていませんけれど、観葉植物として早く1メートル位にならないかなと、楽しみにしていますけれど・・・。葉っぱの感じがとてもいいんですよ。

 

f:id:kameKiKu:20180901120509j:plain

 

ップルマンゴーも今年6月に食べた種を植えてみたものです。まさかアップルマンゴーも発芽するとは思わなかったので、弱弱しい芽が出て来た時には嬉しかったです。まぁ、これも実を食べるなんて大それたことはかんがえていませんけれど・・・(笑)。

 

f:id:kameKiKu:20180901120525j:plain

 

れども冬越しがどうなりますか・・・。パキラもアボカドも2、3年経っていますし、20度くらいに暖房している部屋で、一応大丈夫です。マンゴーはどうでしょうか。ポトスも成長しています。春に土替えをしました。金の成る木は根腐れしたので、挿し木をして復活させました。ヤッパリお金には縁がないからかしら・・・(笑)。

 

 

f:id:kameKiKu:20180901120917j:plain

f:id:kameKiKu:20180901120938j:plain

花と虫 2

暑ギラギラですね。庭に来ている昆虫、蝶やトンボを追っていたら、日焼けしてしまいました(笑)。まぁまぁ元から紫外線を吸収しやすいタイプなので、気にはしていないですけれど(笑)、ビタミンDを作っていると思いましょう。

 

(クレオメ  英名ではspider flower というようです。なんだかピンときますね、こちらの方が 。雌蕊と雄蕊が長いです。種も取れそうですね)

f:id:kameKiKu:20180829132605j:plain

(ゼフィランサス)

f:id:kameKiKu:20180829145949j:plain

 

やトンボを写すのがちょっと楽しくなって・・・庭でみつけたらパシャっとしています。今庭ではサルスベリ、千日紅、ランタナ、百日草、クレオメケイトウ、バラのラジオタイムズ、マリアカラス、パレード、盛りを過ぎた鳳仙花などが咲いているので、虫さん達にはいいレストランになるのではないかしら(笑)。

 

(パレード ちょっと花の形が乱れています。 肥料の関係かも)

f:id:kameKiKu:20180829145544j:plain

(ラジオタイムズ  きれいなピンクです)

f:id:kameKiKu:20180829133136j:plain

f:id:kameKiKu:20180829132643j:plain

 

ンシロチョウ、モンキチョウなどもきましたけれど、この蝶たちは忙しくヒラヒラ、ヒラヒラ落ち着かないので、写すタイミングがなかなか難しいです。もうちょっとゆっくり飛んでくれないかしらと思います(笑)。木の葉っぱの陰が羽に写っていました。イチモンジセセリと言う蝶もきました。きれいな蝶もあれば、こんな地味な蝶もいるんですね。

 

(モンシロチョウ)

f:id:kameKiKu:20180829132715j:plain

 

f:id:kameKiKu:20180829145503j:plain

(イチモンジセセリ)

f:id:kameKiKu:20180829132811j:plain

 

うそう、シオカラトンボを見かけないと言っていましたが、聞こえたんでしょうか、やって来ました。いたんですね、良かった良かった。

 

(シオカラトンボ  こんな細いものに止まっています)

f:id:kameKiKu:20180829132837j:plain

f:id:kameKiKu:20180829132911j:plain

花と虫

達の来る庭です。じわじわと秋の空気が混じってきていますね。赤トンボも庭に来ました。ムギワラトンボも来ました。ちょっと見かけるとすぐに私はパシャリと(笑)。トンボって面白いですね、近づくと止まっていたところから動きますけれど、すぐにまた同じ所に止まるんです。じっと止まってあれは何をしているのでしょうね。

 

(赤トンボとムギワラトンボ)

f:id:kameKiKu:20180826101558j:plain

f:id:kameKiKu:20180826101621j:plain

 

マグロヒョウモン蝶のメスも来ました。調べて初めて分かったんですけれど・・・。ヒョウモンとは豹紋なんでしょうね。カタカナが繋がっていると分かりにくい(笑)。豹のような点模様があります。まじまじと見てみると蝶の羽模様は何てキレイなんでしょう。

 

(ツマグロヒョウモン蝶のメス)

f:id:kameKiKu:20180826101656j:plain

f:id:kameKiKu:20180826101734j:plain

 

供の頃に見たオニヤンマとか、ギンヤンマ、シオカラトンボなどあまり目にしなくなったように思いますけれど、この年になるとそういう昆虫達も懐かしい感じがします。

 

(ランタナ)

f:id:kameKiKu:20180826101909j:plain

(トノサマバッタ)

f:id:kameKiKu:20180826102052j:plain

 

近見かけなくなった昆虫のベスト5というランキングがありました。見てみると、5位は何とアゲハチョウ、4位シオカラトンボ、3位カミキリムシ、2位ミノムシ、1位オケラとなっています。何だか私の感じていたのも合っていたような・・・シオカラトンボ。オケラというのは私はあまり知らない昆虫です。ミノムシは冬に垣根の葉っぱを食べてます(笑)。カミキリムシはバラの大敵。

 

(ゴールデンプラネッツ  これは哀れに葉っぱを落としてしまったバラです。少し蘇り少ない葉っぱで咲いています。)

f:id:kameKiKu:20180826101928j:plain

 

供の頃、私はおとなしい女の子でしたが(いやいや本当ですよ)、女の子同士でも蝉取りを毎日していました。桜並木のある丘の上のようなところに家があったので、蝉が沢山ジィージィー鳴いていたので、子供達はみんな蝉とりをして遊んでました、。トリモチやらを使って高い所の蝉を取ったり・・・。空き箱に取った蝉を沢山入れて、寝て起きたら全部死んでいた、と言う繰り返しをしていました。なんでそんなことしてたんでしょうね(笑)。

 

(ミニバラ)

f:id:kameKiKu:20180826103736j:plain

 

の我が家の孫達のことを考えると、全く違います。ちょっと小さな虫がいてもアリがいても、大騒ぎしています。三年生の1人の孫はクワガタやカミキリムシにやっと興味を持ちだし、虫かごに入れて新幹線に乗せて一緒に来ましたけれど・・・(笑)。

 

(イチヂクジャムをつくりました。これは大好きな味です。)

f:id:kameKiKu:20180826102222j:plain