kameKiKu’s blog

バラ好き、コーラスとパッチワークが趣味の関西在住シニア、植物と共に日々雑感

旅編6 再々訪バンコク  その3

           メークロン市場

メークロン市場に行くツアーに申し込み、息子と三人で出かけた。テレビなどでも見たことがある、線路の所に開かれている市場だ。どんなところだろう。

(メークロン駅) 

f:id:kameKiKu:20170314221823j:plain

 

アーバスは、インターコンチネンタルホテルから出発。8時半に出発ということで、朝でもあるし、BTSは満員だろうし、私の膝も酷使しているしで、タクシーに乗ることにした。ゆとりをもって出たので、余裕で到着した。8人くらい乗り込んでパンダバスはメークロン市場に走った。

 

1時間くらいかかって到着すると、ローカルな町という感じがした。メークロン駅では、汽車が来るまでに1時間以上あり、線路に繰り広げられている市場を、線路の上を歩きながら見て回った。しかし、ここはかなりのなんとも言えない臭いが漂っている所だった。

 

f:id:kameKiKu:20170314221926j:plain

 

それもそのはず、売られている物が、生魚、肉、野菜、果物、衣類など雑多なものなのだが、それが何の設備もない常温の場所で売られているので、臭う。うーん、この臭いを長く嗅いでいるのには耐えられないかも・・・。

 

 

f:id:kameKiKu:20170314222014j:plain

 

やがて列車がやってくると、線路上に覆われていた庇テントが折りたたまれ、汽車がそこをしずしずと通っていく。さぁ、カメラのシャッターチャンス到来と観光客が我さきに殺到する。キチンと決められた線の外側にいた私の前に、中国人らしき観光客が前をさえぎって立つので、何回も私は注意した。むろん注意しても聞く耳を持たない(笑)。なので、本当に写真が撮れなかった。

 

(汽車が来ると駅員が緑の旗を振る。両側の庇テントはたたまれる) 

f:id:kameKiKu:20170314222202j:plain

 

汽車が来て、本当に商品とスレスレのところを通るのに、売り手の人も誰一人店から離れずそこにいる。汽車が来る前に、汽車と商品がぶつからないように、前列の商品をちょっと低めに整える、という風だった。

 

(こんなに人にも物にも近くを通る汽車) 

f:id:kameKiKu:20170314222330j:plain

 

やがて私達はメークロン駅に着いたその列車に乗り込み、30分くらいだろうか、汽車で走り、4つ目くらいの駅で降り、またパンダバスに乗ってインターコンチネンタルホテル前まで帰り着いた。

 

(汽車に乗り帰る時、窓から見ても店のバラックの壁面の距離が近すぎて驚く、手が届く)

f:id:kameKiKu:20170314222623j:plain

 

タイの交通事情は本当に車だらけ、バイクだらけ。3人乗りなどで車の間をすり抜けていくバイク、車もガンガンとばす。そういう道路を横断しようとする時、私はみんなに繋がって、とにかく車から1メートルくらいのところを縫うようにして、すり抜けてわたったが、夫はまだ向こうの道路に立っていた。

 

 

友達たちが、すり抜けて無理やり渡らないと一生渡れないよ、などと言ったけれど、夫はルールを守らない、とブツブツつぶやいていて可笑しかった。タイでの道の渡り方は日本とは違う。車を縫って渡るもの(笑)。上を走るBTSは何回か乗ったが、今年はエレベーターも出来ていて、私には嬉しかった。もちろん乗り心地も良い。

 

f:id:kameKiKu:20170314224459j:plain

            

                シルク

タイでは今回はシルクを買おうと思っていた。手作り服などにチャレンジしている私は、怖いもの知らずなのか、木綿にとどまらずレースやインドシルクなどでも作ったりした。洋裁の腕は幼稚園くらいな初歩だけれど、作って出来なくはないだろうという楽観的(笑)。

 

チャトゥチャックマーケットの帰りもシルクの店に寄ったのだった。そこは町中にある入り口も品のある店だった。一通りお店を見ると、奥にシルクの布が何色も展示されていた。物を決めるのは即決してしまう私は、ここで買わなかったらなかなか買えないかもと、グレーのシルクを買った。

(シルク専門店  アルメタ) 

f:id:kameKiKu:20170314223208j:plain

 

タイはシルクの国なのだけれど、やはりシルクは高級品なのでか、町中にシルク屋さんはあまり見ない。私が見なかっただけかもしれないけれど。メークロン市場に行った日、インターコンタネンタルでパンダバスを解散した後も、昨年見に行き買わなかった店が近くにあるので、シルクを見に行った。

 

インターコンチネンタルホテルのある辺りは、本当に繁華街でブランドの大きな店やらショッピングセンターやら賑やかな所だ。アマリンデパートに行き、昨年見たお店を目指した。さすがに1年前のことは覚えていて、すぐに分かった。そこのコーナーには4、5軒のシルク専門店が並んでいる。

 

(アルメタでグレーを、アマリンデパートではレンガ色を) 

f:id:kameKiKu:20170314222734j:plain

 

タイ語のカタコトが出来る息子を頼りに、その中の一軒でもレンガ色系のシルクを買い求めた。先に買った店より、単価が安かった。もちろんシルクの質も違うタイプではあるが。シルクにはツルツルしたタイプと織りシボのあるザラっとしたシルクと二種類あるようだ。アマリンで買ったのは、シボのある方。

 

ウィンドーに飾られているマネキンが着ているのは、映画に出てくるようなパーティー用のようなものばかり。ハンガーに吊られている服も、とても普通には着ないデザインのものばかりだった。まぁ、確かにシルクを着る時は改まった所や場所ではあるけれど、それにしても仰々しい服だらけだった。

 

シンプルな服を私は作ろう・・・出来るだろうか、自信はない(笑)。